ブルガリアの極寒の夜に

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


12月23日 日曜日
【ブルガリア】 ソフィア








ソフィアに向かうバスはただのワンボックスカーだったよ。

需要少ないんだね。






国境のカスタムでは、いつものようにろくなチェックもないんだけど、唯一聞かれたのが、タバコを3パック以上持ってないか?ということでした。
photo:01



楽勝。











朝、5時半にブルガリアの首都、ソフィアに到着。

バスターミナルはなかなか洒落ていて、バーやカフェがたくさん入っており、この時間なのにたくさんの旅行者で溢れていた。


みんな眠そうにベンチでうなだれている。


俺もそれに混じる。
ボロいワンボックスカーは揺れまくりでまったく眠れなかった。




バスターミナルを見る限り、ブルガリアって活気のある国なんだな。
バッグパッカーも多く、人気があるのがわかる。

どんな国なんだろ。

聞いた話ではヨーグルトのお風呂に入るらしいよ。
気持ち悪そう!!

ごめんなさい、嘘です。


ブルガリアのミニ情報!!

★首都……ソフィア
★人口……750万人
★言語……ブルガリア語
★独立……1908年、オスマン帝国から
★通貨……レフ
★レート……1ユーロ = 1.9レフ
★世界遺産……文化7件、自然2件


紀元前から文化が栄えていたようで、それらの遺跡が残っており、ようやくアジアっぽくなってきたなって感じだな。


様々な人種が混じりあい、ブルガリア人となり王国を作るが、オスマン帝国に滅ぼされ、1400年から500年間、オスマン帝国の支配下におかれる。


その後はまぁ東欧らしく、ロシアに乗っ取られ共産主義国となり、冷戦終了後はそれなりの経済成長を続けている。

が、他のヨーロッパ諸国の人たちが言っていたように、いまだヨーロッパでも最低ランクに貧しい国であることは変わりない。


安全な国、とは言えないこのブルガリア。
攻略開始。









今回もバスターミナルで換金した。
最近甘えてるなぁ。
15ユーロだけ換金して、後は路上で稼いで行こう。







photo:02


明るくなり始めた街に出て、どこかカフェを探して歩いた。




綺麗な街並み。
photo:03


大きな古い建物がズドンズドン建っている。
ソフィアは久しぶりの都会だ。






1時間ほど歩き回るとマクドナルドを見つけたので、ここでノンビリ。

うん、マケドニアのマクドナルドはろくなWi-Fi飛んでなかったけど、ブルガリアでは質のいいWi-Fiをゲットできる。

1ユーロのマキアートを飲みながらネット。
充電もバッチリできる。







日曜日の早朝、マクドナルドにはそんなに人もいない。

ブルガリア人たちが静かにコーヒー飲んでます。



静かにネットをしていると、いきなり変なオッさんが俺の前で立ち止まった。

身動きひとつせずにじっと俺を見つめているので、めんどくさいなこいつと思いながらハローと言うが、返事をしない。


なんだこいつラリってるのか?と思ったらいきなりガバッと体をかがめて俺に顔を近づけてきて、ものすごい秘密を打ち明けるような真顔で、声をひそめて僕にこう言いました。









「チンギスハン………」


でも僕は日本人です。
おはよう!ブルガリア!!




その後も久しぶりにスピードの早いWi-Fiに満足しながらインターネットを楽しんでいる僕に、ひたすら話しかけてくるオッさん。
ひたすら。


こいつ完全にラリってるな、と鬱陶しくてしょうがないですよね。



するとオッさんが立ち上がり、帰り支度を始めました。
やっとどっか行ってくれると思ったら、やっぱりこっちに来てブルガリア、ブルガリアグッドだよ、的なことをひたすら連呼して握手した手を離してくれません。



そして彼はおもむろに懐から財布を取り出し、なぜか僕に1枚の紙幣を差し出してきました。
これで何か食べな、みたいなことを言っている。

うわ!なに優しい人だったの?!
オッさんごめん!!ラリってるとか言ってごめん!!


笑顔でその紙幣を受け取ろうとすると、オッさん、手をスッと引っ込めてスタスタお店を出て行った。








……………てめーーー!!!!!!なめてんじゃねえええぞコノヤロウ!!!
なにこの気持ちどうすればいいの!?

やっぱりラリってんじゃねえか!!




