この世の楽園に到着

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


2月24日 日曜日
【エジプト】 ヌエバ ~ ダハブ





photo:01


船の中は寝るスペースの奪い合い。
エジプト人のおっさんたちの間になんとか潜り込んで横になれる場所を確保した。




まず船の中では、入国カードを記入する。
photo:02


それをパスポートと一緒にカウンターに提出。
パスポートはエジプトに着いてからイミグレーションに取りに行かないといけないようだ。




入国条件とかまったく調べてないので、何が必要かとか全然知らないけど、まぁなんとかなるだろう。


オッさんたちにグイグイ詰め寄られながらも、頭を押し返し寝転がった。
















目が覚めると、窓の外が明るかった。

ゆっくりと島影が動いている。
photo:03




おお、ここは海峡である紅海の上………


向こう側はサウジアラビア、
こっち側はエジプト。





たいした距離ではないんだけど、エジプトに着岸したのころにはすでに昼だった。


船を降りて、荷物を積んでいるコンテナにバッグを取りに行くと、もうマジで戦争(´Д` )


トラックの隙間を巨大な荷物を背負った人がうごめき、人の荷物を踏みまくりながら突っ込んでいる。


遠慮してたら、永久に荷物を取れない。

俺も人の荷物を踏み越えて中に突進した。
photo:04











岸壁に降り立つと、乾いた風がビュウと吹いた。
photo:05



高い建物がなく、どこまでも続く赤茶色の山並み。
そして真っ青な海。

ここはエジプトだ。
photo:06



photo:07








パスポートはどこで受け取るのか、広い港の中をとにかく歩き回るが、すべての文字がアラビア語で書かれているので、どれがどの建物なのかまったくわからない。
photo:08





人に聞いてもみんな英語が喋れない。



到着した荷物を山のように積んだ台車がものすごい活気で行き交っている。

年季の入った台車。
フォークリフトではない。
photo:09






どこに行っていいかわからずウロウロし続け、やっとこさ見つけた英語の喋れるし警察に場所を教えてもらって、イミグレーションに行き着くことができた。




これ、イミグレーション。
ぜってー、わからねえ。
photo:10



photo:12






入国手順!!



まず表の銀行でエジプトビザを買う。
15ドル。
photo:11



それを持ってイミグレーションに行って、スタンプ捺してもらって終了。



2秒。


前もって用意するものなし。
ただ、ドルで払ったほうが手間がかからない。
アンマンにいた旅人たちが、アフリカ入りの前にドルを調達しておくってのはこういうことね。









photo:13


これまた戦争の荷物検査ゲート。
遠慮してたら永久に通過できないので、体を押し込んでバッグをレールに流す。

するとオッさんが元気玉なみに巨大な荷物を俺のバッグの上にドコーン!!と置いてくる。


割れ物注意。













やっとこさゲートをくぐってついにエジプトに飛び出した。





むわり、と暑い風が髪を巻き上げた。
見渡す限りの険しい山と海。
乾いた茶色の地面。
photo:14





うおぉ………エジプト………

ピラミッドとかスフィンクスとかピラミッドとかああああかあああ!!!!!!!


あああああ想像しただけでロマンがすごいいいいいいいいいい!!!!



轢かれた犬の乾き方がすごいいいいいいいいい(´Д` )
photo:15





とにかく暑い。喉が乾く。
photo:16











勃起レベルに興奮しながら歩いてメイン道路まで出て、そこでヒッチ開始!!





イヤッホーーー!!!!

青い空!!!どこまでも続く一本道!!!
photo:17








気持ちいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!
photo:18










止まってえええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!





止まってええええ!!!!





