オーストラリア到着

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3月27日 木曜日
【オーストラリア】 シドニー






機内のモニターが飛行機がどこを飛んでいるのか表示している。

ニュージーランドの上を通過し、オーストラリア大陸にさしかかった。




世界には6つの大陸があると言われている。

ユーラシア、アフリカ、北米、南米、オーストラリア、そして南極。


大陸か島かという基準はオーストラリアよりも大きいかどうかで決まるとどこかで聞いたことがある。


これでついに5大陸目だ。






飛行機はガタガタと揺れながら高度を下げ、滑走路に着陸した。

一気に緊張が高まる。

俺はオーストラリアに入れるのか。





オーストラリアといえばアメリカやカナダと同じような先進国。

出国チケットを持っているか、滞在に必要なお金を持っているか。

まず間違いなく確認される。

俺はどちらも持っていない。お金なんて200ドルくらいしかない。


でも電子ビザのイータスは取得している。


どうなんだろう。入れるのか………
入国拒否なんてシャレにならんぞ。








ドキドキしながら飛行機を降りて建物の中へ。
通路を進んでいくと、いきなり入国のイミグレーションカウンターが現れた。

ちょ、ちょっと待って!!
まだ心の準備が!!!




ゲロ吐きそうになりながら外国人用の通路に並ばされる。

手に持っているのはパスポートと飛行機の中で渡された入国カード。

まぁどこにでもある内容を記入するだけなんだけど、税関のチェック項目は少し多い。



食品は持ってるか、植物は持ってるか、種子を持ってるか、

30日以内に農場に行ったか、動物と触れ合ったか、大自然の中に行ったか、


などなど。


もちろん全部NOにチェックするだけど、最後の項目が、



6日以内にアフリカや南米にいたか、というもの。



Yesでしかねぇ。




まぁでもこれがダメならこの飛行機に乗ってきた人全員ダメなので大丈夫だろ。

あとチェック項目の中に、250本を超えるタバコを持ってきてないか、というものがあった。
じゃあ250本以下は持ってきていいんじゃねぇか!!!
オーストラリアのタバコ死ぬほど高いって話なのに!!アルゼンチンで1ドルのタバコしこたま買い込んでくればよかった!!!(´Д` )





とまぁそんな入国カードを手汗で濡らしながら爽やかアジアンボーイの表情で列を進む。

そしてついに俺の順番に。

ゲロ吐きそう!!





「お、お、お、オラー、じゃなかった、ハロー。」



「…………」



チラリとこちらを見るだけで何も言わない審査官のお姉さん。

パスポートをパラパラめくっている。


「6日以内に南米のどこにいたの?」


「アルゼンチンです。」


「…………」












バスン!!





はい、イミグレーション終わり。

え、あれ?出国チケット持ってるかとか聞かないの?金はいくら持ってるのかとか、早漏なのかとか。



マジ2秒。





で、でもここからだ!!
オーストラリアは税関が厳しいとの話。


荷物を全部ひっくり返されて全てくまなくチェックされるはず。
テントとか、テントについた砂とかまで厳しく追及されるみたい。

俺はそんな突っ込まれるものは持っていないはずだけど、知らないうちに変なものが混入していないといいけど………





ベルトコンベアーで荷物をピックアップし、通路を進むとチェックポイントに到着。
俺のパスポートと入国カードをしげしげと見つめる女の人。
トロールをチラリと見る。

やべ!!その汚くて気持ち悪い人形はなんだコノヤロウ!!とか言われる!!



「6番通路を進みなさい。」



目の前には1から6までの入り口が待ち構えている。

地獄の入り口じゃねぇだろうな……とドキドキしながら6番に入る。


歩きながら見ていると、他の入り口に入った人たちは厳重な荷物チェックカウンターへと続いている。

6番てゴミ回収ゲートじゃねぇのか!?
1番厳しいところじゃないのか!!??











通路を進んでいくと空港のロビーに出た。


え?あ、あれ?

ま、間違った?


近くの職員さんに6番の鬼殺しチェックカウンターはどこですか?と尋ねる。


「6番?チェックなしだよ。じゃ、バイバイ。」


ポカーンとロビーに立つ。

え?終わり?



そう終わりです。

オーストラリア入国完了。














photo:01



勝利の葉巻。

クソまずい。







やったああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

片道入国もぎとったぞおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!







えーっと、じゃあとりあえず街の中心部へ行こう。

ここはシドニーってのは分かってるけど、空港と街がどれくらい離れてるのか皆目見当もつかない。

まぁだいたいどこも空港から街ってのはバスで2ドルくらいのもんだ。

高くても5ドルもしないだろう。



「オラー、じゃなくてハロー。街までどうやって行けばいいですか?」


「電車が17ドルよ。」


「へー安いですね!!1.7ドルですか!!オーストラリア最高!!マジカンガルーとかヤベッス。はぁあ17ドルウウウウウウウ!!!!!!!????」


頭おかしいんじゃねぇかコノヤロウ!!!

なんか時間見たら15分でセントロ、じゃなくてシティーセンターって書いてるじゃねぇか!!!

15分の距離が17ドルってカンガルーなめんなよ!!!!


「バスなら15カンガルーよ。」




へほへ……………

じ、冗談ですよね………?


たかがそこまでの移動で15カンガルーとか南米の人に謝ってもらっていいですか?



そ、そうか!!
レートだ!!

きっとレートが安くて1ドルが20円くらいなんだ!!
てことは17カンガルーで350円くらいのもんだよね!!

そっかそういうことか!!

早速そこらへんの換金所へ。





photo:03



はい、30アメリカドルで29カンガルー。
ほぼ変わらん。



オーストラリアって物価高いよとは聞いていたけどまさかここまでとは…………

震える手で15カンガルーを払って南米なら大統領が乗るようなレベルのピカピカのミニバンに乗り込んだ。










「ヘーイミスター、ここがセントラルステーションだぜー。ホテルには行かなくていいのかい?」


「あ、ここで大丈夫です。」


運転手さんが陽気に俺の荷物を降ろしてくれる。

今までラテンアメリカで英語喋ってくれよーってさんざん嘆いていたのに、いきなりネイティブな英語すぎて逆にすごく聞き取りにくい。





走り去るバンを見送る。

取り残される俺。

目の前には信じられないような巨大なビルが空をジグザグに切り取っていた。

photo:02



ひっきりなしに行き交う高級車、ブランド物で着飾ったパーティーに行くんですか?っていう人々、ゴミひとつ落ちていない道路、ショーウィンドウとカッコいい看板。

photo:04





あ、あれ?爆音で垂れ流されるラテンの音楽は?

バンパー取れかけのオンボロ車は?

ゴミだらけで野良犬が交尾してる歩道は?

俺のことをジロジロ見てジャッキーチェン!!とか言ってくる人たちは?







誰も俺を振り返らない。

当たり前だ。俺はただここに立ってるだけだもの。

でもなんで話しかけてこないんだよ?

わけわからないスペイン語でニコニコ話しかけてきて優しく肩を叩いてこないのかよ?


と、とりあえず街の中心部へ行かなきゃ。





あ、その前に何か飲み物を買おう。
喉乾いた。


photo:05



photo:06




う、嘘だろ……?

