ピープルゲットレディ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


1月1日 火曜日
【トルコ】イスタンブール








photo:02


「………ロー……ハロー………ハロー。」



寝袋を開けたら清掃のおっちゃんが横に立って笑っていた。


「ケバブケバブ、風呂ポスポラスオスマン、紅茶飲む?」



公園のベンチ。
寝起きで紅茶飲んでます。
photo:01



2013年、とてもいい1年の始まりです。








「おはようございまーす。文武さん眠れました?」


昨日のショウヘイ君が公園にやってきた。

「ちゃんと眠れました?こんな寒いのによく眠れますね。」


トルコに入ってから一気に暖かくなり、上着もいらないくらいなんだけど、沖縄出身のショウヘイ君にはこの気温でも寒いみたい。







昨日も書いたけど、このイスタンブールでやらなければいけないことってのは、まぁ旅してる人ならたいがい知ってるとは思います。


そう、ポスポラス海峡を泳いで渡ることです。



嘘おおおおおおおおおおお!!!!!!!

バカああああ!!!!
嘘だってばああああ!!!!

海峡を泳いで渡る?!!
なに?そんなことして何の意味があるの?バカじゃないの?死ねば?

海峡を泳いで渡るとか言ってた美しい若さと純粋だった心はあの日、津軽に捨てて来ました。




そうです、ワクチンの接種です。

イスタンブールには黄熱病のワクチンが無料で受けられる場所があります。

無料ってすごいよね。
なので行きます。

ワクチンゼロで世界一周した、っていうのも魅力的だけど、黄熱病の予防接種を受けていないと入国出来ない国ってのがあるんですよ。


たから決してビビってるわけじゃないからね!!


黄熱病?なにそれ?野口?野口さん頑張った。




病原体である黄熱ウイルスを持っている蚊(ネッタイシマカなど)に刺されてから発病するまでの潜伏期間は3-6日間です。突然に悪寒戦慄とともに高熱がでます。嘔吐、筋肉痛、出血(鼻出血・歯齦出血・黒色の嘔吐物・下血・子宮出血など)、蛋白尿、比較的徐脈(高熱にもかかわらず48-52/分と脈拍数が遅く、Pagetの徴候と呼ばれます。発病して2日目までに見られます)、黄疸等が見られます。このうち、黄疸・出血・蛋白尿が三徴候とされます。「黄熱(yellow fever)」の「黄(yellow)」については、黄疸で患者が黄色くなることに由来します。発病して7-8日目から快方に向かい治癒することも多いですが、発病して5-10日目に乏尿・心不全・肝性昏睡などから約10%が死亡します。治癒後は終生の免疫が獲得されます。
中央アフリカや南アフリカに分布します。





ビビってないよ。全然。

むしろ、生ワクチンを打って副作用で死ぬ人がいるっていう事実のほうが怖いよね。

キモい!!
ワクチン打って死ぬとかキモい!!(´Д` )






というわけでその話をしたら、これから南米に行く予定のショウヘイ君も受けたいということになり、2人で行ってきました。




あ、荷物が重いので、いつものカフェ兼ホステルに行き、初日に会った兄さん、アロルに荷物置かせてくれとお願いして、屋上のテラスにこっそり隠しました。


これは内緒なので、ボスに知れたらアロルのクビが危ういです。





トロルだけを手に持って、身軽になって颯爽と歩く。


ワクチンを受けられる場所はオールドシティーから橋を渡って、岸壁沿いに右に曲がり、少し歩いて行ったらカフェの間にあります。

トルコ人、釣りし過ぎです。
photo:03



釣りしながら紅茶飲み過ぎです。
photo:04







病院にはすぐ着きました。


しかし見事閉まっていました。


ですよね。
元日ですもんね。
イスラムでも元日は休みみたいです。







チックショウ!!

呼び鈴を鳴らしまくっていたら、ドアが開きました。

英語の話せないおじさんに身振り手振りでワクチンを受けたいと伝える。

腕に注射を刺すジェスチャーをするんですが、どっから見てもヤクを懇願してるジャンキーですね。





が、しかし、残念すぎることに明日もあさっても予約で満員みたいで、金曜日にならないとダメらしい。



「お願いします!!ワクチンを受けたいんです!!日本で家族が待ってるんです!!死にたくない!!俺死にたくない!!」


と2人で泣き落とししまくったところ、電話番号を渡され、明日の朝にここにかけてドクターに直接お願いしてみなということに。

ただ満員だから受けられるかはわからないからね、って。



明日頑張って交渉するぞ!!







ここでショウヘイ君とは別れてお互い別々に観光。

このベタベタしない距離感が気持ちいい。






photo:05


建物が密集する丘の上にポコンと飛び出している塔に行ってみた。

由緒は知らないけど、おそらく結構な歴史を持つ重要な建造物なんだろうな。
photo:06






中に入ると白人、アジア人たちが切符売り場で列を作ってる。
後ろからも絶え間無く人がなだれ込んで来る。


観光地すぎる(´Д` )


塔の入場料は12トルコリラ。
500円。



古びたレンガ造りの外観とはうってかわり、エレベーターに乗って展望階へ。


ドアが開くとそこは洒落たカフェバー。
photo:07





夜はナイトクラブになるんだってさ。

どこまでも観光地だなぁ。





景色は綺麗でした。
photo:08


360℃ぐるりと回れて、海と海峡に抱かれたイスタンブールの地形を望むことができます。
photo:09



坂の多いイスタンブールは、街全体がゆるやかな丘陵で波打っており、見渡す限り隙間なく建物が密集している。
photo:10



みんなここで生きている。

それぞれの人生を。









さっきの釣りし過ぎ橋のこっち側は、オールドシティー側の凄まじい観光っぷりから様変わりします。
photo:11




塔の裏には静かなオフィス街が広がっていました。




しばらく歩くと、とても大きなショッピングストリートに出た。
photo:12



モダンでオシャレなお店が軒をつらね、綺麗に整備されている。


観光客らしき人の姿はあまりなく、どうやらここが地元の人のための中心地みたい。
タクシムっていう地域みたい。
photo:13




もう、すごい数の人々。
みんな楽しそうにショッピングをしている。


そうだよ!!今日は元旦だもんね!!


