森に溶ける

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


2月9日 日曜日
【エクアドル】 テナ





「日本の爪切りって、切った爪が散らばらないようなってるよな!!あれマジすげぇぜ!!」


日本だったら1発アウトみたいな顔をしてるこのどヒッピーのロドリゴが、朝から日本を回った時の思い出を話してる。

photo:01





「オンセン行ったんだけどさ、電気風呂にはマジビビったぜ!!殺されるかと思った!!」


俺はあんたの耳と乳首にマジビビってます。







そんなイカれた朝だった。
サンペドロを飲む1日の始まりは。

photo:02







photo:03



12時間以上煮込まれたサンペドロサボテン。
夜を通して水を足し水を足し、ひたすらにエキスを抽出し続け、鍋の中には深い緑色の濁った液体が溜まっていた。


これをミキサーにかけると、サボテンの果肉と混ざり合ってドロドロのエゲツない黒魔術ドリンクが完成した。




それをさらに鍋に入れて火にくべるリーナ。
みんなと笑いながら話しをしていてもリーナはずっと鍋の中の様子を見ている。

裸足のままで灰の上に足を乗せ、炭になった木を手に取ってその煙を体にまんべんなく振りかけている。

何かの儀式のように見えて、ただ子供がいたずらにやっていることのようにも見える。

ジャングルの朝は鳥と虫の鳴き声がオーケストラのように幾重にも重なっている。


photo:04










「出来たわ。完成よ。誰から行くー?」


「イェーイ!!フミ!!やっと完成だな!!」


「フミー!!準備はいいかい!?」



鍋の中から湯気をのぼらせる液体にみんなで大盛り上がり。


効き方としては、まず最初の30分くらいはなんともなくてそこから少しずつ変化が訪れ、吐いてしまうかもしれないけど2時間くらいしておでこのメガネがデコリンするらしい。

