スウェーデンで風邪

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


うおー!久しぶりー!

町の中、ケータイ片手にWi-Fi探しながらウロウロ歩き回ってやっと見つけたーー!!!!

あー、嬉しい……
やっといろいろチェックできる(´Д` )

では日記をどうぞ。
スウェーデン編の始まり!!






8月24日 金曜日


明け方の街にバスが止まった。
こり固まった体を伸ばす。
早朝6時。ここはストックホルム。
スウェーデンに入った。

ゆうべ小銭処理で買ったポテトチップスを食べる。
これが朝昼ごはん。
7時間の移動だったけど、やっぱりバスの中では眠れないな。
異常にだるい体。
昨日からの風邪が悪化して、睡眠不足と合わさってベンチから立ち上がるのも億劫だ。


スウェーデン。
日本にいたころはなんのイメージも持ってなかったけれど、今ではかつてフィンランドとノルウェーを支配していたスカンジナビア半島の強国という存在感がある。
ここも昔はバイキングの国だったみたいで、ストックホルムから西に30kmくらい走り船に乗ってたどり着く島に、かつてのバイキングの集落跡が残っている。
世界遺産に登録されてるみたいで、他にも市内には王室の居城である宮殿とか広大な古い墓地とか、世界遺産があるみたいだ。

お金はユーロではなく、独自のスウィディッシュクラウン。
レートは、
1ノルウェークラウンが13.5円。
1スウィディッシュクラウンが12円てところ。
ノルウェーよりかはレートも物価も安いみたいだけど、新しい国に入ると金銭感覚をリセットしないといけないので買い物を躊躇してしまう。

換金する前にまずは歌ってこの国の人々の金銭感覚を調べつつ稼ぐとしよう。

ちなみに入国チェックはまったくなし。
宮崎から大分に行くようなそんな感じ。
パスポートに行った国のスタンプ全部捺してもらおうと思ってたんだけど、もういいや。



photo:01


北欧のベネチアとか言われるだけあって水の都らしくたくさんの河川が入り組む市内。
まぁどうせベネチア行くからそんなのいいんだけど。
橋を渡ってやってきたのは中心部に浮かぶ小さな島、ガムラスタン。
旧市街の意味らしく、その名の通り中世の面影を残す石畳とレンガ作りの町並みが広がっている。

photo:02


こいつはいい。
路地裏フェチの俺にはたまらない町並みだ。細長い建物の間を迷路のような路地が入り組み、その向こうに教会の塔が見える。
中世ってやつのイメージそのままの光景をそこかしこに見ることができる。
photo:03



photo:04



それにしても体がキツい。
風邪をひいたとき特有の関節の痛みが全身に走る。
頭がぼーっとする。思考が遅い。

10時くらいになると、さすがは観光地、たくさんの人が通りを歩き始めた。
適当な場所で歌いはじめる。

しかし………寝不足と風邪で完全に腹筋がストライキをおこしている。
なんて情けない声だ。

ちょこちょこと入るが、場所も悪く、通行の邪魔なのですぐに切り上げた。
数曲歌っただけでドッと疲れた。
あがりはわずか20スウィディッシュクラウン。


ふらふらと通りを歩く。
ものすごくたくさんの人々が通りを埋め尽くす。
あまりの人ごみでまっすぐ歩けない。
デパート、立体交差点、ジープス。
トイレに行こうにももちろん有料。10クラウン。
キツい。都会は嫌だ。静かなとこでゆっくりしたい。
photo:05



駅の銀行で400ノルウェークラウンだけ換金した。ちょいと引かれて380クラウン。
36クラウンの切符を買い、地下鉄になだれ込んだ。



運転の荒い地下鉄に揺られ、郊外の静かな駅に降りた。
駅から歩いてすぐのところに緑豊かな墓地公園、スコーグスシュルコゴーデンはあった。

photo:06


広大な敷地、生い茂る木々と刈り込まれた芝生。その中に散らばる無数の墓石。
なんでかしんないけど世界遺産の墓地だ。

photo:09



photo:07


静かだ。
あー、落ち着く。木漏れ日が気持ちいい。
限界がきて芝生の上に倒れこんだら、バックパックを抱えたまま眠りに落ちた。




そして今、この墓地公園の中にある古い教会の軒先でこの日記を書いている。


さっき草むらにバックパックとギターを隠して食べ物を探しに行ったんだけど、マックを見つけたからそこで腹ごしらえした。
チーズバーガー10クラウン。

そしてコンビニでタバコを購入。

安いーーー!!!!!
ラッキーストライクが50クラウン!!
そしてなんとビールも置いてあった!!
ノルウェーのコンビニにはアルコールはないのだ。
しかも安い。
27クラウンくらいしてたのが19クラウンで買えた。
コンビニでこれだからスーパーマーケットに行けばもっと安いはず。
あー、やっぱりノルウェーって物価高かったんだなぁ。


これが1スウェーデンクラウンと10スウェーデンクラウン。あと5クラウンてのがあって、それから上は20、50、100クラウンの紙幣になるみたい。まだ上があるんだろうけど今のところお目にかかってない。

スウェーデンの硬貨、デカくて重い(´Д` )
でもその重みがなんだか嬉しい。
photo:08




ビールを飲んでほどよく眠くなってきた。曲作りをして寝よう。今日はたくさん寝よう。

頼むから早くもとの体力に戻ってくれ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。