あああああ、
ソバ食いてえええ
おせち食いてえええええ
餅にチーズ巻いて醤油つけて焼いたやつ食いてえええええ
天領うどんの肉うどん食いてええええええ
あんパンが食いたああああい!!!
正月に食べた豚肉だらけの砂糖がいっぱい入ったスキヤキが食いたあああああい!!!
(ミチロウ風)





お腹空いたのでケバブ食べました。
そんなに美味しくないです。
ケバブの本場、トルコなのにケバブが美味しくないです。



ていうか基本イスタンブールのファストフードはそんなに美味しくないです。


トルコの食事に期待しすぎていたので正直ガッカリです。


もちろんレストランに行けばもっと美味しいものが食べられるんでしょうけど、レストランでそれなりの物を食べようとしたら、イスタンブールでは1000円以上します。

クソ高いです。




質、量ともにブルガリアのケバブが今のところ頂点です。



そしてトルコ人にはトロールが異常にウケます。
photo:14












それにしても、この道、100パーセント稼げるなぁ………

稼げるんだけれども、今度警察に見つかったらギター没収って言われたもんなぁ………







コーラを買ってきて路上に座りこんで行き交う人たちを眺めた。

ここからだと世界が変わって見える。





赤いシグナルが青に変わり
人々は一斉に歩き出す
ためらうことのない足取りが
僕を急かしているように見えた
路上で

みんな楽しそうにしてたから
俺も楽しんでるフリをした
だけど軽薄な笑顔たちの中では
痛みさえも忘れていくのかと思った
路上で

汚れた子どもたちが集まってきて
汚れた手を差し出した
気が向いたので笑って見たけど
みんながそれに顔をしかめた
路上で

見上げた空は汚れていたけど
とても綺麗だった





ジープスの子どもたちが集まってきて、トロルを見て大喜びしている。
路上に座ると彼らの視点になる。
photo:15



そのジープスとアジア人とトロルという不思議な組み合わせに、世界中から集まった観光客たちがカメラを向けている。

路上の貧しい者たちの笑顔に、生の喜びと悲しみでも見てるのか。

バカバカしい。




子どもたちは無邪気に写真を撮らせているので、写真を撮らせたらお金をもらわないといけないよと教えてあげた。

それが写真を撮るものの礼儀だからと。

もちろん教育なんか受けていない子どもたちは英語なんかイエスもわからない。

でも俺も高校生のころから路上で色んなことを学んだ。
いつも人間の色んな面を見ていた。

彼らもこれから路上で色んなことを学び、たくましく育っていくんだろうな。


生の喜びや悲しみなんてゴミ箱の中だ。
photo:16









路上から立ち上がると、世界が変わった。


さて、俺もせわしない人々の仲間入りだ。







タクシムからグルリとローカルなイスタンブールを見て回り、橋を渡ってオールドシティーに戻った。
photo:17



photo:20



photo:18




トルコ人釣りし過ぎ。
photo:19












元日のオールドシティーの中はやっぱり凄まじい人出。
photo:21




なんじゃこりゃ?
photo:22



photo:23





宮崎の一番街アーケード並みだね!!

photo:24



photo:25




ヒゲ書けばトルコ人になると思ってんじゃねぇぞ!!
photo:29











ショウヘイ君とご飯を食べに行った。
ケバブと紅茶とライスで10トルコリラ。420円。
photo:26




自分の考えをしっかり持っているショウヘイ君。
賢い生き方をしている。目標を見据え、それに向かって努力することができる男だ。
話を聞いていると、賢く快活で気持ちがいい。
でも、迷ってて情けなくて弱くて寂しさを感じられる男も俺は好きだ。
photo:28








宿に戻りなけなしの金でビール。
500mlで9トルコリラ。380円。

イスタンブールはホントに物価が高い。
しかも歌えないときてる。

エディルネで稼いだ金ももうすぐ底をつく。

明日ワクチンを打ってすぐに出発だな。



目の前の通りはレストラン通りで、お金を持った外国人観光客たちが歩き、それに各お店の客引きたちが声をかけている。

みんな世界中の挨拶の言葉を知っている。
慣れた客引き。
毎日毎日、ここにいれば世界中の人と会えるんだ。

世界の交差点だな。
イスタンブール。
photo:27











夜もふけ、通りから人がいなくなり、俺もカフェの中に入った。


「ブラザー、いいお酒あるんだ、内緒だぜ。」


他のお客さんも帰り、宿泊客たちも寝静まったカフェ。


そう言って棚から高そうなウィスキーを取り出してきたアロル。
photo:30



窓の外、どこのレストランも昨日とは打って変わって早めの店じまい。






パソコンがあったのでYouTubeで何か見ようかなと考えていたら、パッとこの曲が浮かんだ。

ビープルゲットレディ。

そういえばずーっと聴いてなかったな。あんなに好きな曲だったのに。
思い出が多すぎるから避けていたのかもしれない。

ロッドとジェフベックのあのセピア色のPVを見た。


ウィスキー飲みながらマジで泣きそうになった。



あれから何年も経った。
色んなことがあったなぁ。
これからも色んなことがたくさんあるだろうなぁ。



ふと思い出した時にまたこの曲を聴こう。




そんな元旦の1日でした。









ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。