水が300円以上する………


ポケットの小銭を握りしめて店を出た。









photo:07



重たい荷物を抱えて歩く。

人通りが半端じゃなくて、誰もが足早に先を急いでいる。


iPhoneをいじりながら歩く人、イヤホンをして無表情に歩く人、


な、なんだよこれ………

なんだこの希薄な空気は。

この無機質な人工物の街の中、まるで人さえも同じビルの一部みたいに生気が感じられない。

笑って歩く人々のその笑顔も作り物のように見えてくる。



photo:08



空はどこまでもビルがそびえ、信じられないような大きさのガラスが通りに面しており、中を歩く人々を見ることができる。

ズラリと並ぶ飲食店の多さ、隙間ひとつないタイルの歩道。

アジア人、インド人、イスラムの女の人、ものすごくたくさんの人種が行き交い、何が本物なのかまったくわからないけど飛び交う言葉は流暢な英語。



たまらない。

息苦しくって俺の歩くスピードも上がっているような気がする。







カナダを思い出す。

あの芳醇な歴史をたたえたヨーロッパから北米のトロントに着いた時の変わりよう。

全てが新しく、薄っぺらく、入れ物だけはとてつもなく大きくて、そこにいる意味を見出せなくなりそうなほどだった。


少しはそんな北米に慣れたものの、すぐに中南米に入り、あのいきいきとした生気に満ちた人々の中で生きてきた。

人間臭さの塊のようなラテンアメリカの人たち。
彼らの暮らす町もまた生き物のように人々を飲み込んでいるようだった。



今、このオーストラリア、シドニーという世界屈指の大都会に立ち尽くし、虚無感だけが体全体を包む。

すげぇ、これがカルチャーショックか。

photo:09










あまりの冷たさに逃げ出したくて歩く。
こんなとこ人の住む場所じゃないとさえ思える。
魂がまったく感じられないよ。



でも………負けるわけにはいかないんだよ。

ここもまた地球の上だし、これも旅の一部。
今まで通り、旅をしていかないといけない。
こんな街の中でもやるべきことは分かっている。



マーチンプレイスっていう巨大ビルが並ぶ足元のストリートにたどり着く。

地下道を見つけ、そこに降り、きらびやかな通路でボロボロのギターを抱えた。

心細い。不安ばかりが胸に迫る。
ここはもう南米ではない。


でもやるんだ。
やらなきゃ何も始まらないぞ。











30分後。






立ち止まってくれた人、ゼロ。






拍手、もちろんゼロ。




人だかり?言うまでもなく。






足元には数枚のコイン。

しかしそれを数えてみると10ドルほどあった。

ほんの数枚なのに入れてくれる単価がでかい。





途中警備員さんに注意され、向こうの方なら自由にやっていいよと言われ場所を移動。

しばらく歌ったがここは何も言われないみたいだ。




喉の調子はいい。
綺麗に歌える。

場所も申し分ない。




しかし誰も足を止めない。

人々は何かに追われるように歩いていく。

どんなにいい声だと自分で思ってもこちらを見もしない。

通り過ぎる瞬間に真顔でコインを落として行くだけ。

ありがとうと言っても、その時にはもう歩き始めた背中しか見えない。

歌っている自分が壁の模様の一部になっているかのように思えた。




photo:10



2時間歌った。

足元には4枚の5ドル紙幣とそれなりのコイン。



ギターをしまって地下道から地上に出ると、すっかり街は夜になっていた。


アスファルトに足音を響かせながら歩く。
明かりのついたビルが空高くのびている。
その先に見える夜空には南米で見た星は欠片もない。











どこまでも歩いた。

街から逃げるように、ひと気のない暗い方へ。

そして2時間ほど歩き回ったころに、湾に面した公園を見つけた。


体を熱気が包み、汗がしたたる。
足も腕も肩も悲鳴をあげている。


音のない暗い公園の中、犬の散歩をする人の影が動く。







奥へ奥へと入っていくと公衆の水飲み場があった。

頭にかぶると火照った体が冷えていく。

そしてすぐ横にベンチを見つけてそこに荷物をドサリと置いた。








photo:11



目の前には暗い湾が広がり、そのすぐ無効に巨大なビルがそびえ立っている。

その先にはライトアップされた大きな橋と何かの変わった形の建造物が夜の中に輝いている。




ぼんやりと眺める。

胸ポケットを探るがタバコはない。

静かな公園の中、どこからかオペラの歌が聞こえ、歌が終わると拍手がしばらく鳴り止まなかった。







どこにも居場所なんてない。

まったく知らない新しい国、新しい大陸。

寄り添うものがなにもない。
心細くて周りを見回す。

お腹空いたな。






さっき稼いだコインを数えた。

56ドルある。


コインを握りしめる。

この金額だけが俺がここにいる証明。




ここはもう南米じゃない。

オーストラリア編スタートだ。

photo:12



photo:13









いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

この旅最大のバカ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3月28日 金曜日
【オーストラリア】 シドニー





ガサガサ………ガサガサ…………






ガサガサガサ!!!








「うわああああ!!!」



一瞬で目が覚め、声をあげて飛び起きた。



泥棒だ!!荷物をあさってる音!!


眠気が吹っ飛び、緊張と恐怖で身体中の毛が逆立つ。

真夜中の公園のベンチ。周りには誰もいない。


ガバッと体を起こして荷物を見た。







こんばんはー。

photo:01






お、おお、お前、何してんだ(´Д` )

枕にしてるバッグをガリガリこじ開けようとしているなんか変な生き物。


でけぇ!!
ちょっとしたネコより大きい!!



「うわああああ!!!あっちいけええ!!!」


怖くて直接叩けないので、ベンチをバンバン叩くけどガン無視でバッグをガリガリやってる変な動物。

photo:02




この野郎……と写真撮ってやったら、フラッシュに驚いたのか何も持ってねぇじゃねぇかと思ったのか、ノソノソ去っていきました。




はぁああ………久しぶりの野宿でいきなりこんなネタいらねぇよ………











photo:03



次に目を覚ますと、目の前の歩道をたくさんの人たちがランニングしていた。

おお、この異常なまでの朝のランニング、欧米の象徴だな。




photo:04



寝袋をたたみながら、湾の向こうに並ぶ摩天楼を眺める。


あれに立ち向かうのか。

こんなボロボロのギターだけで。

不安で押しつぶされそうになりながら荷物をまとめ、ベンチを後にした。










公園の中に公衆トイレがあったのでそこでまずは顔を洗いシャンプーをする。

おお………久しぶりだな、この蛇口の下に頭を持っていく感覚。

ていうか蛇口からお湯が出てくるんですけど?すげぇ………


そして荷物が多すぎてバッグに収まらなくなってきていたので、何か捨ててしまうことに。


そして選んだのはこれ。

photo:06



フィンランドでオンニと一緒に買ったH&Mのニットとジーパン。


ああ、このニットずっと着てたなぁ。

もうボロ雑巾みたいになってたけど、まだ着ていたかった。

また戦友がいなくなった。








雨が降る公園を抜け、街へと向かう。

そそり立つ高層ビルがとても窮屈に感じられる。

photo:05



地下、地上、中二階、スロープ、ガラス張り、

もう全てが迷路すぎて自分がどこを歩いてるのかわからなくなる。

photo:07



photo:08








とりあえずお腹が空いたので、そこらへんにあるセブンイレブンに入った。

カップラーメンくらいなら安いだろう。



photo:21




はい400円。

バカ?イースター島はるかに超えてるとかバカ?




じゃ、じゃあコーラを………




400円。

ここマチュピチュ?






せ、せめて水を!!





300円。

ここ砂漠?






仕方なくカップラーメンと食パンを購入。7カンガルー。700円。


コーヒーディスペンサーでお湯を入れてコンビニの前で立ち食い。

雑誌からそのまま出てきたようなオシャレにもほどがあるレディース&ジェントルマンがゴキブリを見る目で見てくる。




よーしよーし、なるほどね。

ついおとといまでアジア人だ!!お金持ち!!と思われていたのに、今は完全に貧民を超えてゴミです。

photo:09




周りにはジェニファーロペスとジョージクルーニーみたいな人ばかり。

いいもん、別に。カップラーメン美味しいし。
あ、麺を吸ったらスープがほっぺたについた。いけね。






ほおおおおおおふふうぅぅぅ………


大丈夫、俺大丈夫だぞー………
そんな変じゃないぞー………

中米の人たち思い出せ。
5人に1人くらいメッシのユニフォーム着てたじゃないか、オシャレ着で。

カッコいいスーツ着てるからって偉くないもん!!









