フランスの電車マジ高え

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月28日 日曜日
【フランス】 パリ ~ ランス








フランスのミニお国情報。



★ 首都……パリ
★人口……6280万人
★通貨……ユーロ
★言語……フランス語
★GDP……世界5位
★世界遺産……文化33件、自然3件、複合1件





世界で1番観光客の多い国だそうです。


日本人が3万5000人住んでるそうです。


78%が原子力による電力だそうです。


そして原子力への依存率が世界イチだそうです。




移民に寛大な国で、イタリアなまりのナポレオンも英雄になったし、前の大統領のサルコジさんも移民2世だったそうです。



寛大なのはいいんだけど、元植民地だった北アフリカや中東からの移民の子孫たちの失業率が高く、不満が鬱積し暴動の大きな理由になっているらしいです。






えーっと、あとは、





まぁこの国は歴史とか別にいいかな。


とにかくファッションとかお菓子とか映画とか、文化面で世界をリードする超オシャレ国だということは周知のこと。


世界遺産とかもうここまで来るとほとんどどうでもいいです。


モンサンミッシェルくらいしか知らないです。



フランスは南をぶっ飛ばして来たので、またイタリアから戻ってきたときにキッチリ回るとします。



とにかく今はパリでゆっくりした分、早く先に進まないとシェンゲンがヤベエエエエ!!!


もう1ヶ月すぎてるううううううう!!!!!



タイムイズオンマイサイド!!











photo:01


寝袋をたたんで、いざ、ユーロラインの窓口へ。


さーて、ランスまでいくらくらいでいけるかなー。






「ランス?ランス行きのバスはないよ。」




ほう?


じゃ、じゃあもうちょっと先まで進んだとこにあるメスっていう町は?




「ウィ。19ユーロです。」




うおっ!!!やしい!!

いいじゃん!!ユーロラインやるな!!!



「4日後まで満席だよ。4日後のバス予約する?」


「さようなら。」






どうなってんだコノヤロウ!!!

フランスだろ!!もっと庶民の足を充実させてくれよ!!



色んな人に聞きまくるが、どうやっても電車でしか先に進めなさそう。


電車高えんだよなぁ……フランス。





でも仕方ないか………

ヒッチハイクしようにも、こんな大都会からのヒッチは難しいし。高速だらけだし。




地下鉄に乗ってメインステーションに向かった。










メインステーションに到着。

早速、切符売り場へ。


さてと………ランスまでいくらでございましょうか………



「42ユーロよ。」




……………だから言ったじゃねえか電車高ええええええええええ!!!!!!!





なに?
バカなの?

バスだったらメスまでが19ユーロなのに、その半分の距離しかねえのに42ユーロってどういうこと?サービスで手コキでもついてるの?



「乗り継ぎの電車なら27ユーロよ。」




はぁ………それでも高えなぁ………


でも仕方ないか。

27ユーロのランス行きのチケットを買った。








パリ。

世界屈指の大都市であり、芸術の都。


日本人ばかりと過ごしたけど、一片の悔いもない。

これが最上の過ごし方だったと胸を張って言える。


芸術の都であるということは、伊藤一家にいたことでこれでもかってくらい堪能させてもらえたし、個展のギャラリーの前で歌わせてもらうという貴重な経験もさせてもらえた。


ロマンチックな街だということもミユキさんとのデートで全力で味わえた。

ラーメン食ったし!!!



思い残すことなし!!!

バイバイ、パリス!!!

photo:02





















電車はわずか1時間半ほどでランスの街に到着。


テクテク歩く。

photo:03




んー、ここもまぁどこにであるヨーロッパの美しい街だね。


駅前からのびる華麗な石畳の通りには、たくさんのオシャレなレストランが軒をつらね、それぞれに椅子とテーブルを表に並べている。

photo:04





立派な塔や噴水が街角を飾り、レトロな映画館なんかもあって地方色豊かな風情がある。

photo:05





メインのショッピングストリートにトラムが走ってるとこは、エルサレムを思い出させる。

photo:06


















んで、これ。

photo:07






テキトーにやって来たこの街。

テキトーに歩いてたら世界遺産の教会に遭遇。

しかもこのレベル。

これがフランスというわけですね、ジャンヌダルクさん。

photo:08



photo:09





この大聖堂。

まぁ外観もハンパじゃないんだけど、もっと有名なのが内部のステンドグラス。

photo:10




ステンドグラスってまぁだいたいどこの教会にもあるし、あー綺麗だなぁ、くらいで終わるとこなんだけど、ここのは違う。

photo:11




うす暗い、静寂の教会の中に浮かぶ、その丸いシルエット。



なんだか吸い込まれてしまいそうな感覚になるほど怪しい美しさをたたえている。

photo:12





こりゃ、一見の価値あり。
見学無料。













さてー、早速だけど歌っちまおうかなー。

と街を歩くが、一体どうしたこと?


ゴーストタウン。

マジで。

photo:13





すべての店が閉まっており、道ゆく人の姿はほぼない。

街全体が静まり返っている。

photo:14






なんだこりゃ?

日曜日ってだけでこんなに休むのか?


不思議になってその辺の人に聞いてみたら、どうやら今日は2週間続いた春のイースター休暇の最終日なのだそう。


明日からまたいつもの日々に戻るので、みんな家でゆっくりしてるんだね。

photo:15













photo:16



かろうじて開いていたケバブ屋さんで5ユーロのケバブを食べ、マクドナルドでネットして、少し早めに寝床を探しに歩いた。

photo:17















川を越えたところに大きくて綺麗な公園を見つけた。

真ん中に池があり、芝生は刈り込まれ、落書きされていないベンチがたくさん設置されている。


その一角にテントを張った。

photo:18















久しぶりにテントの中で曲作り。

昨日、今日とお酒を飲んでいないので、パリでの酒もだいぶ抜けただろうな。



新しい曲、作らないと。

曲ってどうやって作ってたっけなぁ。

なんだか最近よくわからなくなってきてる。

どんなメロディも歌詞もピンとこない。

こんなこと今までなかったのになぁ。


日本語の音楽から遠ざかっているからインスピレーションを受けることが少ないのも理由にあると思う。






一見スランプのようでもあるけど、これが良い状態だと思いたい。

今、体の中にたまり溜まって煮つまっていってるところなんだろう。

ていうかもはや曲作りなんて意識する必要もないんじゃないかな。


創作意欲というやつが消えてなくなり、音楽というやつが遠のき、何も意識しなくなった先の境地に、ゴミみたいに落ちているものを拾い上げる。


そんなイメージ。


まだはっきり見えないけど、新しい曲は気負わずに放置してみてもいいかなと思う。



ま、とか言いながら思いっきり模索しまくってるけど。

そのうち出てくるか。






あー、久しぶりの1人テント。

気持ちいい!!


けど寂しい!!!








ブログランキングというのをやってます。ここをクリックしてくれたらランキングが上がります。
読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



携帯電話、スマホの方はこちら。

世界一周ブログランキング



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。