止まってええええ……………







暑い…………
photo:19












暑いよ……エジプト(´Д` )




太陽が暴力的だよ………






みんな止まるけど、お金くれって言うよ………





さっき銀行でビザを買う時に40ユーロ換金したんだけど、レートも物価も何もわからないから、エジプト人たちが要求してくるお金が高いのかどうなのかわかんない。



まぁゲロ高いんだろうけど。





ああ、暑い…………





まず向かいたいのは、ヨルダンで教えてもらったヒッピーコミュニティがあるというキャンプ場。


この紅海沿いのどこかにあるということなのたが、詳しい場所はわからない。



まぁ行けるだろうとタカをくくっていたんだけど、誰に聞いてもみんなその場所を知らなかった。





後から知ったことだけど、俺が名前を間違えて覚えていただけでした。

場所は確認したので、行けたら行こう。










そんなわけで、ヒッピーキャンプ場は場所わからないし、もうダハブに行ってしまおうかな。





ダハブならバスも出てるだろうし…………





恋するダハブっていうらしいよ。


リゾート地で、旅行者が必ず訪れる場所で、なぜかみんな恋に落ちるらしいよ。


まぁセックスをする場所ということですね。
素晴らしいですね。

ついに俺のカッパドキアがペトラをベドウィンするときが近づいてきたようですね。


なんかいきなりダハブ行きましたとか普通すぎて嫌なんだけどね。







すると1台の車が止まった。


「ヘイ!!ダハブかい?よし!!乗りな!!」


「あ、でも僕お金も清潔感もないんです。」


「なにいってるんだい!!ヒッチハイクだろ!?乗りな!!」





おっしゃああああああ!!!!!


イスラエルからの観光客ゲットオオオオオオオ!!!!!





「俺たち今からダハブの町に行く前に、シュノーケルするんだけど、一緒にどうだい?ブルーホールって綺麗なスポットがあるんだよ。」




photo:20


このカップルはイスラエルのテルアビブからの観光客。

ダハブまで車で5時間くらいで行けるので、イスラエルからの観光客が多いんだね。


彼らはユダヤ人!!
ダハブへは何回も遊びに行っている常連で、すべてを知り尽くしている。

一瞬で安心!!


しかもブルーホールって有名なダイビングスポットに今から潜りに行くだと!!!

ラッキーすぎる!!!!!









いくつかの検問ゲートを越えて、走って行くと、綺麗な海が見えてきた。



車は町を背に走り、民家を離れてドンドン奥の入江に入って行く。

ブルーホールというところは、ダハブから10kmほど町外れにある穴場ポイントなんだそう。




しばらくすると、小さな入江に海の家みたいな南国ムードのカフェが並ぶ場所に出た。
photo:21






な、な、な、なんだよ、これ。

海が綺麗すぎる(´Д` )
photo:22






お!!ラクダが歩いている!!
photo:23





なにここ?パラダイス?




「よし、フミ。これをつけて。ウエットスーツがなくてもいいだろ?」


浜育ちですからね。
泳ぎは自信ありますよ。

ゆうべから飯を食ってないけど、溺れることはないだろ。



日本の海の家の2億倍くらいオシャレな建物の中で服を着替え、いざ海へ!!!
photo:24










あ、あれ?

海で泳ぐのゲロ久しぶりいいいいいいいいいい!!!!!!!!!


たしか22歳の時に津軽海峡を泳いで渡ろうとして、函館の海で5分くらいでドザエモンになりかけた時以来。



海ってしょっぱい!!!!!




シュノーケルも沖縄以来。
水の出し方や呼吸の仕方もずいぶん忘れてしまっているけど、なんとか海水を飲みながら泳ぐ。








もう………



あれですね…………






潜った瞬間、お母さんって思いましたね。

いい年して。

こんなに美しいものをお母さんとお父さんに見せたいって、すぐに思いました。


日本であくせく働いて、家と仕事場を往復する毎日で、外国っていったらすぐにテロリストに捕まって殺されると思っている、どこにでもいる普通の日本人であるお父さんとお母さん。


