カネマル、あ、じゃなくてカルマル

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


9月4日 水曜日



photo:01


目を覚まして、荷物を片付け、そのまま目の前の道路でヒッチハイク開始。

寝起きからヒッチハイク開始までわずか5分。


ギネス並み(^-^)/



しかしつかまらないこともギネス並み(´Д` )



国道だけど田舎の一本道なので高速みたいなもの。乗ってしまえば早いんだけどなぁ。

2時間かけてやっとの思いで1台目ゲット。
止まってくれたのは英語のわからない地元のおじいちゃん。

会話が一切できない。


なんとか単語のみで試みようとしたら、5分くらいで車が止まった。

おじいちゃん、ここで曲がるからまたここから続きやってくれ、とのこと。


車を降りる。




田舎の一本道。



森の中。



制限速度100km。



車を寄せられるスペースもない。




おじいちゃん、死ねということですね(´Д` )




「ちっくしょー!!あのジジイ!!やりやがった!!」



大声で叫んでも車は通らないし、周りには民家もない。



たまにやってくる車に手をあげるが、猛スピードで通り過ぎて行く。

ていうか、車を寄せられるスペースがない。


こんなとこじゃ止まらない。



諦めずに親指を立てる。




あ、ファックされた(´Д` )





……………




2時間がんばったけど、虚しく時間だけが過ぎて行く。

こりゃ時間の無駄だな、とバッグを担いだ。



道路看板の示す方向に適当に歩いた。
ここは一体どこなのか、不思議な感覚。スウェーデンの田舎ということはわかってる。きっともう二度と歩くことのない道。
その不思議な感覚が間違いなく今俺がここにいることの証だ。



小さな集落を見つけ、バス停があったので、そこにやってきたバスに乗りこんだ。




1時間もしないでやってきたのは、カネマル、じゃなくてカルマルの街。

地図を見る限り、南部の東海岸じゃ1番大きな街のようだ。

あー、バスって最高。
こんなに簡単に移動できてしまう。



散策の前に、まずは駅で次の町への移動金額をたずねた。


もうスウェーデンではゴットランドという大きな出会いがあったことだし、一気に進んでしまおう。

次はスウェーデン最後の町、ヘルシングボリ。
バスは出ていない。
電車で270クラウン。

目標が決まった。



駅前のショッピングモールにマクドナルドがある。
最近じゃマクドナルドがあると安心さえおぼえる。
Wi-Fi、充電、何時間でもいていい。
ほんとマクドナルドは偉大だ。


photo:02


街の中心地は、ビスビーほどではないが城壁らしき石壁に囲まれていた。
門の外から中を見ると石畳の綺麗な通りが伸びている。
守られた街。
きっと戦争の名残りなんだろうな。
さすがはかつての北欧の支配者、スウェーデンだ。



賑やかなショッピングストリートが広がり、人々はベンチでくつろいでいる。中心地にはカネマル、あ、じゃなくて、カルマル大聖堂がドーンと座っており、城壁内の歴史を象徴している。
photo:03




いい町だ。


しかし、いい町はこれから先も無数にあるはず。

毎回毎回、滞在していたらキリがない。

明日稼いで、夜の電車に乗ってしまおう。

photo:04




coopで安いビールを調達して、城壁沿いの小さな公園の小屋の前に座った。

まずいビール。
安いからには理由があるよな。

静まり返った公園で曲作り。
なかなか固まってくれないが、きっといい曲になってくれるはず。


そう信じてる。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。