泣きながらカップラーメンを食べて、街を歩く。

そしてマクドナルドの前でWi-Fiを繋いだ。

別に南米でもWi-Fiはそこまで困らなかったけど、この大都会ではマジでどっこにでもフリーWi-Fiが飛んでいる。

いくらでも繋ぎたい放題だ。







実は数日前からある人とメールのやり取りをしている。

イクゾウ君という若者。

彼も旅をしているんだけど、なにやら俺に会うために先回りして今シドニーにいるらしく、今日待ち合わせをしているのだ。


ギターを弾くみたいで、このシドニーで路上演奏をやって稼いでるみたい。

どんな人かわからないけどとりあえず会ってみよう。









photo:10



昨日歌ったマーチンプレイスへと向かう。
ビジネス街の中に伸びるストリートにスーツをビシッと着た人々が行き交っている。

俺ういてるなぁと思いながら歩いていると、そのサラリーマンたちの中に俺よりもういてる1人の日本人を発見。


大きなバッグとギター、頭にタオルを巻いて、どっからどう見ても血迷ってるやつにしか見えない。

あ、俺もだ。






「うわ!!うわ!!すげー金丸さんだ!!はじめまして!!イクゾウです!!すげー!!」


まだ若者のイクゾウ君は22歳。

俺に憧れてギター持って出てきたんです!!と言ってくれる。



実はこのイクゾウ君、1年ほど前に俺にメールをくれていたみたい。

ギター持って旅したいんです!!という内容だったんだけど、結構そういうメールはたくさんもらうので覚えていなかった。



「うわー……会えたー……俺日本からオーストラリアに最初に来たんですけど、この2ヶ月マジで死にかけだったんっす。」


「え?日本出る時に持ってたお金は?」


「いやー、ちょっと手違いがあって2千円しか持ってこれなくて……」


「2千円!??!」


「金丸さんが根性とギターと寝袋があれば楽勝ですってメールで言ってくれたからそう思ってきたのに全然楽勝じゃないんですもん。」


「………で、でも!!路上で稼げなかったの?ギターは何年やってるの?」


「9ヶ月っす。」


「う、う、うん………それで路上演奏はどれくらい経験あるの……?」


「え?ないです。オーストラリア着いて初めてやったっす。レパートリー9曲っす。」


「………………」


「金丸さんが楽勝って言ったから。でもまったく稼げなくてご飯食べられないしベンチで寝てたら雨降ってくるし、3日目に所持金2ドルになった時マジで楽勝じゃないじゃないですかってメールしようと思いましたもん。」








ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク(´Д` )



こ、こいつバカだ(´Д` )


度を超えたバカだ(´Д` )





「もう2ドルになった時に、俺終わったと思ってふっきれて、なぜかそこから稼げるようになったんすよ。3日目に初めて5セント入った時、曲ストップしてギターケースの中の5セントずっと見てましたもん。」



話があまりに面白くて、大爆笑。
いやー、なかなかのクオリティのアホです。




「そ、そうか……俺そこで今から路上やるよ。」


「マジっすか!!ちょっと見てていいっすか!?俺マジで金丸さんのYouTubeの再開回数の半分自分っていう自信あるっす。」


「そ、そう、ありがとうね。あ、トイレ行きたいなぁ。」


「トイレっすか?そこの通路入って右に曲がってフードコートの中にあります。あとは向こうの通りのビルの中か、あっち側にマクドナルドがあります。」




すでに1ヶ月シドニーにいるというイクゾウ君。
この街のことを完璧に知り尽くしている。



「ところでイクゾウ君はどこのホテル泊まってるの?」


「自分野宿っす。もしよかったら僕の家行きますか?マジで完璧の場所なんで。旅のプロの金丸さんにまだ旅始めて3ヶ月の自分が言うのもあれっすけど。でもオーストラリアの野宿情報なら何でも聞いてください。あ、あととりあえずホームレスシェルターがあってそこでシャワー浴びられます。んで街のあちこちで炊き出しもあるんで時間帯で場所が違うんで全部教えますからうんたらかんたら…………」




この男、すげえ(´Д` )

捨てるものゼロってこういうことを言うんだ(´Д` )


野宿と路上演奏で最底辺を這いずって生きている。
俺とまったく同じだ。




「あ、そこのトイレって有料?」


「え、なんすか?トイレが有料ってどういうことですか?」


公衆トイレが有料というのは世界の常識。
そんなこともちろん知らないイクゾウ君。

この男のゼロ具合、半端じゃねぇ。









てなわけでキラキラした目でイクゾウ君が見ている中、昨日と同じマーチンプレイスの地下道で路上開始。

カッコいいところを見せたいんだけど、やはり人は足を止めない。
まったくもって止めない。

これまでの南米が嘘だったかのように全員素通り。
見向きもしない。

高そうな服を着た人々が足早に行き交う。



しかしお金はパラパラと入っていく。
地下道は声が響くので、向こうの方から歩いてきた人が俺の前に来た時にポトリとコインを置いて行く。

しかし足は止めない。

ありがとうと言っても、一瞬ニコリとするだけですぐに背を向ける。

んー、人との触れ合いがまったく発生しない…………




「いや、すごいっすよ金丸さん、やっぱりさすがっす。俺なんて5時間歌って30ドルいけばいいくらいです。金丸さんまだ2時間経ってないのに50ドルくらい入ってるじゃないですか。いやー、やっぱりすげえ。」



お金の入りは悪くない。
オーストラリアには2ドルコインがあるのでそれがバンバン入るし、中にはポケットの中のコインを無造作に掴んで金額を確認もせずに入れていく人もいる。
3ドル4ドルなんて当たり前に入る。

やっぱりオーストラリアの金銭感覚恐ろしいわ。








俺もいつもの場所に歌いに行ってきます!!と歩いて行ったイクゾウ君。


それからも数時間歌い、20時くらいまで頑張って人通りが少なくなってきたところでギターを置いた。


あがりは91ドル。
悪くはないが、この国だったらもっといける。
オーストラリアでの目標は1日100ドル。
20万はためてやるぞ。








photo:11




シドニーのメインストリート、ジョージストリート。

高層ビルが立ち並び、高級なブランドショップからファストフード店まであらゆるお店がどこまでも連なり、まともに歩けないくらいのたくさんの人が行き交っている。

photo:12



大きな荷物を持っていると歩きにくいことこの上ない。









そんなジョージストリートの真ん中にウールワースという大きなスーパーマーケットがある。
タウンホールと呼ばれる駅があるこの交差点が1番シドニーで賑やかなところだとイクゾウ君が言っていた。



そんな人でごった返すウルワースの入り口の横にギターを抱えて声を張り上げているイクゾウ君を見つけた。

photo:13






その歌とギターは……


お世辞にも上手いとは言えない。

ギターは始めて10ヶ月でストロークとローコードしか弾けない。歌はまだまだカラオケのレベル。

そして卒業写真とか翼をくださいなどの初心者向けの弾き語り曲を歌っていた。もちろん日本語で。


田舎の駅前にいる若い路上シンガーを思い出すその雰囲気。

バッグパックの前にギターケースを置いて、真剣に声を張り上げる姿がとても懐かしく見えた。

photo:14





初めての路上演奏が海外で、まだ3ヶ月しか経っていない。

俺は日本でもやっていたからある程度の勝算はあった。

でもイクゾウ君は何も持たずにやってきている。
これからどんどん磨かれていくはず。クソ度胸はマジで半端じゃねぇな。








「いやー、今日調子良かったっす。20ドルいってるはずです。やったー。」


路上を終えたイクゾウ君と晩ご飯に行くことに。


「どこか美味しいとこ知ってる?安くて。」


「あ、いいとこ知ってます。ラーメンでいいですか?」



えー?ラーメンかよー。ラーメンとか全然食べてないからもうどんな味だったかあんまり覚えてないっていうか、俺そんなにラーメンとか、



ラーメンだとコノヤロウ!!!!