こんなに綺麗なものが世界にはあるんだよ。


広がる色とりどりの珊瑚礁、不思議な形の鮮やかな魚、図鑑でしか見たこともない貝や生き物。


海水を飲みながら夢中になって泳いだ。









photo:25


「ここは、夕方になったらほとんど人が来ないんだよ。」


そう言うダハブマスターのガイ。
彼はダイビングの先生もやっており、このダハブのちょっとした顔。

そんなイカした海男と優しい彼女のリサ、3人で人のいない海辺を歩いた。



対岸に見えるのはサウジアラビア。

山並みの上に浮かぶ月。

あー、こんなところに来られるなんてな。
photo:26













車に戻り、ダハブの中心部へ。
彼らが今夜泊まるコテージホテルに行き、シャワーを浴び、エジプト人たちと紅茶を飲み、ご飯へ。




細い路地を抜け、広い通りに出た。


「イエー、This is Dahab.」


photo:27



そこにはどこまでも続く南国ムードのカフェやレストラン、きらびやかなお土産物屋さんが軒をつらね、賑やかな音楽が溢れていた。

潮騒と暖かい夜風が気持ちよすぎる。
photo:28




なんだこれは…………


こいつが本物のリゾート地ってやつか………





ガイおすすめのキングチキンってお店で24時間ぶりのご飯。
photo:29



この内容で30ポンド。
レートがわかんない!!

うますぎるうううううう!!!!!!
photo:30












photo:31



お腹いっぱいになったところで、この通り沿いにあるセブンヘブンっていう日本人宿にいってみた。


あいつが宣言通り沈没していれば、ここにいるはずなんだけど…………





「あ!!フミさん!!もう来たんですか!!いやー、ダハブ最高ですね!!」



セブンヘブンのオープンレストランにいたのは、

そう、


茨城県民、ショウゴ君。


「いやー、フミさんがブログに書いたから、色んな人から、茨城のだっぺよの人ですよね?って言われるんですよ。どうしてくれるんだっぺよ。」




ガイとリサとはここでお別れ。
何から何までありがとう!!
やっぱりイスラエル人、好きだなぁ。













「ヤバイでしょ、ダハブ。来て4日ですけど、俺まだ何にもしてませんからね。ヤバイっぺ?」



ショウゴ君が4日間まったく何もしないのがヤバイかどうかはわからないけど、とにかくヤバイ(´Д` )




酒屋でビールを購入。
1本8ポンド。

1ポンドが0.1ユーロ。13円くらいか。

ビールが100円!!!!
ヨルダンでは350円もしてたのに!!!!



「飯30ポンドも払ったんですか!!5ポンドで食べられんだがんな?!5ポンドでぇ!!」



タバコも100円とかそんなもんらしい。
しかもショウゴ君が泊まっているセブンヘブンって宿は1泊15ポンド。

200円(´Д` )


もうなんなのダハブ!!!!










ビールを持って海岸沿いを歩いていると、波打ち際にベンチとパラソルが置いてあるスペースがあった。



ちょっ、ベンチにふかふかのクッションが敷いてある(´Д` )(´Д` )(´Д` )




photo:32


快適すぎるベンチに座って乾杯。

暖かい夜風、潮騒、満月が海に揺らめく。

海辺に並ぶレストランの明かりが海にきらめいている。



あれ?なんでこんなに気持ちいいんだろう?





あ、なんだ、ただの天国なんだ。ここ。



天国ううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!


天国すぎるううううううううううううううううう!!!!!!!!!



楽しいいいいいいいいい!!!!
なんか明日とかがヤバイくらい楽しみいいいいいいいいいい!!!!!!!!


明日なにしようかな。
ぼーっとしようかな。
ずっとネットにつないでなかったから、メールやらブログやらたまりまくってるしな。




あ、あれ?ダハブ………





ダハブ最高。





「ああぁぁぁ!!怖い!!なんか楽しすぎて怖いいいい!!」


「もう俺2ヶ月くらいいると思うっぺよおおお!!!!!黄門さまああああああ!!!!」









この旅始まって以来の天国。

初日から天国すぎる。


ショウゴ君が帰ってから、1人で寝袋にくるまる。

潮騒と海と月。

遠くで聞こえるカフェの音楽。
photo:33





アフリカに入るの、やっぱりちょっと怖かったけどさ、



エジプト、最高だよ。







ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。