国境を越えて

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


7月26日 火曜日


ダメだーーー!!!!
蚊がどこからか寝袋の中に侵入してきて眠れない!!
もはや身体中、何十ヶ所刺されたかわからない。
寝袋を開けてみると、思わず叫び声をあげてしまった。
何百というおびただしい数の蚊が寝袋に群がっていた。
すげすぎる………
ラップランドの蚊は殺人蚊だ。


おかげで一晩中蚊と格闘していて一睡も出来ず。


それでも横になっただけで少しは体力も回復している。さぁ、先に進むぞ。
蚊をはたきながら荷物をまとめ、歩き出す。
例のごとく歩くのをやめたら蚊の餌食なので歩きながらのヒッチハイク。

って車、10分に1台くらいしか通らない。
そうだよな。ロヴァニエミから北は小さな村が点在するだけの森林地帯だからな。
走ってる車はほとんどがキャンピングカーか、コンテナハウスを後ろに連結させた家族連ればかり。

冬季に外に出られない鬱憤を晴らすように、短い夏の期間にキャンプなどのアウトドアを楽しむんだろうな。



そうこうしてるうちに1台の乗用車が止まる!!
よっしゃー!!
photo:02



上品そうなご夫婦と会話を楽しみつつ、一気に国境の町までやってきた。

町と言っても、ここもスーパーが一軒あるだけの小さな集落。
湖畔の木々の間からコテージがポツポツと頭をのぞかせ、フィンランドではまったく見なかった山の姿がはるか道路の向こうに見える。
暗くよどんだ雲が雪を残した山にかぶり、ノルウェーの旅の厳しさを物語っているようだ。

ご夫婦の車を降り、国境に向かって歩く。
信じられないくらい寒い。日本の冬の気温だよ。
曇り空、荒涼した風景、どこまでも伸びる一本道をトナカイが横切る。
photo:01





歩きながらのヒッチで車をつかまえ、少し走ると国境のカスタムに着いた。
別に止まる必要ないんだよ、と地元の人は言う。
でも一応スタンプ捺してもらいますとオフィスの中へ。
photo:03




おー、映画で見たことあるぞ、この雰囲気。
窓口が2つ、ガラス越しに話しかける。

日本人ですけどー……って恐る恐るパスポートを渡そうとすると、

係官
「あ?いいよ、行って。」

スタンプどころかパスポートを見もしない。

えー、こんなもんなんだ。
ロシアの出入国が厳しすぎだったんだなぁ。

逆にスタンプが欲しいんですってこっちがお願いして捺してもらった。




そしてアクロスザボーダーライン!!

道路から国境越えってまさに旅って感じだよなー。
はるかな道の始まりだ。



ノルウェーに入った瞬間、風景が急変した。
これまで森と湖が広がる平坦な土地だったのに、いきなり切り立った岩山と深くえぐれた谷が現れた。
いびつな形をした山は岩でできていて、万年雪がところどころに残り、その間を滝が流れ落ちている。
photo:04



深い谷底には湖が広がり、そのほとりに小さな家がポツポツと散らばっている。
家の上に巨大な断崖があるその光景に目を疑ってしまう。

すげすぎる!!
ダイナミックすぎる!!
これがフィヨルドってやつか!!
地球、いやガイアの営みを感じずにはいられない!!
photo:05




興奮しながら写真を取りまくっているうちに、目的地のトロムソの町が見えてきた。

フィヨルドの深く複雑な入り江に浮かぶ小さな島に形成されているトロムソの町。
灰色の岩山と複雑な海、険しい自然に囲まれた中にあるカラフルな家並みが密集したトロムソの姿は、まるでキャンディーの箱のようだ。
町中に入るとさらに心踊る。
色とりどりの建物。美しい石畳。メインストリートにはたくさんの人々。
こんな最果ての地にもこうして文化が育まれている。


さて、まずは金を換金しないといけない。
ノルウェーはユーロではなく、ノルウェークラウンという独自の通貨なのだ。
レートはだいたい、

1ユーロ=7.5クラウン

1クラウン=13円

ってところ。
さて、銀行は………



閉まってやがる(´・_・`)

15時で閉まるらしい。
今16時。






………こいつはヤバイ。
速攻で路上開始。
稼げなかったら今夜飯ヌキ。
というか今日まだ何も食べてない。
photo:06



メインストリートの一角で急いで歌う。
ちょこちょこ入るが、どの硬貨が何クラウンなのかわからないから、今いくらくらいなのか計算できない。

とりあえず2時間がんばった。
けっこう入ったんじゃねぇかなと数えてみる。

70クラウン。

えーと、1000円くらいか。

とりあえずメシは食えるだろうとマクドナルドを探す。

が、この町にはマクドナルドはないようだ。
仕方なくマクドナルドみたいなファストフード店、バーガーキングへ。

えー、1番安いハンバーガーが14クラウン。
コーヒーが20クラウン。
合わせて34クラウン。

ゲロ高い。
フィンランドなら2ユーロの内容。
2ユーロ=14クラウンだ。
つまり倍以上するってことだ。


うー、ヒッチの時にノルウェーはマジ物価世界で1番高いからと聞いていたが、ここまでするか。
ファストフードでこれなら、他の全てのものも倍以上するんだろうな。

なんかロシアからフィンランド、そしてノルウェーって物価が倍、倍、倍、倍って跳ね上がっていってるから、その分路上で稼げる金額も上がるかなと思えば、そこは別にそうでもないって具合。

とりあえず明日ユーロを換金しよう。少しくらいお金を持ってないと不安でしょうがない。


寝る場所を探して島の上のほうへ。
トロムソの島はちょうどラグビーボールを海に浮かべたような形なので、全体が坂道だらけ。
息を切らしながら坂を登り、住宅地の中に大きな森を見つけた。
森の中には幽玄とした湖があり、そこには無数のウミネコが羽を休めており、ニャーニャーという声が森のいたるところから聞こえる。


寒い。
寒すぎる。
手がかじかんで、鼻の感覚がなくなる。
H&Mでニットを買っといてよかった。
湖にうつる残雪の山々。
ノルウェー、厳しい自然だ。
photo:07



近くにいい感じの小屋を見つけてもぐりこんだ。
寒いからか、蚊はそんなにいない。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。