ところでさ、タバコちょうだい。

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


はいどうも!!!
生きてます!!
モスクワ!!!
日記アップ行きます!!




7月7日 土曜日

イルクーツクの街は雨。
汚い水たまりが道路のあちこちにたまって、それを跳ねながら車が行き交っている。

バイカル湖に行くつもりだったけど、街から湖まで結構距離があるんだよな。バスか電車を使うんだろうが、今日からまたモスクワ行きのシベリア鉄道に乗るので時間の余裕はない。
バイカル湖は別にいいか。電車の窓からさんざん見たしな。

photo:03



とりあえずメシ!
ロシアのカップラーメン、ビッグボン!たぶんビッグボン!
それとピロシキ!初ピロピロ!スーパーで買ってきた!
いただきます!カップラーメン美味い!
ピロシキ、まじい!
キャベツの千切りしか入ってねぇ!
まぁ、スーパーの安いだからな。
あー、家庭料理食べたい。


ホテルをチェックアウトする前に近くにある教会に行ってみた。
日本にも教会はあるが、本場のものはもちろん初めて。
大きな十字架がかけられたレンガ作りの教会。
入っていいのかな……?と挙動不審になりながらドアをくぐる。


静まり返った聖堂。聖堂と言っても大きなホールではなく、洞窟のように小さな空間にたくさんのロウソクが光っている。その灯りに照らしだされる壁一面のキリストの絵。うー、すごい。
あ、あれなんだっけ?懺悔?告解?女の人が前かがみになってクッションみたいなのに顔をうずめており、その背中に神父さんが手をあてて何か唱えている。
神父さんの格好もマジな感じ。
本場って感じ!

うおー、やべー、教会は分け隔てなく誰にでも開かれているものってのは知ってるけど、信心がないのに来ていいのか?って戸惑ってしまう。

photo:01



1番奥の十字架の前にやってきた。ひときわ神聖な空気。十字架には磔にされている悲痛な顔のキリストが描かれている。
そこにはおばさんが1人いて、右手を胸に当ててうつむいたまま動かない。
祈ってる、んだろう。

祈るとはなんだろう?
キリストに願いを伝えることか?
キリストを慰めることか?
今までの悪い行いを悔いることか?
このおばさんの心の中には今、何があるのだろう。
俺も見よう見まねで右手を胸に当た。

かなり長い時間そうしていた。
するとおばさんは静かに祈りを終えると、十字架に近づいた。何するのかと思ったら、なんとおばさん、十字架に描かれているキリストの足に口づけをした。
あー、なんてこった。
目の前で起きてることが信じられない。
このキリストとはなんという存在だろう。
仏教とは明らかに違う。神仏は畏れ敬うものであって慈しむものではない。
キリストは人間の罪の象徴なのか。祈りとは謝罪なのか。
人間はそんなにも罪深いのか。
ふと恐ろしくなって教会を出た。

photo:02



息苦しいほどの神聖な空気から一転、外はこんなにも汚い。
駅に向かってたらおっさんが声をかけてきた。
なんて言ってるかわからん。
しばらく聞いてると、ようやくわかった。金持ってねーか?と言ってやがる。
ないない、ってジェスチャーしたら、クレジットカードは持ってるだろ、だって。
キリストさん、これだよ。
なんもねーよって言ったら、じゃあせめてタバコくれって。しょうがなく一本あげたらスパシーバも言わないでどっか行った。

ロシア人はタバコはもらえるもんだって思ってんな。
駅に着いたらまたおっさんが声かけてきて、

「おー、ギター弾くのかい?どこから来てる?日本かい?いやー、俺もギターが好きでさー、あ、タバコ一本いい?」

的な感じでとても自然にさも当たり前のようにタバコを欲しがる。
するとおっさん、一緒に飲もうぜ、とペットボトルの安いビールを買い、俺について来いと言う。
話しながら歩いていくとどんどん裏道に入って行き、森の方に連れていかれる。
おっと、これ大丈夫か?と多少ドキドキしながらも、そんなに悪い人にも見えないしと思っていると、あーよかった。酒は隠れて飲もうぜっていつものパターン。
いちいち怖いよ。

