約束があるから急ぐ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月6日 土曜日
【スペイン】 ウェルバ
~ 【ポルトガル】 リスボン








スペインでは、こんにちは、をオラァと言います。


あと豚のことをハモンと言います。




ジョ、ジョジョ………!!








photo:01


朝、何事もなく目を覚まして寝袋をたたむ。

向こうのほうには5軒くらいのホームレスハウス。


もう全員仕事に出かけているようでひと気はなかった。











町に向かって歩いていると、交差点のところに黒人さんが立っている。

ひとつの交差点につき1人の黒人。


赤信号で止まった車に笑顔で近づき、ポケットティッシュを売っている。

イスラム圏ではよく見ていたこのティッシュ売り。


ただの物乞いよりははるかにマシだな。
ティッシュは必需品だし。



この前はスーパーマーケットの前で逞しい黒人の若者が立っているのを見た。

その若者は、買い物を終えて出てきたマダムに紳士に、陽気に話しかけ、車までの荷物運びをしてチップをもらっていた。


時代はもう変わってるのかもしれないけど、黒人が白人にへーコラしてる姿はやはり見てて気持ちいいものではなかった。


このウェルバにいる黒人たちもみな若い。

集団で橋の下に住み、一生懸命お金を貯めているんだろう。

きっとアフリカに帰ればものすごい大金に変わる。


日本人の俺たちには彼らの心境は知る由もない。
故郷の家族のために白人に媚びているんだ。



「ハロー!」


横を通り過ぎるとき、笑顔の爽やかな黒人の兄ちゃんが手をあげた。


俺にはティッシュすすめてこなかった。

同じ橋の下で寝たよしみだな。











ひとまずバスステーションへ。

ポルトガル行きのバスを探す。




ポルトガル。

どんな国なんだろう。
まったくイメージないな。

ユーラシア大陸の最果ての国。

かつて戦国時代に日本にまでやってきた海洋国家。


軽く調べてみたところ、南部にはそんなにめぼしい観光地はないみたい。

とはいってももちろん小さな町はいくつもあり、そこに暮らす人々がいる。

観光客が来ないようなところだからこそ価値がある。


行ってみたい。




でもそんな全部の町を周りまくっていたら3ヶ月どころか何年あっても足りねえ!!!










実は人との約束をしている。


川田ようすけというシンガー。

神戸出身の素晴らしいシンガーソングライターで、同じ歌うたいとして嫉妬してしまう才能を持った彼。



そんな彼と知り合ったのはまだ俺が日本を放浪しているころ。

彼と一緒にライブをし、彼の才能に触れ、悔しかった。
ギターはマジで嫌になるほどめちゃくちゃ上手く、歌もそう。
何より曲が素晴らしい。



彼の歌に東京タワーって曲がある。

日本人なら誰もが抱く東京への憧れ。
それを象徴する東京タワー。


若いころの、ほろ苦く、不安定な心を歌った名曲。


俺も一生懸命コピーした。








彼と一緒にライブしてから間も無くだった。

川田君が入院したと聞いた。


すぐに退院するだろうと思ってたら、そうじゃなかった。


癌。

精巣癌。


すでに体のいたるところに転移しており、中には缶コーヒーくらいの腫瘍もあった。



彼は元気そうな画像を送ってくれた。
でもその写真に写ってる笑顔の川田君は、抗がん剤の副作用で毛が抜け落ち病院服に身を包んで、見てはいられないものだった。


待ってるから必ずまた一緒に歌おう、とメールを送ったけど、はっきり言って心の中では、もうダメかもしれないという思いの方が強かった気がする。


若年性の癌。

進行は早い。

何度もダメかもしれないという気持ちを打ち消した。

でもやっぱり、もうあの素晴らしい歌を聴けないかもしれないとも思った。










そして彼は生き延びた。

俺なんかの想像を絶する凄まじい闘病生活を乗り越え、何度もの手術と入退院を繰り返し、現在、社会復帰し、仕事も手に入れた。


抗がん剤の影響は今も強く、かつての華麗なギターはもう弾くことができない。

しかし彼は生き延びた。





そんな川田君。
高校のころから付き合ってきた彼女がいる。朝ちゃんっていう可愛い女の子。


川田君に癌が見つかった時の朝ちゃんの衝撃は想像もつかない。

毎日毎日、病院に通ったそう。

悲しくて、悲しくて、でもそれでも川田君を励まし続けたんだろうな。



ついに去年、2人は結婚をした。

自分のことのように嬉しかった。





そんな2人の新婚旅行がパリ。


川田君からメールが来た。



「エッフェル塔の前で、朝子に東京タワーを歌いたい。そこにサプライズでやってきて一緒に歌ってくれないか?」








だから俺はパリに行く。

4月20日。あと2週間しかない。

それまでにポルトガルと北スペインを終わらせ、さらに南フランスを抜けてパリまで行かないといけない。



はっきり行ってほとんど見ることはできない。

どれほど素晴らしい出会いをやり過ごしてしまうか。


しかしそんなこと、この2人のためならばミジンコみたいなもの。



だってあの日約束したもん。
また一緒に歌おう、って。

それが実現するのが、朝ちゃんとの新婚旅行。
パリ。
エッフェル塔の前で東京タワー。


何がなんでも行く。






さらに!!!!

