そんなにサッカーが好きか!!ああん?!

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月2日 火曜日
【スペイン】 カディス









朝方にパタパタと雨が寝袋を叩いたが、お構いなしに寝続けた。


次に起きた時にはサンサンと照りつける太陽がフカフカに寝袋を乾かしていた。
photo:01





荷物をまとめて、さぁ散策開始だ。











photo:02


海沿いの道を歩く。

お爺ちゃんお婆ちゃんがベンチに座り、大学の前では学生たちがキャーキャーはしゃいでいる。



太陽は天の恵み。
こんなに素晴らしいサービス、モロッコずれしてなくてもチップを払いたくなる。










島の突端に古びたお城があった。

photo:03



ほんの小さなものだが、海にせり出した城壁に波が当たり、見張り塔の上でウミネコが風を受けている。

photo:04






チケットいるかなー、と中に入ってみると、係りのおじさんが無料だよと言う。
しかも荷物まで預かってくれる。













別に何も見所のない城郭。

観光客の姿はなく、チラホラと展示物もあるが忘れ去られたような雰囲気。




城壁の上にあがり、海を眺めた。

役目を終えた砲台が、はるかな水平線に向けられている。

photo:05













宮崎の実家の窓からは海が見える。

広がる水平線とその真ん中に浮かぶ灯台の島。


かなたには宮崎平野の陸が緩やかな弧を描きながらのび、天気のいい日にはとても遠くまで望むことができる。


あの陸の、あの白んで霞んでいる部分には何があるのかな、どんな町があるんだろう、あそこにも人がいて、俺と同じような気持ちでこちらを眺めているのかな。



いつもそんなことを思っていた。


これが旅を始めた理由なんだろうな。

俺は今、ユーラシア大陸の端っこ、南スペインで同じように水平線を眺めている。



この海の向こうには何があるのかな。
向こう側からも、俺と同じことを考えながら水平線を眺めている人がいるのかな。


あのころとなんにも変わってない。
大好きなマギーメイを口ずさんだ。
















ここともうひとつお城があるんだけど、そこは海岸から眺めるだけにして、迷路の中に向かう。



photo:06



photo:07


小さなバーでは昼前からビールを飲んでる爺さんたち。
子供のお守りを頼まれてるおばちゃんたちがカフェでコーヒーを飲みながらお喋りしている。



ヨーロッパでは、お昼にこうしたベビーカーを押すおばちゃんの姿をよく見る。
女性の社会進出が日本よりも進んでるんだろうな。

そして託児所というやつをほとんど見かけない。

家族で助け合う構図にヨーロッパの家族の愛の深さを感じるな。
photo:08



photo:09





ガシャポン!!
photo:10
















ゆうべ見つけたケバブ屋さんでピザを注文。

photo:11





ピザが死ぬほど好きです。

でも日本ではゲロ高くてたまにしか食べられません。


20ユーロとかしますもんね。
2000円超えるとか異常ですよ。全然美味しくないのに。




ヨーロッパではだいたいマルゲリータが5~6ユーロで食べられます。

しかもスーパー美味いです。




ブログランキングのりり記さんがナポリのこと書いてらっしゃいましたね。

美味そうにもほどがあるマルゲリータが3ユーロとか書いてましたね。


すでに西ヨーロッパ編の目玉と言っても過言ではありません、ナポリ。



ここのピザは全種類6ユーロでした。
1食6ユーロとか高いですけど、野宿やヒッチハイクで色んなものを削って旅してる中で、せめて食事だけは美味しいものを食べたい。


まぁレストランなんかには行けないけどね。



もう、このとろけるチーズなんなの!!?
美味すぎる!!












photo:12



腹ごしらえしたところで、今日も早速路上。

市街地の迷路の中は、細い路地が複雑に入り組んでいるのだけど、ところどころに小さな広場があり、憩いのスペースになっている。


ちょこちょことギター弾きやサックス吹きなんかのパフォーマーがいるけど、場所ならいくらでもあるのでお互い邪魔し合わないで済む。





ビルの谷間に2時間ほど気持ちよく声を響かせ、お昼の部のあがりは19ユーロ。
photo:13


清掃の方、ご苦労様です!!






人通りがなくなるお昼すぎは休憩タイムで、17時から夜の部。





まぁ、あれだね。

街もオシャレだけど人もオシャレだわ。

photo:14


白のパンツをこんなに嫌味なく着こなせるなんてさすがはヨーロピアン!!


オッちゃんも!!
photo:15




夜のあがりは22ユーロ。

合計41ユーロ。













路地裏に雰囲気のいいバーを発見したのでしけこんだ。
photo:16




ドアを開けるとストーンズやACDCなんかのロックが流れ、ビリヤード台やダーツが薄暗い中に置いてある。
photo:17



photo:18




木でてきたカウンターでは地元の兄ちゃんたちで賑わっており、俺もビールを注文。
小さいグラスで1.5ユーロ。

歌い終わって疲れた喉にビールがしみる。










すると、大音量で流れていたロックが少し小さくなった。

店内の全員の目がテレビに向けられる。










そこには…………













photo:19


サッカーですよね(^-^)/


リーガエスパニョーラ(^-^)/







「ああああああ!!!!!バッカヤロウ!!!ナンデファウルナンダヨ!!!!!」


「オラァァァァ!!!!キメロヤアアアアアア!!!!!!」









まずどこのバーに行ってもライブ中継してます。

21時くらいに行くと100パーセントでライブが観れます。

そして100パーセントみんなイカれてます。











いやー、やっぱ本場すげーよね。

バルセロナとかレアルマドリードとかの激アツな試合が毎日のようにやってるんだもん。



みんなの応援具合を見ていると、バルセロナって日本野球でいう巨人みたいな感じやね(^-^)/

スター選手がたくさんいて、観てて面白い。






今夜の試合は、バルセロナ対なんとか。

サッカーそんなに詳しくないからわかんないけど、なんとかってチームにはイブラヒモビッチとかベッカムとかいたよ。




贅沢!!!













プレーのひとつひとつに、な、なに!?ってくらい大騒ぎする店内。

日本ではサッカーって若者のスポーツってイメージだけど、ヨーロッパではお爺ちゃんもお婆ちゃんも観ながら興奮している。




「あああああああああ!!!!!!
イケエエエエエエエエ!!!!!!」


「ヤッタアアアアアアアアアア!!!!!!メッシイィィィィィ!!!!!!」



メッシが入れた。

爆発するように歓声が上がる店内。

バルセロナのユニフォームを着た人たちが肩くんで歌ってる。



ていうか飲みすぎ。
photo:20





「こんなの普通よ!!フンフンフ~ン♫」













もうー、フラメンコやら牛追いやらサッカーやら。



毎日飽きさせないでくれるよ!!スペイン!!








ブログランキングというのをやってます。ここをクリックしてくれたらランキングが上がります。
読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



携帯電話、スマホの方はこちら。

世界一周ブログランキング



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。