他にも何人かやってきて、ビールを回し飲みながら歌を歌う。ロシアのビール、なかなか美味い。
するとそこに通りかかった女の人がこっちに歩いてきた。
肌が黒ずんだ、一目でなにかしらの病気だとわかる面持ちをしている。どんな人生を送ってきたかわからないが、涙を流してながらもう一曲、もう一曲と、人差し指を立てていた。



みんなと別れ、駅でモスクワ行きの列車を探す。
これがかなり難しい。言葉も文字も一切わからない状況でたくさんあるホームの中から自分の列車、車両を探し出さないといけない。

とにかく聞きまくるのが手っ取り早いと、駅員さんに声をかけまくり、なんとかそれっぽい列車を発見。あー、よかったと女の車掌さんにチケットを見せる。すると面倒くさそうに手を振るだけで相手にしてくれない。この列車じゃないのか。


………いや、なんか嫌な予感がする。
見送りに来てる人たちに聞いてみた。チケットを見せる。
この列車だよ、急いで!あっちあっち!
マジー!
ダッシュで走って前の方の車両に飛び乗った。
あのブス野郎、この列車じゃないんだなと思って俺がベンチに座ってるの見てたくせに放ってやがったな。
乗り過ごしたって知ったこっちゃないってことか。
隣人愛って教わってんだろがてめー。



さて、また長い列車の旅だ。

シベリア鉄道の2等車

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


7月8日 日曜日

シベリア鉄道の2等車はオススメしない。
そりゃあエアコンが効いてるし、4人部屋でドアはついてるし快適っちゃあ快適だけど、はっきり言って全然つまんない。

3等車では、誰もが声をかけてきてみんなで飲んで大騒ぎしてすぐに仲良くなれたのに、ここに乗ってる人たちはみんなお上品で自分と他人をキチッと線引きしている。
ほとんど話しかけてこないし、話しかけても会話が広がらない。
喫煙スペースに行けば仲良くなれるかなと思ったんだが、こっちの人、誰もタバコ吸わねー。

散らかし放題のテーブル、裸の男、ウオッカで潰れてる酔っ払いはここにはいない。
あー、なんてつまんないんだ。

photo:01





7月9日 月曜日

今日もやっぱり交流のない一日。
ロシアも中央から西の方に来ると人々はより上品になり、服装もオシャレだ。

あー、退屈だなー、と時間を持て余していると、



奇跡が起きた。



なんと、隣の部屋に日本人が乗ってきた。
しかもロシア語ペラペラ。

日本人の兄ちゃん
「あ、あの日本人ですか?」

文武
「日本人ですー!!」

彼の名前はマサフミ。
大阪出身の留学生!!
しかもめちゃ気のいいやつで、すぐ好きになった。
あー!!ありがとうーー!!!!

彼のおかげで周りのロシア人たちとコミュニケーションがはずみ、同室のおばさんがモスクワに着いてからホテルまで連れてってあげるということに。

地下鉄に乗らんといかんのが不安だったんだよーー(´Д` )

ロシア語でわからなかった言葉や、よく使う単語を快く教えてくれるマサフミ。
あー、マジありがとう………

マサ
「ロシア最高ですよ。ロシアの人ってみんなホントに優しいし、景色はめちゃくちゃ綺麗だし、ご飯も美味いし。ロシア来て平和ボケしてますもん。」

宗教の話や食べ物のこと、ロシア人の彼女のこととか、夜中まで喋っていた。

同室のロシア人のおじさんにどんな仕事してるのかきいたら、建設業をやってるみたいだった。
僕も日本で建設業やってましたと言うと、一ヶ月の給料はいくらだい?と聞いてくる。
宮崎だと20万くらいで、東京だと30万くらいですとマサに伝えてもらうと、いきなりなんか会話のトーンが低くなる。