俺をおちょくってやがるのか!!
この物価のクソ高いオーストラリアでラーメンなんか食べたら間違いなく10ドルオーバーだろうが!!

イクゾウ君も20ドルしか稼いでないのにそんなラーメンとか食えるわけねぇだろ!!








photo:15



醤油ラーメン、3.9ドル。


ぎゃあああああああああ!!!!!!
美味えええええええええええ!!!!!!!

なんの変哲もない醤油ラーメンだけど美味えええええええええ!!!!!



「安いとことかそういう情報なら任せてください!!」


うおう!!イクゾウ!!でかした!!





ちなみにこのラーメン屋さんの店員全員日本人です。

photo:16



建物の中が全て日本料理店という日本人ビルで、居酒屋さんとかがたくさん入っています。

他のお店はハイパー高いので僕らは立ち入り禁止ですけどね………


ラーメンを食べながら2人で食パンをかじった。









「それじゃあ、僕の野宿場所に行きましょう。めちゃくちゃいい所っすから。」


イクゾウ君について2人で街を歩く。
きらびやかな街の灯りが降り注ぐビルの間を縫いながら。

photo:17





野宿場所っていってもなー。
俺が昨日見つけた場所も悪くないし、まだ日本を出発して3ヶ月経ってないやつが俺に野宿ポイントを紹介するなんて10年早えっていうかすげええええええええええええええ!!!!!!!!!!!


photo:18





「ちょっ!!何これ!!半端じゃねぇ!!」


「マジヤバイっしょここ?」


ハーバー沿いの丘を上がっていったところにある公園。
その真ん中に展望小屋がイクゾウ君の野宿ポイントだった。


大きな空間、屋根、そして地面は人工芝でクッション抜群、

なによりこの夜景はどういうことだーーー!!!

photo:19




シドニーの湾にかかるハーバーブリッジとノースシドニーの高層ビル群が一望できる最高の場所だ。



「もうここに1ヶ月いますけど何も言われないし、朝も散歩のおばさんとかがグッドモーニングって起こしてくれるんすよ。マジ完璧ッスよ。」


そんな人工芝の上で裸足になって寝転がる。
出会いを祝してビールで乾杯。
オーストラリアはなんでも高いけど、ビールは350mlが200円ちょいで買える。


こんな夜景を見ながらビールなんて最高すぎるぞ?







感動しながらビールを飲んでいると、そこに1人のおじさんがやってきた。

ヘーイとイクゾウ君が挨拶する。
どうやらここの野宿仲間みたい。


おじさんはインドネシアから来てる出稼ぎの人で、たまにここに寝にくるんだそう。

話では部屋が高すぎて借りられないんだとか。


「俺の仕事は1日150ドルもらえるんだけど全然足りねーんだー。」


「え!?150ドルってすごいじゃないですか!!足りないことないでしょ?」


「全然足りないよ。部屋を借りると300ドルはするんだぜ。普通で400ドルだ。」


「いやいや、すごく安いじゃないですか。」


「月じゃないよ、週300ドルだぜ。オーストラリアはとても厳しい国だよ。」



週300ドル!!
月12万じゃねぇか!!
そりゃ足りないよ………



「金丸さん、すごいっすね、英語ペラペラじゃないですか。イナフってどういう意味っすか?何言ってるか全然わかんないんすけど。」



い、イクゾウ君……よくその英語力で3ヶ月生き抜いてきたね(´Д` )


何言われてもまったくわからないのでいつも、イエー、って空返事してるらしい。

この男面白すぎる(´Д` )

photo:20








ビールを飲み、ホームレスのおじさんと3人で人工芝の上に横になる。


いやー、気持ちいい。

きっとホテルに泊まって見るよりもこの夜景は格段に綺麗に見えてると思う。


シドニー生活、楽しくなりそうだ。









いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

大都会の冷たさ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3月29日 土曜日
【オーストラリア】 シドニー






「金丸さん、おはようございますー。」


photo:01




目が覚めると隣に髪の毛ボサボサの変なやつが眠そうな顔で座っている。


そう、イクゾウ君。

久しぶりの野宿でしかも仲間が出来て嬉しいよ。



「いやー………お腹空いたなぁ……うわっ!!ゴキブリ!!あっち行けえええええ」




な、涙が(´Д` )

貧しすぎて朝から涙が(´Д` )






photo:02



ゆうべの綺麗な夜景を見せてくれたシドニーの街が朝の太陽を受けて輝いている。
まるでジオラマみたいに壮大な人工の街。

荷物をまとめ、そんな巨大な資本主義の街に突入だ。







「金丸さん、まずはどこ行きたいですか?」


「んー、とりあえず身だしなみを整えたいからどっか公衆トイレある?」


「分かりました、自分がいつも行くところがありますから。そこで顔とか洗いましょう。」


photo:03




この街の全てを知り尽くしているイクゾウ君。

まずはショッピングモールの中のトイレへ。
まだほとんどのお店が閉まっているので人が全然いなく、ゆっくりと歯を磨く。



「金丸さん、シャンプーする時ってどうやってやってます?俺蛇口の下に頭が入らないんすよ………」


「え?これくらいなら十分洗えるよ。手で後頭部を押さえて水を溜めながら洗うんだよ。」


「ま、マジっすか、やってみます。」



めちゃくちゃ綺麗なトイレの中、蛇口の下に一生懸命頭を突っ込んでいるイクゾウ君。


photo:04



ま、貧しすぎる………




「ちょ、金丸さん何写真撮ってるんすか。うわー、この姿親が見たら泣きますね。旅つれー………」



あまりの面白さに写真を撮る。
まぁ俺もこう見られてるんどけどね。人がやってるところ見ると爆笑が止まらない。



「いやいや、オーストラリアすごいよ。お湯が出てるじゃん。普通冷水だからね。冬にこれやったらなかなかキツイよ。」


「旅全然楽勝じゃないじゃないですか。話が違いますよ………」





photo:05



1ヶ月街を彷徨い続けたイクゾウ君なので、もはや完璧なるライフサイクルが出来上がっている。

身だしなみを整えたら、その足でセブンイレブンに行き、横の階段に座ってコーヒータイム。
1ドルのカプチーノが固い階段に良く合う。

photo:06





ちなみにオーストラリアではマルボロが1箱22カンガルーとかします。2200円。バカにもほどがある!!!!



「いやー、マジで無理っすよー、もうずっとこれです。」


イクゾウ君はそう言って巻きタバコをふかしている。
巻きタバコならだいたい8日くらいはもつそう。それでも17ドルだからやってられない。








2人でマズイ巻きタバコを根元まで吸って、今度はインターネットタイム。

サーキュラーキーというこれでもかってくらい美しいハーバーのフェリー乗り場の前に、博物館ですか?みたいな建物がある。

photo:07



これ図書館。




photo:08



中はまぁとんでもなく綺麗で静かで、ケータイでラテンミュージック鳴らしてるやつなんてもちろんいない。

Wi-Fi飛びまくりの充電し放題。

最高すぎる。


やるなイクゾウ君。
この街の快適な過ごし方を熟知してやがる。





さーて、そろそろヤバくなってたバッテリーの充電しようかな。



うん、できない。

コンセントの形がわけ分からん見たこともない形状に変わりやがった。

チクショウ、せっかく日本出る時に全世界対応のコンセントアダプター持ってきてたのにすぐ失くしてしまったので、毎回形状が変わるたびに買わないといけない。

photo:09



ただのアダプターが千円もした。








メールを返したり動画をアップしたり、溜まっていたことを全てやってしまう。

ちなみに俺はブログをいつも日本時間の0時にアップするよう心がけているんどけど、オーストラリアに来たことで日本との時差はプラス2時間。

今まで日本よりも遅れて過ごしていたのに、日付変更線を越えた瞬間時間がぶっ飛んで日本よりも先の時間を生きている。

なわけで0時にあげようと思ったら夜中の2時に更新しないといけない。


無理です。
しかも野宿生活となるオーストラリア。
朝起きてからの更新になるので、日本では7時か8時のアップになるな。


いつもと時間は変わるけどこれからも読んでもらえると嬉しいです。








photo:10



「ご飯何にしようかー。」


「炊き出しはどうします?普通に美味いですよ。ピザとか出る時もあります。シェルターならシャワーを浴びれるし。」


「うーん、今回はいいかな。」



カナダではだいぶお世話になったホームレスシェルター。
3食の飯がついて、交流スペースではみんなとテレビを見てゆっくり過ごすことができた。
それまでシェルターなんてものの存在を知らなかった俺にとって、とてもいい社会勉強をさせてもらった。

