ワールドカップ、開戦

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


1月15日 水曜日
【エクアドル】 キト





photo:01



ヘロニモたちがいなくなり、新しく入ってきたコロンビア人の若い女の子2人。

こいつらがものすごくだらしなくて、荷物は散乱させる、ゴミはほったらかし、ついでに生理になってズボンに血がついててもそのまま寝てる。

不潔すぎる。



さらに2人アルゼンチン人のカップルが入ってきており、俺とケータ君を合わせて6人が、この4ベッドのドミトリーに詰め込まれている。




ヘロニモやアンドレアスたちがいる時は良かった。

彼らはとても礼儀正しくて整理整頓が出来て、フレンドリーで楽しい奴らだった。

ヒッピーでも彼らみたいな人たちもいる。





それが今や………

絵に書いたようなだらしないヒッピーたちと同じ部屋で、もうぐちゃぐちゃになってしまっている。


photo:02



本当、一体どんな教育を受けてきたんだろう。



まぁ我慢するしかないけど。
3.5ドルの宿なんてこんなもんか。


でもアレは勘弁して欲しいなぁ…………







photo:03



朝、ベッドの中で日記を書く。

ケータ君はバイクを洗いに行っている。

部屋の中には俺とアルゼンチン人のカップル。

彼らは2段ベッドの上に寝ている。



ドアの外からボブマーリーがマリファナマリファナ~って歌っている。


やかましいけど、穏やかないつもの朝。






穏やかな…………












ギシギシギシギシギシギシ


チュパチュパチュパチュパ










2014年、ワールドカップ開催。


そうです、試合がキックオフされました。


僕がすぐ横にいるのに。



彼らは2段ベッドの上、僕はシングルベッドなので、見えないっちゃ見えないけど、窓から漏れこむ清々しい朝日が彼らの影を壁にうつしています。

さすが強豪アルゼンチン。
国名にチンがついてるだけあってなかなかのベッドのきしみ具合。


もうこっちは知ったこっちゃないですからね、別に布団かぶって隠れたりしませんよ。


日記に集中できねーからオホンオホン!!ってサインを出すも、激しさは増す一方。



うっとおしいなぁこいつら………と思っていたら部屋のドアが開きました。



コロンビア人の若い女の子が入ってきました。

その女の子、目の前で繰り広げられる惨状を見て、まぁ!!みたいな顔をしてすぐ出ていきました。




しかし女の子に目撃されたというのに試合は続行されます。


さすがはマラドーナ率いるアルゼンチン。
名前にマラがついているだけある。








しばらくして試合は終了。

何事もないかのように2段ベッドから降りてくるヒッピー2人。




と、びっくりした。

男はアルゼンチンカップルの片割れだけど、女の子のほうがコロンビア人の若い女の子の片割れだった。





お、浮気でございますか!!


アルゼンチン人の彼女はバトンを持って朝のパフォーマンスに出かけている。

その彼女がいない間に同じ部屋の女の子に手を出して、ついでに色々出したわけですね。



男の風上にもオケナイ!!



平然と日記を書いている俺にハーイと気まずそうに挨拶してくるコロンビア人の女の子。

ほんと、だらしない女は性もだらしない。



すると見計らったように、さっき出て行ったコロンビア人の女の子の片割れが部屋に入ってきた。


むすっとした顔をして怒っている。

いつも仲良しでペチャクチャ喋っているのに全然口をきかない。


浮気をしていた方の女の子が気まずそうに、あのセックスの後のなんとも言えない取り繕う感じの喋り方で友達に話しかけるけど、もうガン無視ですよね。


あんた何してんのよ?みたいな顔して目も合わせない。


アルゼンチン人の男は、気まずそうに部屋から逃げ出した。



必死に話しかける浮気女の子、無視する友達女の子。

その横で日記を書いてる俺。





えーっと、





で、俺はどうすればいいのかぁ?