いきなり楽しませてくれるブルガリアですね。








マクドナルドで日記を書いていると、連日の寝不足でウトウトしてきた。

こりゃいかんと、荷物をかつぐ。



一応首都なので、それなりに観光するところもあるようで、教会を3つ回りました。

あ、ブルガリアは9割がオルトドクス、正教会です。
あとはイスラムですね。


これと、
photo:04




これと、
photo:05




これ、
photo:06





建物の屋根が丸っこいのはロシアと同じで正教会の特徴なのかな。

カトリックはピューンってとんがってるもんな。


最後のアレクサンドルネフスキー大聖堂は、もうめちゃデカイ。
そして壁画が見事。
photo:07




聖堂の外にはたくさんの骨董の露店が並び、銀細工やアクセサリーをたくさんの観光客たちが眺めています。
photo:08




団体のツアー客も多く、久しぶりに観光地ってとこに来た気分。
バルカンではろくに観光しなかったもんなー。

ちなみにアジア人の姿はなし。
photo:09







サンタがギター弾いてた。
photo:10



せ、切ない!!





お腹空いたので適当にファストフード屋さんへ。

そろそろケバブの本場トルコが近づいてきたことだし、だいぶ本格的になってきてるんじゃないかなと、久しぶりのケバブを注文。

photo:11
















…………なんだい?こりゃ?
(ジャックハンマー風)




うめええええええええええええ
!!!!!!

今までのケバブがお遊びだったような美味さ!!

なにこれ?!!


あれですね。
ソープばっかり行ってたもてない男が、始めて出来た彼女とセックスしたときに、これが愛か、と感じるような感じですか?


どうでもいいけど美味すぎる。

値段、3.2レフ。
170円。

日本にあったら行列もん。





オルトドクスの国だけどムスリムも住んでます。

というわけで街の真ん中あたりに大きなモスクがあります。
photo:12



そしてその道路向かいにはちょんとバザールもあります。
イスラム名物、バザール。
photo:13



でもここのバザールは、スコピエのバラック市場ではなく、綺麗な建物の中にあります。

おしゃれなお店がいっぱい入ってて、食事も買い物もなんでもできるね、ここで。


暖房きいてるし、休憩スペースあるし、なんとWi-Fiまで飛んでるもんだから、ここで1日ノンビリできるね。

まぁそんなナイスな場所だからホームレスのたまり場になってるけど。
photo:14




臭え!!
お前ら臭え!!

あ、俺もか。テヘ!


パンツ洗いたいー(´Д` )
でも寒くて洗えないいい(´Д` )





イスに座ってゆっくり日記を書いていたら、さすがの寝不足でやっぱりウトウト………



こりゃダメだ。
もう今日は早めに寝よう。

外気温は-7℃。
やっべぇなあ。


明日は最低気温0℃にまで上がるみたい。
今日まで乗り切れば。
今日まで乗り切れば。






スーパーでビールを購入。
どれがカールスバーグの値札ですか?!(´Д` )
photo:15












街から歩いて30分くらいで大きな公園を見つけた。

真っ暗な林の奥に入って行く。

地面の氷で滑りながら、白い息をはきながら。

顔が凍てつく。




どこにテント張ろうかなと思っていたら、林のかなり奥に、ポツンと小さな東屋を見つけた。

もうここで寝てしまうか。




ベンチにマットを敷き、寝袋に潜りこむ。



寒い。寒すぎる。

全然温まらない。

体温が奪われていく。


野犬がそこらじゅうで吠えている。
かなりの数がこの林に住みついているようだ。


頼むから襲ってこないでくれよ。









その時、東屋の屋根の端から少しだけ見える夜空に、流れ星が光った。


シュッと落ちてすぐに消えた。




………あ、願い事。


願い事は………





ふと世界平和と思った。


世界平和て。

日本にいたら、願い事、世界平和です!!テヘ!とかいって冗談のネタでしか使われないような恥ずかしい4文字。



でも、ここ毎日、紛争やホロコースト、民族浄化の惨劇の地を回ってきて、今この4文字がものすごく現実味を帯びて俺の中にあることに、素直に驚いてしまった。




おそらく叶わない。
だからこそ流れ星なんて儚いものにふさわしい。





森の中の公園のベンチ。

ひとりぼっちの夜。
photo:16








ブログランキングというのをやっています。
ここをクリックするとブログ村というサイトに飛びます。
読み込みが終わると投票完了みたいです。
クリックしてくれるとこのブログのランキングが上がります。ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。