このブログの古くからの読者さんなら覚えてるかもしれないが、ドイツでソーセージとビールをおごってくれたあの大阪のパティシエ社長、植松さんがこの期間にパリにいるというではないか!!!

年に何度もパリに行くパリマニアの彼なら、素晴らしいケーキ屋さんを知ってるはず。

川田君たちにプレゼントしたい!!!





さらにさらに!!!

ダハブで出会ったサックス吹きの変態、カッピーと、バイオリン弾きのナナちゃんが、すでにライブのためにパリに入っている。


この2人にも曲に入ってもらったらとんでもないことになる。






すべての縁がパリに急げと言っている。

4月20日。

あと2週間。


飛ばすぞ。











というわけで一気にポルトガルの首都、リスボンまで行ってしまおう。

チケットの値段は36ユーロ。
時間は17時半。


よし、稼げる。

歌うぞ。














バスステーションの目の前からのびる綺麗なショッピングストリートへ。

photo:02



暖かな日差しの中、たくさんの人々が歩いている。

このウェルバもまた、これといった名所のない小さな町なのだけど、それでも美しいショッピングストリートがある。

photo:03




路上には何人もの銅像やアコーディオンのパフォーマーたち。




そこに混じって俺もギターを鳴らす。

1曲目の片足の犬を歌い終えると、いきなり10ユーロ札が入った。


ウオラァ!!!!
ヨーロッパ第2部、最初の10ユーロ札!!!







石畳の通りに気持ちよく歌が響く。他のパフォーマーの視線を横目に調子よく稼ぎ、今日のあがりは46ユーロ。

よし、バス代ゲットォォォォオ!!



photo:04


飯食ってすぐにターミナルへ行き、リスボン行きのバスに飛び乗った。













あれ?どこが国境だったの?っていうくらい、いつの間にかポルトガルに入国。





バスは寂れた田舎を走っていく。

いくつもの小さな町を通りすぎる。
地元の人たちだけのささやかな町。

人のいないバス停。



しかしどんなに小さくても綺麗なショッピングストリートがのび、通りにはカフェが並び、人々が歩いている。


ここで歌えば………どんなことが起きるだろう。

なにかとんでもない展開があるかもしれない。




すべてを見ることはできない。

立ち止まることも、通り過ぎることも、その時自分で決めたことが最良の選択だと思わないとな。














北海道のような広大な原野の中を突っ走るバス。

photo:05



ポルトガルのバスには綺麗な添乗員のお姉さんがいて、飲み物を勧めたりゴミを回収して回ったりしていてサービスが充実している。

Wi-Fiもついてるなんてすごい!!


そんな快適なバスに揺られ、夜22時にポルトガルの首都、リスボンに到着した。










このままバスステーションで寝ようかなと思っていたんだけど、バスの中でブログランキングの、バッカスを探してさんを読んでいたらたまらなくビールが飲みたくなって、外にビールを探しに行き、商店で330mlの瓶を1.2ユーロでゲット。


photo:06


バスステーションに戻り、ベンチで寝袋に入ってビールを飲んでいたら、ここで寝てはいけないと警備員さんに締め出されてしまった。











仕方なく外を歩いた。



オシャレな駅舎。

林立する高層ビル。

高級そうなレストラン。


ポルトガルもやはり先進国だなぁ。
photo:07





日付も変わった夜中をトボトボ歩いていたら、高架下の駐車場にハンバーガー屋さんを見つけた。

屋台なんだけどお酒も置いていて、若者たちで賑わっていた。

photo:08





お昼にサンドイッチを食べただけだったので、空腹にフラフラと引き寄せられる。


爆音のダンスミュージックが流れ、今時の若者に混じってハンバーガーをかじる。3.5ユーロ。

photo:09






「オブリガード~。」



みんなそう言っている。



ここはポルトガル。
スペインのグラシアス、からオブリガードに変わった。









さぁー、これから謎の国、ポルトガル。

一気に攻め上がるぞ。

photo:10










ブログランキングというのをやってます。ここをクリックしてくれたらランキングが上がります。
読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



携帯電話、スマホの方はこちら。

世界一周ブログランキング



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。