しかしやはりいくら万人に開かれているものではあっても、完全なホームレスではない俺がタダ飯、タダシャワー、タダベッドを利用するのは若干の抵抗があった。

あの時はアメリカ入国のために少しでもお金を節約しなければと使わせてもらっていたけど、今はこのシェルターというものがどういうものかも分かっている。

今回はナシにしよう。



「マジすか……じゃあ俺もそうしてみます。」


まだまだご飯を食べられるほど稼ぐことの出来ないイクゾウ君まで俺に付き合わせるつもりはないけど、そうしますと言ってくれる。

男気のあるやつだ。









photo:11



さて今日は土曜日。

平日の賑やかさは影をひそめ、普段サラリーマンがひしめいているビジネス街も静まり返っている。

中心部のほうはまだ人がいるけど俺が歌っているマーチンプレイスは完全なビジネスエリア。
今日はまったく人がいない。


というわけで今日はイクゾウ君オススメのセントラル駅でやることに。









シドニーのセントラル駅にある地下通路は、アメリカで別れてオーストラリアに来ていたカッピーとユージン君コンビもオススメだと言っていた場所。


やってきてみると、ちょうどいい広さの通路が300メートルほど続く、まさにギターのバスキングにピッタリすぎる場所だった。
人通りは申し分なしというか多すぎるくらいに行き交っている。

こいつはいい!!

photo:12







と言いたいところなんだけど、まぁそんなナイススポットなので同業者もいますよね。

通路のこっち側と向こう側の両端に1人ずつすでに陣取って演奏していた。
ギターの弾き語りだ。


地下通路だというのに2人ともアンプとマイクを使っており、どんなに離れても通路全体に音が響いている。





こういう時は交渉だ。
あんまりやる気のなさそうな方のオッさんに何時までここでやるのか聞いてみた。


「ああー?ダメだダメだ、俺は金が必要なんだ。どっか行ってくれ、俺はここを動かないぞ。」


ただ時間を聞いただけなのに、邪魔するなみたいに追い払われる。

くそ、大都会め…………!!







もう腹がたったので、2人のパフォーマーのちょうど真ん中でギターを取り出した。

通路のど真ん中あたりで、両方とも200メートルは離れてるというのに、両側からオッさんたちの演奏が聞こえてくる。

地下通路でアンプ使うなよな、と思いながら思いっきり声をあげた。








photo:13




悪くはない。

ちょろちょろとは入る。

しかしやっぱり両側から鳴り響いてくるオッさんたちの演奏に挟み撃ちにされて全然集中できない。

ダメだこりゃ。

おとなしく場所を変えることに。









夕日が沈み、次第に盛り上がり始める土曜日の夜。
通りをおめかしした人たちが楽しそうに歩いている。

浮ついた雰囲気が通りを埋め尽くす。


スーパーマーケットのウルワースに着くと、たくさんの人が行き交う中でイクゾウ君ががむしゃらに歌っていた。


「あ、やっぱりダメでした?じゃあここでやったらいいですよ。僕はあっちにもいい場所知ってるんで。」


場所を譲ってくれて通りの向こう側に歩いて行ったイクゾウ君。

ウルワースは安くて大きいスーパーマーケット。たくさんの人がひっきりなしにやってくる。

ここならもう少しは稼げるか。
気合いを入れて演奏開始。

photo:14









シドニーって最初に着いた時からすごく驚いたんだけど、中国人の数が凄まじく多い。

本当に、あれ?ここどこだっけ?って思うほど中国人だらけ。

公共施設の案内板には英語の下に中国語の表記がしてあったり、街の広告とかも中国人向けのものがすごく多い。



たまに信号待ちしてる時、信号を待ってる15人くらいの人全員中国人の時とかあるくらい。

もはやチャイナタウンとかそういうコミュニティレベルではない。
完全にオーストラリア人として生活しているみたい。

話ではすでに5世とか6世の世代になってるみたい。
それほど昔からオーストラリアには中国人が住んでいるんだな。




そしてそんな中国人の人たちってすごくお金を入れてくれることに驚く。

世界一周フロムJAPANと看板を出しているので、俺が日本人だということは分かっている。
その上で彼らはガンガンお金を入れて笑顔で親指を立ててくれる。


ワーホリで大人気なので日本人ももちろんたくさんいるんだけど、今のところ交流はゼロだ。








それにしても…………



白人の酔っ払いのたちの悪いこと。


イヤッフオオオオ!!!

ヒーハーーーー!!!!


とそこらじゅうで叫んでおり、俺のことを見つけるとオーストラリア英語で何か言いながら笑っている。

そして1番小さな5セントコインをポトリと置いてまたギャハハハハー!!と爆笑しながら歩いていく。



そんな奴らばっかり。

大騒ぎしながら絡んできて、ゴミをギターケースに入れるほぼ半裸みたいな服を着た女たち。

アホがなんかやってるぜー!!みたいな感じ。

ボケとビッチだらけ。




この感じ、日本の飲み屋街を思い出すなぁ。

普段本当に大人しくて、人に無関心に生きているのに、お酒を飲んだ途端大声を出して気が大きくなる感じ。

もちろん世界中どこでも少しはそうだけど、この馬鹿ノリってカナダとかアメリカみたいな歴史の浅い大国でよく感じることなんだよな。

ヨーロッパではほとんど見なかったし、南米の人もたまに喧嘩はしてるけど基本みんなお酒を飲んでもフレンドリーさは変わらない。
普段から日常を楽しんでるからなかな。


人とのコミュニケーションが希薄なストレス社会で生きていると、お酒を飲んだ時に爆発してしまうんだろうな。

photo:15










その時、ウルワースの出口からちょっとヤバそうなおばさんが出てきて警備員に体を掴まれた。

ポケットの中の物を出しなさい!!と言われている。
おばさんは離せ!!と抵抗しているが警備員がポケットに手を入れるとお菓子か何かの商品が何個か出てきた。


ふん!!返したんだからもういいだろうが!!と言った感じで警備員の腕を振り払って歩くおばさん。

そして捨て台詞。

警備員さんにファッキンドッグ!!




