久しぶりに眠れたなぁ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


12月26日 水曜日
【ブルガリア】
プロブディフ ~ カザンラク










目が覚めたら昼だった。



ああああああ!!!
ゆっくり眠れた…………


ホントに久しぶりにぐっすり眠れた………


気温も暖かく、テントの中でとても安心して眠れた。


おかげで体力全回復。


風邪も完璧治った!!




もう無敵!!!


今ならアドリア海泳いで渡れる!!
嘘!!
嘘だってばあああああ!!!!










元気満タンでメインストリートへ。
歌いさらして、金を稼いでから目的地のカザンラクに向かうとしよう!!





おーし!!

人、めちゃ歩いてるううううう!!!!!
photo:01





ピザ屋の姉さんに聞いたら、このプロブディフはブルガリア2番目の都市!!
40万人!!

しかも今日までクリスマス休みらしく、通りには家族連れやカップルが溢れかえってる!!!
photo:02






フィーバーの予感!!







早速路上開始!!!

人波に向かって片足の犬からスタート!!

うわあ!!みんなお金入れてくれる!!


えー!!こんなに稼げていいの?!

たった1曲で10レフ入った。



こいつは100レフいっちまうぞ!?


いやっほおおおおいい!!!!!!










警察ですよね。

パーミッション、パーミッションって、

そうですか、許可ですか。ええ、持ってませんよ。

稼げる街ではほぼ必ず警察に止められますね。




ああああああ、不完全燃焼おおおおお(´Д` )(´Д` )



「ほら、これが許可証なんだ。この時間にここで演奏していいよ、っていう指定をするんだよ。あそこに高いビルが見えるだろ?あそこで受け付けしてるから。無料で取れるから。」


「わかりました。取りたいです。」


「でも今日クリスマス休みだから明日来てね!残念!!」





…………………









うわあああん(´Д` )
せっかく完璧な街なのにいいい。

いつもこんな感じだよ。
いい街だなぁ、と思っても稼げなければ意味がない。






もうこの街には用はない。
とりあえず10レフは稼げたしな。

さっさとカザンラクまで行ってしまうか。







中央駅から1レフの市バスに乗り、やって来たのは町はずれにあるセベルという寂れたバスステーション。


そこで9レフのカザンラク行きチケットを購入。


やってきたバスに乗りこんだ。

photo:03








どこまでも続く真っ平らな原野の中、突っ走るバス。
ところどころ、ホルスタインがのんびりと草を食んでいる。
ブルガリアって雰囲気だな。
photo:04



photo:05








バスは標高を上げ、山を越え、小さな集落をいくつか通りすぎていく。

空の月が輝きを増していく。





そしてしばらくして、闇に包まれた谷間の町に止まった。


「カザンラクだよ。」






こんな山の中の町なら、どんなど田舎だろうと心配していたけど、ふーん、結構栄えてるやん。

photo:06


ビルも立ってるし、広場にはイルミネーションがまたたいており、プロブディフほどとはいかないが、それなりにたくさんの人が歩いている。


ブルガリアは地方自治、それなりにしっかりしてる。
photo:07











よし、歌おう。
この不完全燃焼のままではいられない。

イルミネーションが光る広場で早速ギターを鳴らした。




たくさんのカップルや家族連れが聴いてくれた。

サンタクロースにお金もらっちゃったよ。

久しぶりに地元の仲間に会えてよかったね、トロール。
photo:08








さらにホームレスのおじさんが似顔絵を描いてくれた。
上手い!!おじさん何者?!

しかも英語もペラペラ、フランス語もペラペラ。日本語も少しいける。

ホームレスの人ってたまにとんでもなく教養のある人いるよね。
堕ちる前はどんなすごい人だったんだろうって思う。
だからこそ、人生の難しさを教えられるよ。


あがりは35レフ。1800円。









地元の男の子に教えてもらった近くのレストランで晩ご飯。

せっかく稼げたことだし、ちょっと贅沢してみようと、こいつを注文!!



TEBASAKI!!!!



うおー!!手羽先チョーうめえええ!!!!
photo:09


ご飯クソまじいいいいい!!!!!


まぁ久しぶりの手羽先が美味すぎたので良しとしよう。

ビールもたらふく飲んで、13レフも使ってしまった。600円。


うん、誕生日、そしてクリスマス分の贅沢したな。
明日からまた節約の日々を送らなきゃ。








ネットにつないで町の地図を確認し、中心部からそんなに離れていない場所に緑の多い森を確認。

ここで眠れるだろうと狙いを定め、店を出て、寝静まった町を歩く。



ああ、気持ちいいな。
いい夜だなぁ。


でも、今日という日はこれで終わってくれなかった。


もうすっかり夜も更けてしまったというのに、この後、すっごいクリスマスプレゼントが待っていたよ。










こんな田舎町に来たのは、ただの当てずっぽうではなく、有名な遺跡があるから。

世界遺産の古代人の墳墓がこの辺りにあるという情報だけは入手していたんだけど、詳しい場所はわからない。

郊外にあるのか、近郊にあるのか。


いずれにせよ、明日起きてから人に聞こう。


10分ほど歩くと、さっき調べた森に辿り着いた。

小高い山になっているようで、夜の闇に長い階段が立ちはだかった。



うー、めんどくさいなぁ。

疲れて、しかも酔っ払ってるのにこんな階段登りたくないよ。




ふと、階段の前に看板を見つけた。

観光情報が書いてあるようで、どれどれと読んでみると、






なんと!!

目当ての遺跡はこの山の上にあるというではないか。

おいおい、バスに乗って行かなきゃいけないかなぁって覚悟していたのに、こんな簡単に見つけてしまったよ。


俺って最近冴えすぎだな、と夜の中で1人喜ぶ。





その階段の途中に感じのいいカフェバーがあった。

さっきの手羽先とご飯では全然お腹いっぱいになっていない。

もう少し何か食べたいなと、そのお店のドアを開けてみた。

うーん、贅沢。







すでに24時前。

お客さんはおらず、店員さんが片づけをしていた。


「あ、あ、あの、何か食べられますか?無理ですよねそうですよねわかってます変なこと言ってすみませんでした消えます。」


「いいわよ。どうぞ入って。」



快く招き入れてくれたおばちゃん。

あー、これあれかな、いつものカモがネギしょって来たよってパターンかな。

ボラれるいつものパターンか。


まぁ今夜は気分いいし、多少ボラれたっていいや、とテーブルに着いた。





おばちゃんと旦那さんに適当に注文をし、営業を終えた店内でチーズとパンを頬張る。
photo:10





おばちゃんと旦那さんが話しかけてくる。


どこで寝るんだい?
どこから来てるの?


いつもの何気無い会話。
photo:11











ご飯を食べ終わってお会計。

さあ、いくら請求されるかなー。

まぁさすがに10ユーロまではしないだろう。



しかしおばちゃんの口から出た言葉はこれだった。





「お金はいらないわ。それからホテルに部屋を取ったからそこで寝なさい。」






毎日クリスマスプレゼントの連続だ。

会う人会う人、みんなサンタさんだよ。

photo:12










ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。