スロバキアいいとこですね!!

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


10月31日 水曜日


photo:01


ポーランド南部は雪に覆われている。


photo:02


のどかな山村がぽつりぽつりと寄り添い、煙突から煙が立ち上っている。

すべてが真っ白だ。




列車は国境の村、ズバルドンに止まった。無人の駅舎はボロボロ。数軒の民家があるだけの山奥の集落。
宮崎でいったら西米良みたいな感じ!!群馬だったら土合みたいな感じ!!

シャク、シャク、と雪を踏みしめると色んな冬の光景が思い浮かぶ。



photo:03


ここでスロバキアからやってくる列車に乗り換えるわけだけど、やっぱりパスポートチェックはないようだ。

ネットで調べたらスロバキアはビザの取得が必要で、現地で取れることは取れるけど時間と金がかかるから、あんまりスロバキア自体行く価値ありません、みたいなことが書いてあったんだよな。


たしかに、スロバキア最高だよ!!って言う人は今までいなかったな。
魅力的な話は聞かない。貧しい国だからジープスに気をつけてねってくらいだ。

そんな国にそんな手間と金をかけてもいいのか多少迷っていたんだけど、ビザ要らないんだったら予定通り行くことにしよう。

スロバキアの通貨がユーロに変わったのは2009年。
最近になって入国の規制も緩和されたのかな。
世界は動いている!!!
ロシア以来パスポートは眠ったまま!!!




乗り換えの列車がやってくるまで時間があったのでぶらぶら歩いていると、駅前に相当ボロい建物があって、そこに何やら服が並んでいたので入ってみた。



そこは!!!



古着屋だーー!!!


山村らしく、流行とは程遠いけど暖かそうな服が乱雑にハンガーにかかっている。

うおーーー!!!!

こんなの欲しかったってど真ん中のズボンや上着がナンボでもある!!!
暖かそうで、そしてそれなりにオシャレ。

スキーウェアみたいなやつから家着まで、作業着とかも。

店員さんというかただのおばちゃんが店番をしていた。
英語はもちろん伝わらないので身振り手振りで値段を聞くと、これが激安!!!
どれも20ズウォティとかそんなもん。
すげーー!!!
興奮して日本語で驚いてしまった。
運命を感じずにはいられない!!ここで服を手に入れるためにこの道を選んだんだ!!!
大げさ!!!



嬉しくて試着しまくってると、おばちゃんが、それは似合わないね、それはなかなかいいんじゃない、と表情で反応を示してくれる。
おばちゃんの反応が1番良かったズボンと上着を買った。
ズボンが20ズウォティ。
上着が30ズウォティ。

2つで1250円。

もちろん古着なので内側の生地が破れたりしてるけどそんなん気にならない!!

こういうの待ってたんだ!!

昨日H&Mで買わなくてよかった(^-^)/


うわー、めちゃ暖かいやん。
ちょっと汗かくくらいだよ。
もうこれで無敵だ。

おばちゃんありがとう!!!




スロバキアからやってきた列車は予想に反してとても綺麗でモダンだった。
ポーランドの列車めちゃ古かったもんな。

おー!!各シートにコンセントがついてるじゃないか!!!!

やるなスロバキア!!!


さてここでスロバキアミニ情報。

みんな!!スロバキアっていったら何?!(^-^)/






何ひとつ浮かばない(´Д` )




★人口500万人
★スロバキア語
★ユーロ
★首都はブラチスラバ
★スラブ人の国なのでスロバキア
★世界遺産、文化遺産が4件。自然遺産が2件。
★人種は白人
★北海道と同じかちょっと小さいくらい



こんなとこ。
たしかに目立つものは無し。
中部に世界遺産のお城があって、それが唯一有名なくらいか。
観光客にとってはつまらない国だな。

ハンガリー王国の支配を受け、北部ハンガリーと呼ばれる時代が長く、その後オーストリア・ハンガリー帝国の領地となり、戦時中はドイツの保護国で、大戦後はソビエトに占領される。

冷戦終了とともに1989年になってようやく共産体制が崩壊。1993年にビロード離婚ってやつでチェコとの連邦が解消されて、晴れてスロバキアとして独立って流れか。


チェコスロバキアって国名は俺の年でも慣れ親しんだものがある。
俺が生まれた時代はまだまだ冷戦の真っ只中だったんだよな。

避けては通れない歴史。







列車は17時にスロバキア第4の都市、ジリナに止まった。
すでに外は真っ暗。



駅を出ると、目の前にナイスなショッピングストリートがのびていた。

おー!!!こいつは稼げる匂いプンプンの街だ!!

ショッピングストリートを歩いて行くと、綺麗な広場に出た。一角には白亜の教会が夜空にライトアップされている。
photo:04



きらびやかなデパートや大型の街頭モニターが広場を照らしている。

なーんだ、スロバキアって他と変わらない文明国じゃん。

マクドナルドのある広場からの階段を上がっていくと、蜘蛛の巣のように露地の入り組んだ旧市街があり、そこにもたくさんのバーやレストランが並び、古びたバラックの市場通りもある。


なんだよなんだよー。
この町最高じゃねぇか。




広場を歩いていると、教会の入り口に人だかりができているのが見えた。
なんだ?と覗いてみると、ちょうどミサをやっているところで、入りきれない人が入り口に溜まり、教会内の人たちと同じように膝をつき、そして祈りの言葉を捧げていた。

なんだ?平日の夜でもミサってやってるんだな。

スロバキアはカトリックの国。
敬虔な信者たちが多いんだろうな。






ご飯を食べに適当にファストフード屋さんへ。

安っしぃ!!!
photo:06



太いソーセージやハンバーガーが1ユーロだと!!!!???
ドイツじゃ3ユーロはするぞ?!


揚げ物とポテトとサラダのプレートがたったの3ユーロ!!!


今までのユーロ圏の半額!!

嬉しすぎる!!!


調子に乗ってビールも注文。

500mlのビールが1ユーロ。

アル中確定(´Д` )(´Д` )(´Д` )
photo:05




しかもWi-Fiもある。



テレビでは、ものすごく懐かしいことにシンプソンズが流れていた。


チェコ語のシンプソンズ(^-^)/(^-^)/
photo:07



何言ってるかわからないけど、シンプソンズのブラックでわかりやすい内容に1人で大笑いしながらビールを2本も飲んだ。


あー、いきなりめちゃいい町だな。スロバキア。
入国した瞬間こんなに落ち着かせてくれるなんて、これはもう相性だな。ポーランドは色んなことあったけど、相性悪かった。




酔っぱらって店を出た。

寒い。

けどさっき買った服のおかげでまったく辛くない。
あてのない夜にかわりはないけど、今夜は夜が俺の味方に感じる。

前途洋々!!!


スロバキア一気にいくぞーーー!!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。