俺やスペイン人、アルゼンチン人の女の子3人はもちろん初体験。
ヘロニモとマリアンナと男前のパウロは以前ここで体験しているツワモノ。



神ヒッピーのロドリゴは、



まぁ言うまでもなく。


ちなみにロドリゴはスペインのパーティ島、イビサ在住というやはり謎の男。









リーナが鍋の中の液体を木のひしゃくですくい、ココナツの皮の容器にそそぐ。



それを1人1人に渡していく。


みんな口をつけた途端に表情を歪め、一気に飲むことができずに必死に器を傾ける。


苦味や臭みを消すためにレモンを絞って入れている。






ドキドキはそんなにしない。
この神秘のジャングルの中ではそんなに特殊なことではないように思える。

ついにここまできた。
キトでサンペドロの話を聞いてから追いかけ続け、ようやくたどり着いた。

過剰な期待はしない。


今日は1日、どこまでも沈もう。








リーナが器を差し出した。


photo:05





「プエナピンタ、フミ。」


そう言ってニコリと笑う。

手に持ったココナツの皮の中には緑色の固形物が混じった、遊びでもなかなか作れないレベルの見た目のシロモノが湯気をあげている。



躊躇せずに口につけた。

苦味よりも、胸を溶かすような嫌な臭みに一瞬戻しそうになった。

ドロドロとした食感、なんとも言えない臭みと後からほのかに口に残る苦味。


なかなか飲めない。

でも少しずつ、少しずつ器を傾け、ようやく全てを飲み干した。










果物が目の前に置かれる。

photo:06




赤いマンゴーの皮の下からオレンジ色の果肉が現れる。

緑色のミカンをナイフで切ると、果汁が飛び、綺麗な粒が袋におさまっている。


それを口に入れると、日本の果物とは比べものにならないような力のある甘みが広がり、その度に目が冴えるよう。





飲んで30分。
これといった変化はない。

吐き気ももよおさないし、視覚にも聴覚にも異変は感じない。

ただ少し浮遊感はあるみたいだけど、これくらいならマリファナの初期段階くらいの効果だ。






するとリーナが森からへんな植物の実をとってきた。

なんだか毒々しい色と形をした植物。

リーナは慣れた手つきでナイフを操り、木の枝を削り、細い爪楊枝くらいの棒を作った。

そしてさっきの実を割った。

photo:07




中には真っ赤な種のようなものが入っている。

その内部を爪楊枝で触ると、赤い色素が付着した。






何をするのかと思ったら、その爪楊枝でみんなの顔に絵を描き始めたリーナ。

photo:08




おー………なんだか雰囲気タップリでワクワクしてくる。

リーナが描く絵というか模様はまさにインディアンのそれで、規則的な点と線がとても神秘的だ。

photo:09





俺もリーナにお返しで書いてあげた。

photo:10





神ヒッピー。

photo:11














1時間くらい経ったかな。

みんなもリラックスし始めている。

photo:12



photo:13




俺も浮遊感が増してきた。

その感覚は脱力となり、椅子に座っているよりも寝転がりたくなってきた。






フラフラと歩いて庭の地面に大の字になった。


体が沈み、力が抜け、動くことができない。
でも頭は冴えている。

地面から生えている草が頬を触る。

その緑色がとても鮮やかに見えて、じっと見つめてみるが、会話はまだできないみたいだ。

photo:14




空がとても遠い。











また1時間くらいして、なんとか起き上がって近くを歩く。

ヘロニモたちは果物を食べながらまったりとお喋りをしている。




向こうの方で泥を体に塗って、枯葉を体に貼りつけ、ずっとニワトリのマネをしている人。


ずっと川を眺めている人。



木の枝を持って橋の上をダッシュしてる人。




photo:15




みんな何か見えているのか。


photo:16




俺の思考はクリアーだ。
物事を連続的につなげて考えることができる。
視界がとろけたり、音が反響して聞こえるようなこともなく、至って鮮明だ。

ただ体の脱力感は半端じゃなく、逆にその鮮明さが不思議な感覚になる。


パイナップルを輪切りにしかぶりつくと、やはり強い甘みが口に広がった。

地面に寝転がる。










photo:17



photo:18



それからみんなでフラフラしながらジャングルの中を歩き回ったり、川で泳いだりした。

周りに人はまったくおらず、俺たちだけがこのどこまでも続く途方もない大自然の中にいる。


photo:19



どヒッピーのロドリゴは言うまでもなく全裸だし、彫刻みたいな美しい体をしたスペイン人の女の子も全裸になって泳いでいる。


自然の音だけが聞こえ、自然に身を任せる。

自然とたわむれ、自然に抱かれた。










photo:20



そんな頭がニュートラルになっているところにさらに色々とぶち込んだのでどこまでも沈殿し、まどろみ、まるで体が植物になったかのような、不動の中にある揺らぎが思考を支配する。

photo:21




果てしない森の奥深く
苔むしたアボカドの大木が
人知れずゆっくり大地に倒れた
その音が聞こえたような気がする









photo:22




脱力感はやがて倦怠感へと変わり、体を覆い尽くした。

そのダルさは激しさを増し、まるで40度の高熱が出た時のような猛烈な倦怠感となり歩くのもきつくなってきた。

若干の頭痛。
ふわふわした意識。


しかしどこか気持ちいい。
風邪の時とはまた違うよう。


少し吐いてベッドに横になった。












夕闇が訪れ、森に夜が訪れる。

ノソノソとベッドから起きてみんなのもとへ。

photo:23




焚き火の周りで相変わらず元気に笑っているみんな。

俺みたいな猛烈なダルさに襲われてるやつはいないみたいだ。



マリファナにしてもなんにしてもそうだけど、それぞれの効果は体質によって大きな個人差がある。

俺にはあまり向いていないと思う。


残りのフルーツをかじり、またベッドに戻って倒れた。


体が熱い。

汗が服を濡らす。











しばらくしてから誰かが部屋の中に入ってきた。

そして2段ベッドの上で寝ている俺のところにやってきた。


「フミ、ワタシ、ゴー。」


スペイン人のパウラだった。
サンペドロを飲んだ後だというのに、今からグアヤキルに向かって出発するという。

起き上がって見送りたいところだけど体がいうことをきかない。

真っ暗な部屋の中、うつろな意識でパウラの頭をなでた。

そしてパウラも俺の顔をなでて、部屋を出て行った。








外でみんなの声が聞こえる。

起き上がれない。
起き上がりたくない。



鉛のような体は、風邪でうなされているときのように不思議な夢へといざなった。







いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。