若い男の部屋が汚いのは世界共通

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


9月19日 木曜日
【アメリカ】 ロサンゼルス





photo:01



ヘンリーの部屋汚ねえ……


ゴミと脱ぎ散らかした服が散乱する床。
テーブルがないので、床の上で食事してるみたいで、空の食器が放置してある。
これまた汚れまくりのキッチンのシンクには、当然のごとく洗ってない皿や鍋が山盛りになっている。


暗いワンルームの部屋の中、マットレスの上で黒人のディーが爆睡している。
ヘンリーは小さなソファーから足をはみ出して寝ている。




昔たまり場にしていた男友達の部屋を思い出す。
若い男2人の共同生活なんてこんなもんだよな。
神戸の歌い手、田中孝治の部屋はこれの5倍くらい汚かったし。
男には女が必要。






「ヘーイ、フミ、オハヨウゴザイマス。」


皿を洗ってキッチンを掃除しているところにヘンリーが起きてきた。

タイ人のヘンリーは日本語がほんの少しだけ話せる。単語程度だけど。


「ヘンリー、彼女作って部屋掃除してもらいなよ。」


「どうやったら彼女なんか出来るのかわからないよ。」


俺が彼女いるんだよと言うと驚いてるヘンリーとディー。
そんなことだけど、ちょっと誇らしい。

photo:02













シャワーを浴び、久しぶりにヒゲを剃り、それから一緒にマクドナルドへ。

photo:03




「マクドナルドは安いからね!!」


「でもケミカルだよね。アメリカ人ってそういうの敏感じゃん。ヘンリーは気にしないのかい?」


「そんなの気にしてたらアメリカのチキンは全部食べられないよ。薬品まみれなんだから。安くてお腹いっぱいになるんだから問題ないさ!!」


そんなどこにでもいる若者であるヘンリーの飾りっ気のなさがとても心地がいい。







ビッグマックを食べながらFacebookを見てニヤニヤしてるヘンリーの横でブログを更新。

今日もメールが大量に来てる。
みなさん、あんまりしっかりお返事出来なくてゴメンナサイ。


スパー!!っとメールの返事を送って、それから部屋に戻る。













photo:04



お泊まりはゆうべだけにして、またビーチに戻ろうと荷物をまとめていたら、ディーが言った。


「フミ、フミは良いやつだね。もしフミさえよければ何日でもいていいんだぜ?」


「そうだよフミ、俺たちはいつだってフミにオープンだぜ!!映画観ようよ今夜!!」




んー………寝泊まり&シャワーがあるのはめちゃありがたい。

でもここからビーチに通うとバス代が5ドルはかかるし、かなり歩かないといけないから大変なんだよな。

しかしこう言ってくれてる好意はありがたい。

もう1泊だけさせてもらうことに。








というわけで荷物を置かせてもらってギターとバッグで部屋を出た。

バスに乗ってマンハッタンビーチに到着した時には16時になっていた。

急いで桟橋に行き路上スタート。









photo:05



雲が若干かかっており、海風がビュービュー吹いてくる。海に飛び出した桟橋の上なのでモロに風が吹きすさぶ。
気温自体はそんなに低くないんだけど、たえず風にあたっていると体の芯から冷えてきてしまう。

photo:06




上半身はまだニットを着てるからいいんだけど、ズボンがペラッペラの寝巻きみたいなやつなので風がスースー入りこんで寒くてしょうがない。

photo:07





オシッコ我慢してる人みたいに足をくっつけながら歌い続け、今日のあがりは48ドル。

photo:08




まぁ一応目標額はいってるか。

photo:09











それから30分歩いたところのバス停から2本乗り継ぎ、ヘンリーの家へ。

帰る途中に好きなハンバーガー屋さんを見つけたので晩ご飯。

photo:10



このお店、ハンバーガーがめちゃ大きいからかなり食べ応えがある上に、肉の味がしっかりしていて美味しい。
さらに値段も1.5ドルとかだからマクドナルドよりも重宝する。








部屋に戻ると、物が散乱した汚い部屋に2人が寝っ転がっていた。


「ビール買ってきたからみんなで飲もうか。」


「ヘーイ、マジかよ。気を遣わなくていいのに。でもそういうことならもっと飲もうぜ!!」


俺が買ってきた1.5リットルほどのビールでは足りないみたいで、3人で買い出しに。

ぺちゃくちゃ喋りながら夜道を歩くと、俺もロサンゼルスの住民みたいな気になって嬉しくなる。


「俺は有名になりたいのさ!!」


「何の分野で有名になりたいの?」


「クレイジーさ!!クレイジーで有名になるんだ!!アヒョヒョ~~!!」


「そんなの簡単じゃねぇか!!ポオォォォォウウ!!!」


「マイケルジャクソンかっこ良いよね。」


「うん、彼は偉大だね。」



photo:11




その流れから、話はアメリカの偉大なシンガーは誰?ということに。
日本人が思う偉大なシンガーとアメリカ人が思うのとでは違いはあるのかな?


「そりゃやっぱりマイケルジャクソンだよ。」


「それかジェイムス・ブラウンかな。」


「エルビスは?」


「もちろん!!あとはレイ・チャールズとかジョニー・キャッシュとか。」


「ビートルズもね。」


「ビートルズはイギリスじゃん。」


「俺この前ポール・マッカートニーに会ったんだよ。」


「ウソー!!それマジヤベェ!!」



そんなほのぼのした会話をしながらビールを買い込んで部屋に戻り、飲みながら映画鑑賞開始。

ほのぼのした空気の中、選んだ映画は………





オーメン(´Д` )

ほのぼのしてねぇ(´Д` )



オーメンシリーズの最初のやつのリメイク版。
まぁストーリーは知ってるけど、細かいところが少しアレンジされててなかなか新鮮でした。

オリジナルの方が怖いね。



ていうかもっとほのぼのしたやつ観ようぜ。


「じゃあこれどうだい?これお気楽な映画だよ。」


ディーがチョイスしてくれたのは、グリーンホーネットって映画。
まぁアメリカらしいお決まりのヒーロー物。

このヒーロー2人組なんだけど、1人はヒーローに憧れる冴えない白人のアメリカ人。
もう1人が、中国人。
この中国人が、カッチョいい武器やらスーパーカーやらを作ったりできる上にカンフーの達人で、さらにピアノは弾けるはコーヒー入れるのは上手いは男前やらで、まぁパーフェクトなキレる男。


んー、こういうの見てアメリカの子供たちはアジア人に対してイメージを作り上げていくんだろうなぁ。

誰でもカンフー出来るみたいな。


「フミもカンフー出来るのかい!?ブルースリーみたいな!!」


「おい、それは人種差別だぞ?黒人だってラップできないやつもいるんだぞ。」


ヘンリーとディーの会話を聞いてると、アメリカの若者のリアルな一面を見ることができて面白い。




てなわけで寝たのは夜中の2時すぎ。
明日から週末。がっつり歌うぞ。







いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



携帯電話、スマホの方はこちら。

世界一周ブログランキング



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。