下半期、登場人物ランキング!

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


9月3日 水曜日
【台湾】 淡水





台湾のコンビニは素晴らしい。

なぜかって、店内に休憩スペースがある。

椅子とテーブルが何席か置いてあり、ここで買ったお弁当を食べたりできる。

エアコンが効いているので暑い台湾ではオアシスみたいな場所だし、24時間なのでいくら居てもOK。

さらにビールとつまみを買えば居酒屋になるし、コーヒーを買って本棚から雑誌をとって読んでる人もいるので図書館にもなる。

快適にもほどがある。



台湾は野宿していても何も言われないし、駅の中で地面にビニールシートを敷いてピクニックみたいなことをしてるグループもいるし、マックの中で爆睡してるオッさんたちもたくさんいる。

バスのターミナルも24時間開放されているのでエアコンがきいた中でWi-Fiを自由に使いながら夜を過ごすこともできる。

全くもって自由で平和な国だ。











photo:01



汗をかきながら公園の木の下で目を覚ました俺とアツシ君。

エアコンの効いた公衆トイレの中で身だしなみを整え、日中はギターの練習をしたり日記を書いたりしてすごす。


15時になってからアツシ君が商店街の入り口で軽く路上。

吉田拓郎をやればビートルズが教えてくれた。
ニールヤングをやればマンニーズアメイド。

とにかく選曲が渋い。本当に自分のやりたい曲だけをやってきてるんだな。



ニヤリとしたのはピンクフロイド。
日本ではピンクフロイドはあまり知名度はないが、欧米諸国では若者から年配の方までとにかくピンクフロイドが大好きで、何度も何度もリクエストをされた。

ピンクフロイドを1曲できたら様々なところで役に立つだろうなと思いながら結局レパートリーには入れなかったんだけど、アツシ君がアイウィッシュワーヒアをやった時はさすがに2年間ギターを持って回ってきたやつだなと思った。

