失望と奮起

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


2月6日 水曜日
【ヨルダン】 アンマーン





山の手のレインボーストリートで出会った高校生の女の子たちから、ゆうべメールが来ていた。


ソフィエってところに私たちの知ってるカフェがあるんだけど、そこで今夜歌わない?とのこと。


もちろん行くさ。




レセプションのルアイに聞くと、どうやらそのソフィエという地域はお金持ちたちのエリアらしく、高級なお店が並ぶ綺麗なショッピングストリートがあるという。

この汚いダウンタウンに住む人たちとは無縁の場所なんだろうな。


アンマーンはたったの130万人の町なんだけど、色んな地域が点在していてなかなか面白い町だ。
photo:02





0.5ジュディー、60円のバスに乗ってそのリッチプレイスに向かう。








結構走ったところで、バスを降りた。
チクショウ、雨が降り出しやがった。

しかもいきなり深い霧が出て来て、みるみるうちに町を覆い隠してしまった。
photo:01






道もわからず適当に歩く。
道路を流れる真っ黒な水。
建物の間から泥水が流れ出て、歩道に沢を作っている。

リッチプレイスといってもそんなに大差ないな。







ウロウロしていると大きなホコ天のショッピングストリートを見つけた。

これかー。いいじゃんいいじゃん。
ダウンタウンみたいにアホのクラクションが鳴り響いていないし、お店もみんな綺麗でモダン。

稼げる匂いプンプンじゃねぇか。






人が歩いていればね………
photo:03





全然人いねぇ(´Д` )





ていうか霧が濃すぎて何も見えねぇ(´Д` )






仕方なく路上は諦めてカフェに行くことに。

店の場所を通行人にたずねてみた。


さすが裕福な人たちの地域なだけあって、みんな英語がしゃべれる。
そんなに完璧じゃないけどね。


「ヘリウムってカフェ知ってますか?」


「レビラナ?」


「ノーノー、ヘ・リ・ウ・ム。」


「マベレネ?」



おまっ!!
お前ワザと言ってるだろ?(´Д` )


母音も違うじゃねぇか(´Д` )


言語の違いってすごいなぁ。
こんだけ変換されて聞こえてるんだもん。






なんとか通じると、お店自体有名なところらしく、簡単に見つけることができた。





広くて綺麗なカフェレストラン。
photo:04



そこでネスカフェを飲みながら女の子たちを待った。






夕方くらいにみんながやってきた。
家族や友達たちをたくさん引き連れてきている。

みんなフミのために来たんだからね!!

ってプレッシャー………





歌う前に、みんなでお喋りしていると、1人の兄ちゃんが水タバコやりたいかい?と言ってきた。

お!!やりたいやりたい!!

試したいって思ってたんだよ。
photo:05









ヨーロッパのカフェでもよく見ていた水タバコ。
アラビアンな雰囲気の容器からのびたチューブをプカプカやってる姿がカッコ良くて、ずっとやりたかったんだよな。
photo:06



photo:07



底の部分に水の満たされたグラスがあり、その上にステンレスの装飾がそそり立つ。

そして1番上にフレイバーの入ったパーツをセットし、銀紙を巻き、その上に焼いた炭を乗せる。

これで完成。


フレイバーにはたくさんの種類があり、様々なフルーツの香りを楽しむことができる。
今回はレモン&ミント。


チューブをくわえて思いっきり肺に吸いこむ。
下の水がボコボコと音を立てる。



軽い。
タバコみたいに喉への負担がない。

そして煙を吐くときに鼻から出ていく香りがまさしくフルーツの香りで、まったくタバコとは別物って感じだな。



こりゃ女の子が好きそうだ。

実際、女の人もたくさんこの水タバコを楽しんでいる。


いいね。
また新しいことを学んだぞ。


ちなみに、水タバコのことを旅人たちはシーシャと言います。

ここでの値段は3ジュディーとか4ジュディーだったかな。
300円くらい。
1時間は楽しめます。

先端のパイプは使い捨てなので衛生面は大丈夫。








水タバコで軽く酔っ払ったところで、さぁ歌うぞ。
photo:08




結構広い店内。マイクなしでガツンとギターを鳴らす。



が………きつい。
水タバコで気持ち悪くていい声が出ない。

最初は全員が聴いてくれ、拍手が巻き起こっていたんだけど、曲が進むにつれドンドン話し声が大きくなっていき、みんなの興味が離れていくのがわかる。


くそ………
きついぜ。








よくこういう状況になってしまう。
ノルウェーの悪夢はいまだ頭にこびりついている。

もし俺がもっともっと素晴らしい歌い手なら、きっと2時間でも彼らを惹きつけることが出来るだろう。


しかし今、この数十人いる店内で俺の歌を聴いているのは数人。


辛い。逃げ出したい。
そろそろ終わるよ、と言えば、簡単にここから帰ることができるだろう。



でもそれをやったら、それをやってしまったら、きっともっと大きなものを失ってしまうはず。


でもやっぱり、自分の無力さに打ちのめされてしまう。


根性で歌い続けた。
ガヤガヤと誰も聴いていない店の中で。









しばらくすると、声の調子も上がってきて、少しずつみんなも聴いてくれはじめた。

もちろん、まったく興味すら示してない人もいる。


嬉しいことに最後の曲の後には大きな拍手が起こり、ダメダメ!!もう1曲!!とアンコールまでもらえた。

マジでよかった………




ご飯をご馳走になり、人々から集まったチップもいただき、22時に店を出た。

あがりは30ジュディー。
2アメリカドル。
2サウジアラビアなんとか。
photo:09



photo:10



photo:11



photo:12















ドアを閉めた瞬間、ドッと疲れた。



はぁ………なんとか乗り切ったぞ………



みんなは、またここに戻ってきて歌わないといけないよ!!と言ってはくれたが、お世辞にも素晴らしいパフォーマンスではなかった。

ダメだな………
本当ダメだぜ……




全員を楽しませることは出来ないけど、それでも、それでも、もっとやらなきゃいけないんだよ。









金丸君って強いよね、なんでそんなに自分を信じられるの?と聞かれることがよくある。
そんなことない。ただの打たれ弱い男。

いつもいつも、今にも切れそうな細い糸の上を歩く毎日。

人はみんな好きなことを言い、その糸を切ろうとしてくる。



自分の天井はここなのか?それを決められるのは自分だけだけど、きっと俺はもっとやれると、いつもへこたれそうな自分に言い聞かせながらやってきた。




俺はきっともっとやれる。
必ずだ。

負けてたまるか。






クラクションのやかましい道路沿いを歩く。

数百回目の失望と奮起。






ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。