旅用のギター

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


旅の間の資金、これは基本各地での路上で稼ぐつもり。オーイエー!

となると大事なのが相棒のギター。
おそらく、盗られるか壊れるか、まず無事に持って帰れることはないと思う。

というわけで今使っているKヤイリはもったいない。
日本で共に10年戦った相棒だからな。
安くてボロくていいからなんか買いに行こうと、リサイクルショップへ。

なかなか楽器の充実したお店。
アコギもけっこうある。

ん?

なんだこのボロいやつ。

一本だけダントツ汚いやつが雑にぶら下がってる。メーカーもよくわからん。
店員さんを呼んで試奏させてもらった。



………なんだこれ?


ギブソンの音じゃねえか。
てかデザインもほぼギブソン。
ダイナミックな低音。
マイルドな中音。
ひかえめな高音。
まさに探し求めていた音。

なんじゃこれぇぇぇぇー!!!


文武
「すみません!これ下さい!」

店員
「はい、これケース付きですね。5000円になります。」


こいつ頭がおかしいのか?

このギターがケース付きで5000円?


狐につままれたような感覚で店を出て車にギターを積む。
え?5000円?
ヤイリが壊れかけてきたから新しいギターが欲しい、ギブソンが欲しい、ビンテージのやつ、でも30万くらいする、
無理だよなー、ってさんざん思ってたのに………


やっぱギターってめぐり合わせ。
こいつは俺の旅に持って行かれるためにあそこにあったんだ!

調べたらドラムのメーカーであるパール製。
ギターなんか作ってたのか?と思ったら、1971年から1973年の2年間にアコギを製造していたようで、ホールを覗くと、紙ラベルなんかではなく、木に直で彫刻刀かなんかで彫り込んだような文字が刻んであった。

メイドバイハヤシ

長野の松本にあった林製作所で作られたもので間違いない。

俺より10歳年上の40歳のパールギター。

これから2年。
いい曲たくさん作ろうな!
よろしくお願いします!

photo:01



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。