俺横でポカーン。



この一連の騒動。なかなかの騒ぎだったにも拘らず、足を止める人はゼロ。

みんな我関せずと会話をやめることもなく歩いている。


それがとても異様に見えた。










あまりにも酔っ払いたちに絡まれるのでもういい加減ムカついてギターを置いた。

そこにちょうどイクゾウ君も帰ってきた。


「どうだった?」


「あ、僕今日なんか調子良かったっす金丸さんはどうでした?」


「もうこの国で夜やりたくない。」



2人であがりを数える。

やべー32ドルだー、と喜んでるイクゾウ君。


「イクゾウ君、財布持ってないの?」


「ないっす、これっす。そもそも入れるお金ないっす。」


スーパーのビニール袋に嬉しそうにコインを入れている。

あまりにも貧しい(´Д` )




俺のあがりは69ドル。

目標の100ドルにはなかなかいかないなぁ。







それからいつもの安いラーメン屋さんへ。

photo:16




店員さんは全員日本人で、カウンターの中で店員さん同士で日本語で喋っている。

俺とイクゾウ君もカウンターの前で日本語で喋っている。


お互い完璧日本人だと分かっているのに英語で話しかけてくるケバい化粧の店員さん。

ありがとうございますと言っても、サンキューって言われる。
目も見ず、無表情で。



路上終わりなので小さなコインで払ったんだけど、横の先輩らしきケバい女の人がレジの子に、これもらったのー?混んでる時は受け取ったらダメだからねー、と俺の目の前であからさまに大きな声で言ってくる。
なんでこんな言い方ができるんだろう。




なんかもう、なんだろ。

居心地悪くて仕方ない。



「じゃあ今混んでないから大丈夫ですね。」


と言ったら新人ぽい女の子だけ笑った。

そりゃ酒飲んだら大暴れしたくなるか。







なんかモヤモヤしながら今夜もイクゾウハウスへ移動。

photo:17




家から見渡す夜景。

中はあんなにドロドロしてるのに、外から見るとこんなに綺麗だ。






いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

オーストラリア最初の友達

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3月30日 日曜日
【オーストラリア】 シドニー





ケータ君がミギーさんと会ったみたいですね。

僕はブログの中で常々言っておりますが恋するラブレターことミギーさんがとても好きです。顔知らないけど。


好きな女性のタイプは?と聞かれたらミギーさんと答えます。顔知らないけど。



す、すっごい太ってたらどうしよう………



いや、ぽっちゃりの女性も好きですけどね。




あ、ケータ君とかミギーさんってのはブログランキングの中の旅人さんです。
ランキング見てない方には申し訳ありません。






チリにいるときくらいにケータ君から自慢げにメールが送られてきてそれを知ったわけですが、もうブラジルに邪魔しに行ってくれようかというレベルで羨ましかったんですけど、そんなケータ君とのメールのやり取りはこちら。




photo:01



photo:02



photo:03





おのれケータアアアアアアアアああああああア!!!!!!!!!

やっていいことと悪いことがあっちゃられりられ!!!!!!!

日南出身のくせにいいいいああああああああああああああああ!!!!!!!!!






もう少しで背中にオーガ出るくらい怒り狂ってたわけですが、そこはデキる男、ケータ君。

ミギーさんがブラジルの後にブエノスアイレスに向かうという情報を送ってきた。





ほう?

ブエノスアイレスと?



俺が滞在する時期とかぶるではないか。


ついに恋い焦がれたミギーさんに会う時が来たわけですか。

あの下ネタ女王と下ネタキングの邂逅。

これはブエノスアイレスの街にザーメ……じゃなくて色んな何かが降るぞ?




そんなわけで一瞬うひょう!!となったんだけど、どうやらミギーさん、23日までしか滞在しないとのことだった。




あー、23日だったら無理か………

俺がブエノスアイレスに入るのは25日。

すでにミギーさんはどこかに移動している。


残念だけど、ヘロニモとの約束は外せなかったし、これが限界の日程だった。

なので時間が合わないこともわかっていたのでミギーさんに連絡を取ることもなかったし、ミギーさんからメールが来ることもなかった。



恋い焦がれた人と地球の真裏でほんの数日のすれ違い。

しょうがなかった。

まるで映画のような2人。







photo:04



あれから時は流れて今日ですね。

シドニーはとてもいい天気。

photo:05





あー、麻美ゆまちゃん元気かなぁと思いながらシドニーの図書館でWi-Fi繋いで鼻ほじりながらメールチェックしてたんですよ。








ミギーさんからメール来てた。



指が鼻貫通するかと思った。

南米ラストスパートであまりにもバタバタしていてメールのチェックができていなかった。

3通も来ている。


速攻で開いてみた。






「金丸さん、ミギーです。ブエノスアイレスに23日まで滞在するのでよろしかったら連絡ください。」



み、ミギーさん、メールありがとう。
でもあの時俺は23日までにブエノスアイレスには到着できなかったんだよ。

会うことは出来なかったんだ……

ゴメン………



2通目を開く。






「私が泊まっているホテル、空き部屋あるみたいですのでまだホテルがお決まりでなかったらどうぞ。」






よし、死のう。
カンガルーとボクシングして撲殺されよう。


あああ!!!そんなこと言われたってあの時俺はヘロニモの実家にいて感動的な時間を過ごしていたから、俺が25日にブエノスアイレスに移動した時にはもうミギーさんはいなかったんだよ!!

ダメだったんだよ!!



3通目のメールを開いた。







「ブエノスアイレスで友達が出来て面白くなってきたので26日まで滞在することにしました。路上パフォーマーがパフォーマンスしているフロリダ通りまですぐ近くのホテルにいますのでご連絡いただけると嬉しいです。」















カンガルーーーーーーーーーーーー!!!!!!!俺を殴り殺してくれえええええええええええええええ!!!!!!!!


あばばばびぱばばばばぱぺぺ




ミギーさんがすぐ近くにいたというのに、俺はフロリダ通りでアホみたいにスタンドバイミーを歌ってました。

ソウ、アホミタイニ。


そばにいてよー、僕のそばにいてよー、ってミギーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!






はい、もう2人の間にはイムジン川でも天の川でもなく世界イチでかい海が広がっていますのでこの旅の中で会えることもないでしょう………


でもお互いこれからも旅は続きます………


ミギーさん、お気をつけて。
お互いいい旅しましょう。








photo:06



いつものようにモールの公衆トイレ、セブンイレブンのコーヒー、図書館の流れ。

日曜の街は人もほとんど歩いていないが、所々の広場で何かしらのイベントをやっていて、人々はのんびりと日向ぼっこしている。

1ドルのコーヒーがくれる安らぎがホームレスの朝をとても贅沢にしてくれる。

photo:07



photo:08













photo:09



photo:10



photo:11



図書館でメールと日記書きを終え、さて仕事に行こうか。
イクゾウ君はいつものウールワースの前、俺は昨日と同じセントラル駅の地下道に行くことに。

昨日あれだけ他のミュージシャンがいたセントラル駅だけど今日は日曜日。
もしかしたらミュージシャンたちもお休みしてるかもしれない。


と願いながら重たい荷物を引きずってやってきてみると…………







よし、
他のパフォーマーゼロ。地下道貸切だ。




てなわけで響きのいい地下道にマイペースに歌を響かせる。

相変わらず人は足を止めてくれないけど、音がキチンと聞こえるのでお金の入りはまぁまぁ。







しばらくすると目の前に1人の兄ちゃんが座った。
じっと歌を聴いてくれている。

そして歌が終わると笑顔で拍手してくれる。


「いやー!マジでスゴイです!!本当に感動しました!!」


顔は完全に白人なのに、驚くほど流暢な日本語で話しかけてきた彼の名前はアーロン。

日本が好きでずっと日本語を勉強しているという大学生。

この前まで日本に行っていたんだそう。


「東京から岩手の陸前高田まで歩いたんです。津波の被害を知るために。」


「へー、そうなんだ、って歩いた!?」


「はい、野宿しながらずっと歩きました。たくさんの人が助けてくれました。本当に日本が大好きです。」


日本が好きというだけでなく頭がいいので話がとても面白く、一気に仲良くなり今夜晩ご飯行こうよ!!ということに。

21時まで歌ってると言うと、その頃に戻ってきますと用事を済ませに歩いて行った。


やった、オーストラリアでやっと初めての友達ができたぞ。









と思ったのだが20時半になってもアーロンは戻ってこない。

21時まで10分前になっても姿はない。

この時間になると人通りもほとんどなくなり、地下道はガランと静まり返っている。

ポツリと立ち尽くす俺。





そ、そうか………いつものあれですか………

すっぽかされたっていうか軽い口約束だったもんな………こんなのよくあることだよ。


この冷たいシドニーならなおさらだよな………
せっかく友達できたと思ったのに………





21時になった。

もう行こうかな。

でももう少しだけ待っとこうと思った。
アーロンは嘘つくような男ではないと思った。






そこに息を切らして走ってきたアーロン。


「ごめんなさい!!遅くなりました!!待っててくれたんですね!もういないかと思ったー。」


「当たり前だよ、約束したやん。戻ってくると思ってたよ。」


ニッコリ笑うアーロンと2人で地下道を歩いた。

今日のあがりは65ドル。












「え?ちょ、誰ですかこの人?え!日本語マジ上手いし!!ウケる!!」


「ウケるってどういう意味?」


ウールワースに行きイクゾウ君と合流。
いきなり日本語ペラペラのオーストラリア人を連れてきたので驚いているけど、イクゾウ君のコミュニケーション能力もなかなかのものですぐにアーロンと仲良くなった。




