ゴミの街

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


1月19日 土曜日
【キプロス】 ニコシア




photo:01


最高16℃
最低6℃

もはや寒さに凍える夜ともおさらば。
今年の冬は乗り切った。


キプロス、めちゃあったかい!!!
photo:02













早速、メインストリートへ。



このニコシアの街の真ん中には、綺麗な円形をしているオールドシティがあります。


その円形の中央に真っ直ぐ伸びるのがショッピングストリートです。


こんな感じ。
photo:03



めちゃ綺麗でオシャレ。
photo:04



人々もみんな英語をしゃべれて、知性が感じられる。

そして!!これ!!
これビックリした!!


誰も俺のこと見てこない!!
みんな普通に素通りしていくんだよ。


いやいや、それ普通って思うかもしれないけど、トルコ側ではマジで凝視だからね。

足止めて見てくるからね。



それがないんだよ。
今までの視線の嵐の中で過ごしていたから、物凄く爽快。

そういうところもやっぱりギリシャはエレガントでモダン。







フラッと歩いて国境へ。
photo:05



暖かい日差しの中、たくさんの人たちがワイワイと笑顔で検問所に並んでいる。


トルコに買い物に行こうか、ってな感じで国境を越えるんだよ?

同じショッピングストリートなのに、国が違うんだよ?

いやー、やっぱり信じらんねぇ。







このゲート、ギリシャ側の出国チェックはない。


そうだよね。
ギリシャ側は北キプロスもギリシャの土地だと思ってるんだから、出国ってことにはならない。


そして入国の際にもスタンプは押されない。

あくまで、トルコ?は?なにそれ?って姿勢を貫いてるようだ。



もちろんトルコ側には出国も入国もスタンプを捺されます。




検問所から検問所の間は、やはり何もない一本道。
ここはどちらの地域にも属さないそう。
photo:06



国連が定めた緩衝帯ってわけだ。



その一本道の途中にこんな落書きがあった。
photo:07




We want to live together


なんか陳腐だなと思った。







トルコ側に入ると、まぁ一気にトルコですよね。
photo:08



モスクのミナレットがそびえ立ち、みんな紅茶飲んでる。
photo:09



商品の並べ方がトルコ。
photo:10



バザール(´Д` )










しかしまぁ、
photo:11






きたねぇ。
photo:12







ゴミの街。
photo:13






そこにもここにもゴミの山。
photo:14







なんでゴミ収集してないんだろう。

建物もみんなボロボロで、空きテナントや廃墟だらけ。
photo:15



photo:16






国境の向こうとこっちで50年はタイムスリップできる。
photo:17











そんな異様な街、ニコシア。
photo:20



もう一度ギリシャ側に戻り、歌える場所を探した。


うーん、さすがにヨーロッパの国。


民族楽器のバンド、
ジャズのトリオ、
オペラの歌手
お決まりの銅像パフォーマンス、


などなど、路上には様々なパフォーマーがいて、しのぎを削っている。
photo:18



photo:19







そんな中に混じって俺も歌った。



うーん、反応が悪い。
みんな通り過ぎていく。


いや、これが普通だったっけ?

トルコの盛り上がりに慣れてしまっているからか、すごく物足りない。


もちろんお金は入る。
1時間で18ユーロ入った。
悪くはない。
トルコリラに換算したら42トルコリラだ。

むしろかなりいい。

しかし反応が悪い。


トルコならみんなが群がってきて、一緒に写真撮って話しして紅茶の差し入れがあって、ととてもエキサイティングな時間なんだけど、ここではみんなサラリとお金を入れていくだけ。

エレガント。上品。

物足りない。








今度はトルコで歌ってみようかな。

もう一度国境に行き、観光客たちに混じってパスポートを提示する。

国境越えすぎ(´Д` )



「あなた、そんなに何回も何回も行ったり来たりして何してるの?」



やべ。さすがに突っ込まれてしまった。

もうすでに4回国境越えてるもんな。

調子に乗りすぎ(´Д` )








photo:21


さてトルコ側は、お昼を過ぎるとそれなりに人通りもあり、安いお店が並び、観光客たちがコピーのブランド品を品定めしている。

ここではシャネルやビトンのバッグが1000円で買えます。
photo:22



1000円て(´Д` )




photo:25


トルコ側で路上開始。
もちろんイマジンを歌った。
想像しよう、国なんてない世界を。
photo:23



そして集まってくるたくさんの人たち。
みんなが俺と写真を撮りたがり、たくさんの会話がある。
photo:29




ああ、トルコ。
これだよなー、トルコ。
やっぱり好きだよ。




調子よく歌い、あがりは、

97トルコリラ
1ドル
10ユーロ
photo:24






17時のアザーンがモスクから流れて、路上終了。
片づけていると、大きなカメラを持った2人の兄さんが話しかけてきた。



彼らはテレビや映画などの撮影の学校に通っている学生。
今制作でドキュメンタリーの映画を作ってるところらしく、よければ明日俺を題材に撮りたいとのこと。


もちろんいいさ!!




てなわけで今夜は彼らの家にお泊まり。

photo:26


すっごい豪華なご飯をご馳走になり、トルキッシュラキアを飲んだくれ、暖炉を囲んで夜遅くまで語り合った。
photo:27





ああ、トルコ。
愛すべき人々。







でも、ギリシャ側ではトルコ人大好きなんて言ったら大変なことになる。

俺はまだ国境を越えられるが、彼らは完璧に向こうに行くことはできない。


トルコ人は穏健で批判を口にしないが、ギリシャ人は完璧にトルコを敵として見ているといった印象だ。
不法占拠されているという認識だからね。


そして世界中がそう解釈している。


でーも、ギリシャ人は自由にトルコに行き来できるんだよな。


買い物に来たり、ご飯食べに来たり。



これからもっともっと深い対立を目の当たりにできるだろうな。



こんな貧しい取り残された土地に住んでいても、それでもトルコ人はみんな笑顔が輝いている。


「キャプテン翼はトルコの子どものレジェンドなんだぜ!!!」

「日本サイコー!!!あ、紅茶飲む?」

photo:30




やっぱりトルコ人、愛すべき人種。






ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。