ドゥーユーライクセックス?って質問したら多分泣くだろうなヒヒヒ……とS心が芽生えるけど、さすがにひどいからやめときました。


これどう思う?ってタバコのパッケージを見せようかなと思ったけど、それもひどいからやめときました。

photo:05










そこにケータ君が戻ってきた。


「あ?これなんですか?もー、ブラジャー投げ散らかすとかやめてくれ。あ!僕のベッドの枕にパンツが!!」


photo:04




アルゼンチンVSコロンビアの試合の残骸が部屋中に散らばってる。



うん、我慢しなきゃな。
3.5ドルの宿だもん。









「どうしてセックスするの?なんでそんなに簡単にしちゃうの?」


「だって彼がすごく迫ってくるから断れなくて……私断ったんだよ。」


「でもしてるじゃない。しかも日本人のフミがここにいるのにするなんて信じられない。あなたはいつもそうやって人のせいにするわ。」


「ごめんなさい。でも………私たち友達よね?」


推測




女の子2人が真剣な顔で向かい合って話し合っている。

男は何か取りに入ってきたけど気まずそうな顔ですぐに出て行った。


俺とケータ君、マジマジと女の子を見つめる。






バカじゃないのだろうか?
股のゆるい女がそのせいで友情決裂か。


そんな茶番に付き合ってる暇はないのでケータ君とギターを持って宿を出た。













いつもの中華料理店でご飯を食べたら早速バスバスキング開始。

大きな新市街の通りに立ち、やってくるバスに飛び乗る。

photo:06




昨日勉強したいろんなことを活かして、いかにしたらもっと楽しんでもらえるか、スムーズに演奏できるかを実践していく。



photo:07



うん、なかなかケータ君とのコンビネーションも板についてきたぞ。


ただ少し乗り換えを間違うとかなり遠いところまで運ばれてしまって、スラム地区に来てしまう。

犬が歩道で死んでいて、その上をまたいて人が歩いているようなそんな危ない場所。


ヤバイヤバイとすぐに人があまり乗っていないバスを捕まえて歌いながら新市街に戻ったりして、無駄に時間をロスしてしまった。


稼げる路線とそうでないところをちゃんと把握していかないとな。


サンタアナの丘!!これでグアヤキル行く必要なし!!

photo:08





キトの隠れた名所、11Pの像。

photo:13






ホシジュンさんの真似。

photo:09






ドミトリーの中でセックス?それマジウケるー。

photo:10












そんなこんなでケータ君と歌いまくること5時間。

最初はまだまだ声も出ず、音程がぶれていたケータ君の歌も、みるみる上達してキチンとバス内に響くようになってきた。

photo:11



photo:12




でもやはりまだお互い慣れないミスが多く、今日は85ドルでフィニッシュ。

それでも南米でこれだけ稼げば大したものだ。

photo:15




お姉さん、いつも5セントで10ドルくらいの支払いしてごめんなさい!!

photo:16











疲れて宿に戻ると、見慣れない顔ぶれが増えていた。


ドンドン新しいヒッピーたちが集まっており、家の中をマリファナを吸いながらウロついている。


そんなヒッピーたちに挨拶しながら部屋に入る。








はぁ…………

photo:14







部屋中に散乱したゴミ。
脱ぎ散らした汚い衣類。
タバコの吸い殻とマリファナのクズ。

足の踏み場もないほどに散らかしまくっている。



呆然とする俺たち。


ハーイ、と男とイチャつきながら手を上げるビッチども。




…………さ、3.5ドルだもんな………が、我慢を………



ん……?

なんか臭いぞ………



これ……ガソリンの臭いだぞ……?




なんだなんだ?と散乱している荷物を移動させていると、床の上に転がった容器から液体が漏れていた。

ガソリンだった。




「おい!!これガソリンだろ!!」


「あー、そうだね、ゴメンゴメン。」


そう言って容器を部屋の隅に寄せるビッチ。

ドアの横で知らずにタバコを吸ってるいつものメンバー。




すぐに宿の管理人をやってるタビとアレハンドロがやってきてモップで入念に拭き取ってくれたけど、部屋の中には臭いは充満したまま。

ビッチたちはジャグリングのパフォーマンスをしており、バトンに火をつけるためのガソリンみたいだった。


相変わらず、男たちとピチャピチャキスをしながらマリファナを吸ってるビッチたち。





俺とケータ君の荷物はキチンと整頓して小ぢんまりと隅にまとめているんだけど、そのスペースにも誰のかわからない太鼓やら靴やらゴミが混ぜこぜになって置かれている。




ああ………このボケどもが…………


すぐさま、これ見よがしにその他の荷物を移動させる。




しょうがない………
ヒッピー宿だ。日本人的な常識をここに押しつけてはいけない。


惨状としか言いようのない部屋の中早く寝てしまおうとベッドに横になった。














部屋が暗くなってしばらく経ってから………









ギシギシギシギシ…………


ハァハァハァ…………






第2試合、キックオフ。

というかパンツオフ。



今度はケータ君が寝ている2段ベッドの上での試合ですね。

あ、哀れケータ。





しかもアレです。

今朝、浮気をされていた彼女のほうが知らない他の男を連れ込んでのプレイですね。

アルゼンチンのゴールキーパーはどうぞシュート決めて下さいと言わんばかりのユルガードです。

さすがはセイシ………いや、メッシ出身の国ですな。


暗い部屋に響き渡る静かな立ち上がりです。





はぁ………もう勘弁してくれよ………

そんなに見てもらいたいならいきなり部屋の電気つけてやろうかな………





と思っていたその時、








アンアンアンアンアンアンアンアンアンアンアン!!!!







なんということでしょう。


静寂を打ち破るように寝静まった宿のどこからか、やにわに響き渡るラフプレー。



第3試合、キックオフ。







アンアンアンアンアンアンアンアンアンアンアンアン!!!!





バタン!!




「あんたたちもうちょっと静かにしなさいよ。」





どこかのドアが開いて、誰かがそのラフプレーに対して注意を出す。



「イヤッホオオオオ!!!セックス止めたぞーーー!!!」


「ヒャハアアアアアア!!!」



セックスを止めたのがあまりに楽しかったのか、周りのドミトリーのヒッピーたちが飛び起きてギター弾き出して歌い始めた。



外の騒ぎはお構いなしに俺たちの部屋の試合は続行していく。


もう、面白すぎるわこの宿。




真夜中のヒッピー宿にママの怒鳴り声が響き渡った。






いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。