ブリスベンへ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月26日 土曜日
【オーストラリア】 ブリスベン






暖かい木漏れ日が寝袋の上で遊んでいる。



芝生の朝露が光り、向こうの道路を走る車が静かに通り過ぎて行く。

寝ぼけたながら上半身を起こしてぼんやりと運河を眺める。


ポトリと寝袋に何かが当たった。
頭上の木から実が落ちてきて寝袋に跳ねてベンチの上にころころと転がった。

それを人差し指でピンと弾き、立ち上がった。









水道で髪の毛と顔を洗い、ブンブンと頭を振って水をきり、道路に出た。

寝床から高速道路の乗り口まで歩いて5分という効率の良さ。
効率いいの好き!!


道路脇に荷物をドサリとおろすなり、看板も何もなしで車に向かって親指を立てる。
これだけでいい。これだけで旅できる。
新しい出会いと知らない街が待っている。

photo:01














ピーターとルーカス。

photo:02



photo:03




ほとんど待つこともなく2台を乗り継いであっという間にブリスベンに到着した。


photo:04




ビルが立ち並ぶ都会ではあるけれど、シドニーほどの洗練された街ではなく、どこか寂れた地方都市の匂いにすぐに親近感が湧く。

ルーカスがここから電車に乗ればいいよと駅まで送ってくれ、メモ紙の住所を人に見せながら電車を探し出して乗り込んだ。


昼下がりの電車には人がほとんど乗っておらず、贅沢にシートを使い、ぼんやりと窓の外の風景を眺めていた。

photo:05












ダラというブリスベン郊外の静かな駅に降りた。

photo:06



緑が多く、駅前にささやかな商店がポツポツ並んでいるだけの寂しい駅。

アジア系の人が多い地域なのか、商店はどこも漢字の看板だし、イベントや映画のポスターもみんな中国のものだ。

静かすぎる郊外の道路。
なんだかその小さな駅前の風景が日本の田舎を思い出させて切なくなる。








公衆電話の受話器をとってボタンを押す。

今夜お邪魔させてもらうA子さんのお宅はこの近くにあるはず。
駅に着いたら迎えに行きますねとメールをもらっている。

お昼くらいに到着しますと返事していたのに、すでに時間は14時を回っている。

急がないといけないんだけど、なぜか公衆電話が全然動いてくれず、何度やってみてもA子さんに繋がらない。


iPhoneの電池はもう切れてしまっている。

何度もダイヤルしてみるが通話にならない。

ああ!なんでだ!!





こりゃどうするかなぁ………
もう歩いて行くかなぁ…………



中国人の女の子に住所を見せると、歩いて行くなんて絶対無理よと言われた。


静かな昼下がりの駅前。
子供の頃に忘れ物をしたどこかの駅の風景に似てるような。










もう一度かけてみようと、公衆電話の受話器をとる。

すでに何度もダイヤルしているので番号を暗記しており、ポチポチっと素早くボタンを押した。


するとさっきまでとは違う発信音が流れた。
あ!かかった!




「ハロー。あ!金丸さん!!あー、良かった、どこかで迷子になってるんじゃないかと思いましたよー!!」


優しい声の日本語が聞こえてホッと胸をなでおろした。









中国人の女の子に商店でコインの換金をしてもらっていると、わずか15分くらいで日本人の女性がやってきた。


「あらー!金丸さんー!はじめまして、A子です!さ、乗って乗って、うちの家族もみんな待ってるから!!」


背が低くてぽっちゃりしてて笑顔が素敵で、まるでコアラみたいになんとも愛らしいA子さん。
その柔らかい空気にすぐに和んだ。

パッと見はこれぞ日本のお母さん、といったA子さんだけど、かつて世界一周をしていた旅人であり、イギリスで働いていたこともあるグローバルな女性。

なので世界一周ブログが好きでよくランキングのブログを読んでいるそうだ。


そんな中、現在6位にいるアンナちゃんがオーストラリアのホームステイ先で結構キツイ労働やセクハラ被害に遭っているのを読んでいてもたってもいられなくなって彼女に連絡を取ったらしく、それからいろいろと手助けをしてもらっているとアンナちゃんも言っていた。


そんな優しすぎるA子さんなんだけど、僕のブログもかなり前から読んでくださっていたみたいで、今回のお招きに至ったわけだ。



「あの……でもご家族のみんなは僕のこと知らないだろうし………ご迷惑にならないですか?」


「大丈夫!!アメリカで撮ってたフミロッキーのビデオをみんなに見せて了解とってあるから!!何も心配しないで!!」



あ、あのビデオで了解て(´Д` )

ただのふざけた奴としか思われてないはず(´Д` )










車はそのうち閑静な住宅地の中へ。

両側に大きな平屋の家々が充分な間隔を置いて並び、どの家にも木々がしげり、芝生が綺麗に刈り込まれている。

リッチエリアに見えるけども、これがオーストラリアでは標準的な住宅地の風景。

人々の生活水準の高さったらすごいよなぁ。







そんな美しいエリアの中、お宅に到着。
自動でガレージのシャッターが開き、A子さんの運転する車が滑り込む。





家の中は………まぁ広い。

photo:08



奥行きがあり、端っこの方が見えないくらい。
家具も何もかもが立派で、日本と比べてもただの豪邸だ。


「よく来たね、ゆっくりしていきなよ。」


「こんにちは……ハジメマシテ。」


旦那さんと2人の息子さんと挨拶。

フミロッキーのあんななめたビデオを見ているはずなのに、犬じゃなくて人間として扱ってくれる旦那さん人格者。

2人の息子はシャイだけど素直でいいやつらだ。


「フミさんの部屋はここね!これがタオルだからシャワーいつでも浴びてね!ご飯何か作るわね!ケータイの充電は大丈夫?え?アダプターが壊れてて充電できない?マークー!!アちょっと来てー!!ダプター持ってるでしょー!!」