文武
「ん……な、なんて?」

マサ
「あ、あー、たくさんもらってるねって……ロシアの3、4ヶ月分だって………」

おじさん、あきらかにブルーになってる。貧乏旅行みたいなふりしてやっぱり日本人は金持ってんだな、みたいな気まずい雰囲気が漂う。
そうか、やっぱり日本人は裕福なんだよな。

綺麗な服着て、美味しいもの食べて、お酒飲んで、
今までの日本での飽食がどれほど恵まれていたかがよくわかる。
貧しいなんて言ってちゃいけないよな。
photo:02



photo:05




7月10日 火曜日

よっしゃー!
ロシアの首都、モスクワ到着!!
うわー!都会ーーーー!!!!!
地下鉄の路線図が東京みたい!!
みんなオシャレ!!
そしてやっと観光客ってやつを発見!!
バッグパックをかついでデジカメで写真を撮ってる外国人の集団。
嬉しい!


列車の中で知り合ったおばちゃんにホテルまで連れて行ってもらう。
またこのホテルがモスクワ中心部から15kmくらい離れた郊外にあって、地下鉄を2本乗り継いで行かなきゃいけないという困難なミッション。

文字も言葉もわからんのにそんなハイレベルなこと出来ませんよ(´Д` )

複雑な駅構内。1人じゃ絶対たどりつけない。でもママが一緒だから安心。
モスクワの地下鉄ホームはまるで宮殿のような美しさ。
太い柱が並び、シャンデリアが吊り下げられ、壁や天井にはおそらく宗教画だろう、美しい絵が描かれている。

photo:04



やかましい電車に乗ること10分。
ヴィラデキノ駅に到着。
ホテルにチェックインし、外に買い物に出かけた。
久しぶりにビールが飲みたい。
ビールが飲みたいーーーー!!

スーパーマーケットを探して入ってみる。
クーラーの中にたくさんのビール。でも目当てはこれじゃない。
ロシアのスーパーにはビールのサーバーがって、その場で1リットルのペットボトルにビールをついでくれるのだ。
これを飲みたい!



が、言えない。

ドンドン常連さんが入ってきてロシア語で注文するので声をかけるタイミングがわからない。
あー、これが欲しいんだよ!
これが欲しいだけなのに………
哀れにも立ち尽くすのみ。

そしてすごすごと店を出る。
もうちょっとすいてる店を探そう。

何軒か回ったが小さいお店にはビールサーバーはない。
しょうがなくビンビールを買うことにするが、ロシアのクーラーってドアが開かないんだよな。
日本だったら勝手に開けて商品をレジに持って行って精算だけど、こっちでは先に金払ってから開けてもらうって順序なのだ。

会話しないと物が買えない(´Д` )


まぁでもなんとか買えたよ。

ビール……65ルーブル
チーズ挟んでるパン……75ルーブル

あー、苦労した………


なめんなよコノヤロー!!ってビールをあおる。


うますぎるーーーーー!!!!

あー、ビールの爽快さに生の喜びを感じる。
パンは美味しくない。
トム・ウェイツの歌の登場人物、ビッグジョーが吸っていたヴァイスロイ。マズイ(´Д` )吸えたもんじゃねえ。

今夜はゆっくり眠れそうだ。

photo:03



現在、モスクワでひと騒動中

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


路上やってたらウズベキスタン人のイーガルと仲良くなった。
いい感じのダメ男。でも優しい男。
一緒にビール飲んで盛り上がって、駅まで送ってくれた。


しかし、




トイレに行くと言って俺にバッグを預けてどっか行ったきり、2時間もどってこない。
かなり酔っ払ってたらから、どこかわからんなってるんやろな。

お巡りさんに成り行きを説明するとなんだかものものしい雰囲気になり、

そのバッグを地面に置きなさい、
みんな離れて!!

みたいな感じでおおごとになる。

なんか探知機みたいなのでバッグを調べたりして人だかり。

イーガルーー!!!