てなわけで3人でいつもの激安ラーメン屋さんへ。

photo:12




日本をバッグパックで歩いたアーロン。俺たちみたいな世界の旅をしてみたいようで興味津々で質問をしてくる。

photo:13





「フミさんはこの旅でどんなことを学んでますか?」


「んー、ひとくちでは言えないけど、人間は一緒ってことかなぁ。どこに行ってもどんな場所でも人間はみんな一緒でそれぞれの生き方や暮らしがあって、みんな同じような感情を持ってるよね。それを知ることってすごく生きていく上で価値のあることだよ。」


「貧しい地域についてはどう思いますか?僕は不平等なことがどうしても理解できない。みんなが平等に不自由のない暮らしをするべきだと思います。」


「彼らには彼らの生き方や培ってきた文化があるんだから過剰に干渉するのはよくないと思う。それでバランスが取れてる部分もある。もちろん餓死や疫病を見て見ぬ振りするのはいけないけど。」


「イクゾウはどう思いますか?」


「俺マジでクズだからわかんねっす。」




ブフォ!!



ラーメン鼻から出るかと思ったわ!!


もうイクゾウ君が面白すぎて仕方が無い。
アーロンもイクゾウ君の話に大爆笑している。



「イクゾウ、クズってどういう意味ですか?」


「クズ?クズって………えーっとね…うーん、うんことゴミを混ぜたものって感じかな。」


「それは違うやろ。」


「ちょっと待って下さい。ディクショナリーで調べます。」


真面目なアーロン。分からない言葉があるとすぐにアイパッドのアプリで調べている。



「いやいや、うんことゴミを混ぜたものとか調べても出てこないから!!そもそもうんことゴミを混ぜたものに名前をつける価値ないでしょ。」


「あー、出てこないです。このアイパッド、最近アップロードしてないからですねー。」



そんな話で大笑いしながらみんなで寝床に移動。

丘を上がり、階段をのぼり、俺たちの完璧すぎる展望小屋に到着。

目の前に広がる夜景を見て、飛び上がって喜んでるアーロン。



「すっごい!!すごいです!!パーフェクトなキャンプです!!あー!!僕はこんな旅がしたいんです!!」



photo:14



そんなアーロンと3人でビールで乾杯。
といきたいところだけどアーロンはお酒は飲まない。
お酒だけじゃなくタバコも吸わないし、さらにベジタリアンだ。



「ベジタリアンって野菜が好きな人ですよね?」


「ベジタリアンってお肉を食べない人のことだよ。」


「えええ?!!マジっすか!?酒も飲まない、タバコも吸わない、肉も食わないって、もうそれ公務員にしかなれないじゃないですか!?」


「別に公務員以外もなれるやろ。」



大笑いしながらビールを飲む。

こんな最高の野宿スポット。
いつも誰かを招きたいよねー、と話していたけど最初のお客さんがアーロンというめちゃくちゃいい奴で嬉しいよ。


「僕日本に彼女がいます。」


「え?アーロンそうなの!?」


「そうです!!あー会いたい!!本当に素晴らしい心を持った女性なんです!!」



アーロン、いい笑顔するな。


夜風が気持ちいい。

3人の笑い声が夜遅くまで公園の中に聞こえていた。








いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

今世界で1番危ない旅人

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


3月31日 月曜日
【オーストラリア】 シドニー





photo:01



今日もいつもの展望小屋で目を覚ます。
寝起きから最高の眺めで文句のつけようがない寝床なんたけど、ここは少し蚊がいる。


テントを張りたいところだけど俺は南米南下のために荷物を減らそうとテントをグアテマラのホステルに寄付してきた。

でももしかしたら蚊に悩まされるかも、とテントの内側の蚊帳だけは持ってきていた。


これが大正解で、テントを張らずとも蚊帳さえあれば快適な野宿生活になんの支障もない。





俺が蚊帳、マット、寝袋の完璧なセットで寝てる横で薄いタオルケットみたいなやつ1枚で震えながら寝ているイクゾウ君。



「て、テント持ってこなかったの?」


「いやー、一応持ってきてたんですよ。でもこの前ゴールドコーストでベンチで寝ながら横でテント乾かしてたんです。そしたらなんかバキバキバキって音がして、見てみたらオッさんがゴミ収集車にテント放り込んでるんですよ。普通分かるっしょー……横で俺寝てるんだから。何してんだオラー!!って日本語で叫びましたよ。だからテントないです。」




気の毒すぎる………

気の毒すぎるけど爆笑。





そしてふと気がつくと2人の足元に名刺が置いてあった。

なんだ?と見てみると、どうやらシェルターかなんかの保護施設の名刺だった。

フリーホームサポートと書かれている。

本当先進国はこうした受け皿が充実してるな。





「金丸さん、飴いります?昨日歌ってたら飴もらったんですけど、この1番元気っていう飴とベルターズオリジナルどっちがいいですか?」


「特別な存在のやつちょうだい。」


「特別な存在っすね。はい。」


寝ぼけた頭で座ったまま飴をなめる。
飴をなめる2人のホームレス。


「うわ、この飴マズ………何が一番元気だよ……ひとつも元気にならないですよ……今日1日が思いやられるわぁ………」


朝から転げ回って大笑いさせてくれるイクゾウ君。

なんかこの不器用でバカで真っ直ぐな彼の存在自体が面白い。




「ところで金丸さん宮崎ですよね?俺高千穂に婆ちゃんいるんすよ。」


「へーそうなんだ。方言すごいやろ。」


「そうなんすよ。マジで婆ちゃん何言ってるかわかんないんですよ。方言すごすぎて会話できないんすよね。僕全然英語わかんないですけどまだオーストラリア人とのほうが会話できますもん。」


面白すぎる(´Д` )


「わかんなすぎてまだあんまり仲良くないんですよ。食べ物何が好きかとかも知らないです。」



爆笑しすぎて歩くのが止まるくらい笑いながら街に降り、今日もいつもの公衆トイレ、セブンイレブンコーヒー、図書館の流れ。

photo:02




月曜日の朝の出勤の人たちがせわしなく行き交う中、セブンイレブンの横で階段に座ってコーヒータイム。

そしてお湯をもらってカップラーメンと食パンで朝ごはん。

質素だけどこれでも結構いい値段してるから恐ろしい。









そんな街を眺めていると、横でコインを数えだすイクゾウ君。
ビニール袋から取り出して。



イクゾウ君は火曜日についに3ヶ月滞在したオーストラリアを脱出する。

少ない稼ぎの中でコツコツコツコツとお金を貯め、マジで死にかけながらやっとの思いで飛行機のチケットを買ったんだそう。300ドルで。

行き先はマレーシア。



「いやー、最初のころとか食パンしか食べてなかったですもん。1日5ドルとかしか稼げなかったから。食パンしか買えなかったです。で少し多く稼いだ日はソースとか買って食パンにつけて食べてました。もうオーストラリアの食パンマスターです。」