宿で集まってる時にこれやったら間違いなくヒーローになれるそうだ。

photo:02















photo:03



photo:04



夕方に日が傾いてきてから俺も遊歩道で路上開始。

喉の調子がかなり良くてガンガン歌っていくんだが今日はお金の入りがよくなかった。

photo:05





最後にアツシ君のリクエストでオリジナル曲を何曲かやってフィニッシュ。

あがりは1930台湾ドル、5500円。





photo:06



photo:07



photo:08




美味しいタコ焼き屋の屋台を見つけ、公園でビールを飲みながら晩酌をすると川風の開放感でたまらなく気持ちよかった。

淡水、本当に居心地のいいところだ。










~~~~~~~~~~~~~~



さてお待たせしました!!



【金丸文武 世界放浪日記】

登場人物 人気投票ランキング 下半期編!!



エントリー10組、誰にするかかなり迷いました。
もちろん10組以外にもとても素敵な人たちにたくさん出会いました。

全ての人が熱く心に焼きついています。

ですが全員をエントリーするわけにはいかないので、今回選べなかった方たちには申し訳ありませんが、僕が特に震えたという基準で10組を選ばせてもらいました。



この旅下半期の1年を最高に盛り上げてくれた方々を発表していきます!


どうぞ!!






★エントリーNo.1

【トーマス】 カナダ編





photo:09



「なぁ、バットマンまじヤベェだろ?」


カナダのハミルトンで出会ったトーマスは子供のように純粋っていうか今思い出したらハイパーうざかったです………

泊めてもらっといて言えないですけどね……


トーマスの子供たちと過ごした誕生日パーティーはとってもささやかで、平凡な愛に溢れた日常に参加させてもらえたことは下半期最初の素晴らしい思い出です。

トーマス、仕事見つかったかー!

photo:10











★エントリーNo.2

【カッピー&ユージン】 アメリカ


photo:11



アメリカを端から端まで一緒に旅したサックスとクラシックギター弾きのミュージシャン仲間。

カッピーとはエジプト、フランス、そしてアメリカの3ヶ所で一緒に演奏した気の知れた友達で、ユージン君はそのカッピーの友達の凄腕のギタリストだった。

photo:12



3人で楽器と野宿セットを持ってのバスキング旅が始まり、ニューヨークのマフィアだらけのアパートに泊まり、南部でヒッチハイクがまったくつかまらずに何日も足止めをくらったり、インディアンにインディアンネームをもらい、テネシーやニューオーリンズなどの音楽の聖地で自分のたちの未熟さに打ちひしがれた。

そして西部の荒野を駆け抜けカリフォルニアの海にたどり着いた時にはその楽園のような空気に心から解き放たれた。

あまりにも濃い音楽漬けの旅だった。

最高の3ヶ月間だったなぁ。

photo:13











★エントリーNo.3

【BBキング】 アメリカ



photo:14



あの神と面と向かって会話して、ドウモアリガトウって言われた日本人誰かいますか?


BBキングの前後でポールマッカートニーに手を振られ、ドゥービーブラザーズと一緒に写真を撮ったのがたった2週間で起きた出来事とかマジで奇跡にもほどがあるよな。

やっぱりアメリカすげえ。








★エントリーNo.4

【赤パンおじさん】 アメリカ


photo:15



カリフォルニア、ベニスビーチは変人の聖地。

その聖地でひときわ異彩を放つ変人の中の変人、孤高のウォーリアー、赤パンおじさん。

photo:17



毎日ビーチに歌いに行く時おじさんに心の中で挨拶してました。

渋い。

photo:16










★エントリーNo.5

【ジェニファーさん】 メキシコ オーストラリア


photo:18



突然謎の怪文書がメールで送られてきて、どんなヤバい変な人だろうと思って会ってみたらただの超美人な浪速の肝っ玉姐さんだった。

スペイン語と英語を自在に操る天才で、その大阪人気質丸出しのコミュニケーション能力で人種国籍を問わず一瞬で周りの人を友達にしてしまうジェニファーさんは真の国際人だった。

ジェニファーさんにはスペイン語や南米の周り方だけでなく、本当にたくさんのことを教えてもらった。


人に優しくする秘訣は人を愛することだ。

photo:29










★エントリーNo.6

【ヘロニモ&マリアンナ】 エクアドル


photo:19



南米エクアドルのキトにある怪しいヒッピー宿で知り合ったこのカップル。

彼らから聞いたサンペドロという幻覚サボテンを求めてジャングルの奥地にあるインディアンの家まで一緒に旅をした。

路上演奏がほとんどできない南米で、南米流のヒッピーたちのバスキングの仕方を叩き込まれたおかげであのラテンアメリカを生き抜くことができた。

最後にアルゼンチンでヘロニモのママに約束の品を渡したことも忘れられない思い出。

photo:20








★エントリーNo.7

【小林イクゾー】 オーストラリア シンガポール マレーシア タイ


photo:21



ご存知、世界でもっとも世界一周できなさそうな旅人、小林イクゾー。

僕の中ではもうイクゾーは伝説です。
こんなに面白すぎる旅をしてるやつは他にはいない。

寝袋とギターと根性があれば旅は楽勝です、という俺の言葉を間に受け、所持金2千円、ギター歴9ヶ月、路上経験なし、レパートリー9曲、全部日本語、英語力皆無、という限りなくゼロというかもはやマイナスの状態で日本を飛び出した血迷ってるにもほどがあるこの22歳の男。


や、やっぱり頭おかしい…………



少し前までラオスあたりにいたらしいが、警察に捕まってなけなしの所持金を全ての奪われ、泣きながら頼んだら千円返してもらえて、これで数日生きられますーというメールを最後に消息不明になりました。


少し前までシンガポールにいたそうだけど、またいつの間にか消えて現在はどこをかけずっているのやら………


間違いなくこの旅で1番のクレイジーであり、そのゼロっぷりは国境とか人種を越えてありのままで地球に生きている。



金丸さん、旅楽勝じゃないじゃないですか………

ってもうあいつは言ってないだろうな。

photo:22











★エントリーNo.8

【マナおじさん】 ニュージーランド


photo:23



ニュージーランドの南端の町、インバカーゴは南極にほど近い最果ての町。
極寒の真夜中に寝床を探してさまよっていたところを助けてくれたマナおじさんはニュージーランドの先住民、マオリ族だった。

寒い家の中で2人でビールを飲みながらたくさんの話をした。マナおじさんは生粋のマオリなので英語はあまり上手ではなかった。

寂しげで、でもとても優しくて、胸が締めつけられるようなマナおじさんの笑顔。

別れ際に渡されたお弁当に入っていた魚の切り身が俺のために小さくカットされていた時は本当に目頭が熱くなった。

photo:24











★エントリーNo.9

【カンさん】 中国


photo:25



反日の国と脅かされ続けた中国のイメージは入国初日にこの人と出会ったおかげで一発で吹き飛んだ。

大理の町でたまたま出会ったカンさんはホテルのオーナーだった。
ほんの数分言葉をかわしただけの何処の馬の骨とも知れない日本人である俺を無料で宿に泊めてくれ、ご飯をご馳走してくれ、タバコを買ってくれ、体を壊していた俺に薬をくれたり生姜湯を作ってくれたり、本当に何から何まで俺のことを助けようとしてくれた。

そして俺との時間をとても楽しんでくれた。


これほど器が大きい男を俺はあまり知らない。


スマートで、ビジネスマンで、頭が切れて、ハンサム。

仲間たちもみんな最高のメンバーだったな。

今俺は中国大好き。それはカンさんのおかげだ。

photo:26









★エントリーNo.10

【新生トロール】


photo:27



世界中を一緒に旅してきた相棒、トロール。

これまで2年間ずっと寝食を共にしてきたのに、あいつはマレーシアで突然消えてしまった。
どこかに起き忘れてしまった。

あまりにも大きな喪失のショックで何も手につかず、マレーシアは本当にふさぎこんだ暗い日々だった。


それから数ヶ月。

トロールと台湾で再会を果たす。

オーストラリアで遊びまくってるところを現地の日本人の方に捕獲され、ダンボールに詰められて台湾に送られてきた。

ゴールドコーストで日焼けしてチャラくなったトロールは、長年の風雨でボロボロになったあの姿から見違えるような健康体になって戻ってきた。

トロール、北欧からずいぶん離れたな。日本いい国だからもう少し旅しよう!!

photo:28













さぁ、こちらの10組、全員が全員めちゃめちゃ印象に残ってるメンバーです。

人気投票、みなさんの持ち票は1人2票でお願いします。

この10組以外でも、みなさんが個人的に印象に残ってるキャラクターがいればそちらにも投票可能です。


1位になった方には!!




僕から粗品を………贈呈します、多分。



締め切りは投票が落ち着き次第です。
多分3日くらいになると思います。

コメント欄を開設しますのでそちらでもいいですし、FacebookでもGmailでも結構です。






僕この人気ランキング、結構好きなんです^_^

是非付き合ってやってください。





それでは投票開始!!








いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。