どこ行ったんだー!!

photo:01




👆これ、数時間前のイーガル(´Д` )

世界の近代史を勉強しましょう

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


7月11日 水曜日

よっしゃー!!
バッチリ寝た!!
朝食もしこたま食べたし、コーヒーの小袋もしこたまくすねた!!
いざモスクワ攻略!!




つっても地図も何も持ってないからどこに何があるのかさっぱりわからない(´Д` )

クレムリンってやつが有名らしいので、バス停とかにある簡単な地図を頼りにまずは地下鉄で中心部へむかう。

んー、なかなかの満員電車。

photo:01




やっぱりモスクワは都会だなー。
みんなオシャレさん。
ミラノコレクションとかのファッションショーに出てきそうな奇抜な格好をした人が普通に歩いてる。
おっぱいシースルーみたいな人もいる。
怖い(´Д` )


そして汗だくで歩き続けて、

クレムリン到着!

もうすごい!!
まず土産物屋の数がすごい!!
マトリョーシカの大群に襲われる夢を見てしまいそうなほどのマトリョーシカ。
ボリまくってるんだろなぁ。


ホームページの映像に一部始終をあげてますのでそちらもどうぞ。

そして広場に入ると………
photo:02



うわー……
世界一周最初の観光地がここ。
目ん玉飛びでる。
広場の向こうに見えるアラビアンナイト的な教会。周りには巨大で豪華絢爛な建物。
いたるところにキリストの彫刻や絵。
ロシア正教ってやつか?

すごすぎる。

そしてこの広大な広場に世界中から集まった観光客。
みんな楽しそうに写真を撮ってる。

日本からこんなに離れてたって、どこにだって文化があるんだよな。
そして広いくくりで見れば、人間の作る文化なんて人種が違ったって同じようなものなんだ。

そんなこと思いながら広場に座って行き交う人たちを見ていた。

photo:03




今回の旅は別に観光にはそんなに興味ないから、大きな名所だけおさえとけばいい。
教会も中に入れたようだか250ルーブルもするのでパス。
荷物を担ぎ上げて駅に向かう。


遠い……
荷物が重い……
バッグパックが肩に食い込むよー!!
ギターを持つ手がちぎれそうだよー!!

くったくたになりながら歩き続け、途中、日本大使館に寄ってフィンランドやEU圏での情報をもらう。
これでしばらく心配なく進めるぞ。
金のことを除いて(´Д` )



やっとこやっとこ、レニングラードの駅前に到着。
この一帯はたくさんの駅が密集している賑やかな地域なので、まぁいかがわしい露店の多いこと。
なんか変なぬいぐるみとか、しょうもないキーホルダーみたいなんとかを汚い格好した人が売っている。


あー、どうしようかなー……
歌おうかなー……
でも怖いしなー……
やめようかなー……
いやでも歌わんとなー……

いつものごとくビビり虫が動き出す。
でもやっぱりやんなきゃ、と小さなお店の並ぶ地下道で路上開始。


てか本当モスクワありがとう。
面白いようにみんなお金入れてくれるんですけど。
嬉しくてノリノリで歌いまくる。

お巡りさんに止められるまでの3時間で、

1500ルーブル。

4000円くらい。

こっちの建設作業員の日給分くらい。

確実な手応えを感じる。
この調子でいければいいんだがなぁ。


片づけようとしてるとこに1人のおじさんが話しかけてきた。少し英語できるみたい。
ウズベキスタン人らしく、ちょっと待っとけとビールを大量に買ってきてくれてその場でチョークヌーツァ!!(乾杯)
女のお尻を見てヒョウ!と喜ぶなかなかのダメ男ぶり。



そのおじさんの名前を……




イーガルという………

photo:04


フミ!ヒョウ!!