こんなどこの馬の骨ともわからない放浪者をまるで王様のように迎えてくれるA子さん。

ベッドには息子のケン君が書いてくれたお出迎えのメッセージ。

photo:07



旦那さんのマークが、これあげるよとアダプターを持ってきてくれる。


クオリティの高すぎるラーメンを作ってくれ、汚れていた寝袋を洗濯機にかけてくれ、Wi-Fiのパスワードを教えてくれた。

photo:09












温かいシャワーを浴びながら考える。

またこんなにお世話になってる。

見ず知らずの人にまたこんなに色んなことをしてもらっている。

俺はブログを書きながら世界を旅しているが、それがこんなにたくさんの人から様々なものをもらうだけの価値のあるものなのか?


不思議だ。
見ず知らずなのに、いきなりこんなにもてなしてもらえるって一体どういうことだろう。

そして今までの旅の中でこうしたシチュエーションが何回あったことか。



知らない人と出会えることはとても嬉しい。
ブログを読んでくださってる人がご連絡を下さり、実際に会って色んなお話を聞いたり楽しい時間を過ごすことはとても刺激的だ。

でもそれが一方的に俺が楽しむだけの時間になってるんじゃないかと思うと恐縮でしかたない。



感謝はとてつもなくしている。
でもどうやったらこんな途方もなく大きな優しさにお返しができるだろう。
どうやったら見合うだけの感謝を伝えられるだろう。













土曜日の夜なので今日はどうしても歌いたいと言ったところ、街まで送ってくれることに。

マークの運転する車でブリスベンの中心地へとやってきた。


photo:10



ブリスベンといえば、オーストラリアで確か3番目に大きな都市。

それなりに大きなビルが並び、綺麗に整備された街路樹やレストランが通りに並んではいるが、シドニーみたいな整然とした閉塞感や冷たさはそこまで感じない。

ほどよい大きさの道路や人の多さ、街中を流れる緩やかな川がとても穏やかな印象をくれる。








サウスバンクというエリアで車を降り、マークとA子さんは家に帰って行った。

なるべく遅くならないうちに帰らないとな。
早くいい路上場所を見つけないと。

photo:11







カッピー情報や、オーストラリアに住む日本人バスカーの人たちから聞いた話では、このブリスベンの路上ポイントは2つ。

ひとつが街中にあるクイーンズストリートモールという歩行者天国の通り。

もうひとつが川沿いに整備された大きな公園、サウスバンク。

どっちでもいいんだけど、とりあえず先にサウスバンクの様子を見に来た。


photo:12



photo:13



対岸のビル群を挟んだ川沿いにゆったりとした遊歩道が伸び、たくさんの人たちがノンビリと歩いている。

ビルを染める夕日がたまらなく綺麗で、新しい街にいる心細さを優しくなでてくれる。


photo:14



photo:15




刈り込まれた芝生、木々のトンネルが迷路みたいに入り組んでいてとても広い公園だ。

公園の中には人工のビーチもあったり、オシャレなカフェやレストランが無数に散らばっていたりして、確かに人の数は多い。

photo:16




ジャグリングのパフォーマーや大道芸人が何組かおり、マイクでくっちゃべりながら人だかりを作っている。

人通りは多いしやる場所もいくらでもあるけど、全体的に暗くてここで生音でやるのはかなり寂しいな。

photo:17



photo:18





とりあえずやるだけやってみようと、薄暗い通路の中で5曲ほど歌ってみたが、笑えるくらい反応は皆無。

悪い場所じゃないけど俺向きではないな。








photo:19



久しぶりの都会の喧騒でなかなかへこたれそうになりながら、クイーンズストリートにやってきた。

photo:20



photo:22



街の真ん中に歩行者天国の綺麗な通りがかなり長く伸び、ファストフード店やレストランが並び、さらにオフィス街のエリアもある。

さすがに土曜日の夜で人通りは多い。
なのに他のパフォーマーの姿はない。

怒られるかもしれないけど、とりあえずやってみるか。













photo:21



メインの十字路の一角でギターを鳴らす。


声の調子がちょっと悪いけど、パラパラと立ち止まる人々。

カップルがやってきて周りのベンチに座ってキスしてる。

酔っ払いの団体がやってきて大合唱して去っていく。

韓国人が多い。
日本人も多い。

ずっと聞いてくれていたトルコ人の兄ちゃんはケバブ屋さんで働いていて1日250ドルもらってるんだぜと言っていた。


なんともない、普通の路上。
ヌーサやムールーラバが楽しすぎたな。

声が枯れてきたので早めにきりあげたけど、2時間やって65ドルは悪くないな。

ブリスベンも稼げる街のよう。
でも、もういいかな。

photo:23



photo:24



photo:25













電車に乗ってダラの駅に着くと、駅前でA子さんが迎えに来てくれていた。


「どう?稼げた?へー!65ドルってすごいじゃない!!」


ああ、こうして1日のことを話せる人がそばにいてくれることってすごく嬉しいことだな。






家に着き、シャワーを浴びると、もう結構いい時間になってしまい、マークもA子さんも寝室へと入っていった。

テーブルには俺のために夜食のオニギリが用意してある。

A子さん、本当にありがとうございます………






寝静まった家の中、キッチンに明かりをつけバッグの中の辛ラーメンを鍋に入れた。

photo:26




オニギリにかぶりついた。

梅干しの酸っぱさが泣けるほど美味しかった。








いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。