ことの次第は前回の日記に。



結局イーガルは2時間帰ってこず、ずっと待ち続けている俺を見ていたお巡りさんが声をかけてくれ、イーガルのバッグを探知機で検査し、拾得物扱いにしとくから列車乗りなと俺を行かせてくれた。


イーガル、だいぶ酔っ払いだったからな。わかわからんなって帰ったんだろな。
パスポートも入ってたしなぁ。
ちゃんと届きますように。



後ろ髪をひかれながらも、ロシア最後の街、サンクトペテルブルクに向かう列車に乗車。

2等客室で相部屋になったのはモロッコ人の初老の夫婦と、屈強なロシア兵士。

みんなフレンドリーでとても会話が弾む。

熊みたいなロシア兵士のおじさんは、数年前まで実際にグルジアに戦争に行ってたみたいで、たくさんの悲惨な戦いをしてきたらしい。
戦争に行ってた人が横にいる。
なんだかちょっと落ち着かない。
たくさんの人が死に、子供や女も容赦なく撃ち殺していたらしい。
おじさんも殺したんですか?とは聞けなかった。
とてもじゃないけど聞けなかった。

兵士さんとモロッコ人のおじさんはたくさんのことを知っている。アフリカやEU、中東の情勢から、各国の歴史についての見解で熱いトークを繰り広げている。


あー……日本人、世界のことなんも知らねぇ………
アジア人として恥ずかしかった。

同じ人間なんだよな。
俺が生きている場所は日本ではなく地球なんだ。
何が起きているかもっと興味を持つべきだよな。


ロシア兵士さんが言っていた。

フミ、新聞に書いてあることを信じてはいけない。
本当のことは書いていない。
でもアルジャジーラはフィフティフィフティくらいかな。


ってさ。

神が望むならば

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


7月12日 木曜日

モロッコ人のおじさんはとても上品だ。
タバコもお酒もやらず、キレイな服に着替えて、顔を洗う。テーブルの上や自分のスペースを整頓し、所作の中に厳しく自分を律しているところが見える。

彼はムスリム。
イスラム教徒。

彼は言う。

世の中たくさんの宗教がある。
仏教もキリストもヒンドゥーも、どれも良いもので、素晴らしいものだ。
神は一つ。ムスリムはすべての宗教を愛するし、すべての人間を愛する。
ムスリムに敵はいないんだよ。


イスラム教のことなんて全然知らないけど、彼のように美しく自分を律することのできる人たちの守る教えって、きっと素晴らしいんだろうなって思った。


モロッコおじさん
「フミ、インシャラー。」

文武
「あ!インシャラー!!知ってる!!」

モロッコおじさん
「知ってんのかい?If God want. 明日死ぬかもしれない、明日も生きられるかもしれない、ご飯が食べられる、無事に帰れる、全ては神が望むこと。神が望むのならばどんなことも受け入れましょう。」

インシュアラー。
有名な言葉!
本物を聞いちゃったー!!
優しくほほ笑むおじさん。


そこに列車の乗務員がモーニングコーヒーの料金を払ってくださいとやってきた。

モロッコおじさん
「あぁぁぁぁぁん?!!これサービスじゃねぇのかよ!200ルーブル!?そんなこと一言も聞いてねーぞ?は?英語がわからない?!ロシアは革命してもうソビエトじゃないんだから変わっていかなければうんたらかんたら!!」


おじさん、

インシュアラー。




そしてついにロシア最後の街、サンクトペテルブルクに降りた。

よっしゃ今日も気合いで歩くぞー!!


って、いきなり道を間違えて8kmくらい無駄に歩く。

1人でクソがって50回くらい言う。



肩が壊死しそうになりながら歩き続け、エカテリーナ二世像、血の上の教会、宮殿広場、聖イサク寺院、ペトロパヴロフスク要塞と見て回る。

photo:01



photo:02



photo:03



サンクトペテルブルク。

こんなに美しい街がこの世にあるのか。
こんな美しい場所に人が住めるのか。

今もホテルの窓から、運河沿いに立ち並ぶ街を見ている。

見知らぬ人生に自分を重ねる。
その擬似体験こそが旅の喜びであり、苦しみだ。


あぁ、ペテルブルク。

ここに来ることができたことも、
またいつかここに来れるかどうかも、

神が望むならば、だ。

インシュアラー。

photo:04





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。