「そ、そうなんだ……大変だったね………」


「全然旅楽勝じゃないじゃん金丸さん………って思いながら食パン食べてました。5日間くらい食パンしか食べてない日とかありましたよ。きつかったなぁ………」


「じゃあ今すごい贅沢なんだね。」


「本当っすよ!!毎日ラーメンとか食べて。奇跡でしかないですよ。最初のころからしたら………あ!!すげぇ!!金丸さん、俺の全財産7千円もあります!!うわー、マジ余裕だやべぇ、こんなにあるよー。ところでアジアって稼げるんですか?」



幸せそうにビニール袋の中にコインを入れるイクゾウ君。

今世界で1番危ない旅人、小林イクゾウ。









photo:03




図書館でネットをして日記を書き、今日も路上いってみようかな。

俺もほとんど毎日歌ってるけど、たまには休みを取る時もある。

でもイクゾウ君はオーストラリアに来てから移動以外の日は必ず歌っているそう。完璧休みなし。

まぁ確かにイクゾウ君はまだまだ稼げていない。
1日良くて30ドルとか。

そりゃ毎日やらないとやっていけない。
俺も路上始めたころは本当に稼げなくてへこたれそうになってたなぁ。


そんな中で開き直って絶対にこれで食う、と決めてから少しずつ稼げるようになり、今こうして海外を回れている。

下積みゼロで出てきたイクゾウ君。

今世界で1番危ない旅人。



「夢は日本に帰ることです!!行ってきます!!」


イクゾウ君と別れて俺はマーチンプレイスの地下道へと向かった。









photo:04



オーストラリアは物価の高い国。

タバコが1箱2000円以上するというのに人々は普通にそんなタバコを吸っている。

それはもちろん給料もいいから。

普通のバイトの時給が2000円とかだし、時給2500円なんて日本のキャバ嬢が稼ぐような金額をマクドナルドの店員がもらっている。

なのでおそらく爆発的に稼げるはず!!




と踏んでオーストラリアにやってきた。

1ヶ月の滞在で20万くらい貯めて、それからニュージーランド、シンガポールでさらに貯め、稼げないであろうアジアの旅費を作って日本へラストスパートっていう完璧すぎる流れを計画していた。

いやー、ハラハラドキドキの旅を期待されてるみなさんにはもうこっから先は危険な国もないし、順風満帆でいかせてもらいます、と思っていたんだが………






シドニー、稼げねぇ…………


人が立ち止まらない…………




シドニーにはたくさんのパフォーマーがいる。

ギター弾き語り、サックス吹き、ダンサー、

もちろんホームレスまがいの下手な人も多いけど、みんなそれなりにレベルは高い。
そしてほぼ全員スピーカーとマイクを使っている。



稼げないのは激戦区だから俺の実力不足、ってのももちろんあるけど、ええ?!この人めちゃくちゃ上手くてカッコイイ!!っていうパフォーマーが誰からも見向きもされていない状況を何度も見ている。

ダンサーがウルトラCのアクロバットをキメても誰もお金を入れなかったりしてる。


イクゾウ君が言うにはシドニーに来てから本当にパッタリ稼げなくなったそう。
それまで北の町ではそれなりに紙幣も入っていたみたい。

やっぱりシドニーほどの大都会になるとみんな時間に追われて忙しく歩いていて、何かにかまっている暇はないといった雰囲気だ。

足早に通り過ぎる人たちからコインをもらいつつ、3時間やって疲れてギターを置いた。

あがりは45ドル。


これ以上シドニーに長くいる価値はない。早く北に移動してしまおう。











ウールワースに行くとイクゾウ君が頑張って声をあげていた。

足早に通り過ぎる人たちに向かって翼を下さいを歌っている。


い、イクゾウ君が翼を下さいとかリアルすぎて涙で街明かりがにじむ(´Д` )




「どうだいー?」


「全然ダメっす…………まだ10ドルくらいですよ………」


力なく笑うイクゾウ君。
今日はお互いパッとしなかったな。


「よし!!もう景気つけにラーメン食べに行こう!!」


「毎日食べてますけどね!!」


てなわけでいつもの激安ラーメン屋さんへ。
トンコツラーメン食べてしまいました。元祖長浜行きてえ!!!!!

photo:05










稼げはしなかったけどノーテンキな2人なので今日も話をしながら大笑い。
いつも大笑い。

顔の筋肉が痛くなるくらい笑わせてくれる。



「今までやった中で1番しょうもなかった仕事はシュウマイ工場ですね。俺の仕事なんだと思います?ベルトコンベアーに乗ってシュウマイが流れてくるんですけど、たまにシュウマイの上のグリーンピースが外れてるやつがあるんですよ。それはもう商品にならないから抜き取るんです。いくぞうくんー、これグリーンピースついてるじゃないのー、とか怒られるんですよ。この仕事どうやって履歴書に書けばいいかわかんないですよ。誰も金貸してくれないんですよ、信用ゼロですよ。」



爆笑。



「そもそもベルトコンベアーの勢いがすごすぎて流れて来るときにポロポロポロポログリーンピースが取れていってるんですよ。ダメでしょ。」


寝床の人工芝の上で転げ回って涙が出るほど大笑い。
あー、面白すぎる………



「なんか血迷ってる時にホストやったりパチンコ屋のサクラやったりしてる時に、もうなんかわけわかんなくなってたんです。その時金丸さんのブログ見て世界一周に行こうって決めて金丸さんにメールを送ったんです。そしたら金丸さんが根性とギターと寝袋があれば楽勝ですって返事くれたからもう行くしかねぇって感じで出てきました。」



いやー、俺の文章力ではイクゾウ君の面白さの3分の1も伝えられないなぁ。

なんか世界一周に出る前までお笑い芸人になろうとしていたらしい。

とにかくやりたいと思ったらなんでもやる、そんな人生を送ってきたという。

その行動力は半端じゃないな。



「お金ないからずっとヒッチハイクだったんですけど、高速道路の横の草の上でこうやって寝てました。車に踏まれないために。で雨が降ってきたら寝返りうって荷物を上にして濡れないようにするんです。旅全然楽勝じゃねぇ……って思いながらここまで来ました。」

photo:06




この男がこれからどんな旅をしていくのか楽しみでしょうがないわ。









笑い疲れて寝ることに。

俺は寝袋も蚊帳もマットも持っている。

でもイクゾウ君は何も持ってない。
なんかタオルケットみたいなやつを体にかけるだけ。


「イクゾウ君、それなに?」


「え?これシェルターでもらった絨毯です。絨毯の下に人がいるっておかしくないですか?ウケるわー。」


そんなこと言いながら絨毯の下に潜り込むイクゾウ君。






断言しよう。

今世界で1番翼をくださいを心を込めて歌える旅人、小林イクゾウ。






いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

迷う者、突き進む者

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月1日 火曜日
【オーストラリア】 シドニー





photo:01




イクゾウ君がアイパッドに記録している毎日の路上のあがりを見せてもらった。

5ドルとか12ドルとか、最初の方はまぁ惨憺たる内容なんだけど、日をおうごとに徐々に金額が大きくなっているのがわかる。



「あ、そうだ。この記録をダンボールに書いて路上の時に前に置いたらどうっすかね。お、あいつ昨日なかなか稼いでるな、おととい俺があげた日少ないなとか分かる感じです。毎日のちょっとした楽しみになりませんかね。」


嬉しいそうな顔をしながら話すイクゾウ君に優しく、そうだねと言って今日もモールのトイレで身だしなみを整え、コーヒーを飲み、図書館へ。



photo:02



今日はイクゾウ君のオーストラリア最後の夜。
最後くらいいいもの食べてお酒いっぱい飲もうぜという話をし、お互い張り切って路上に向かう。










今日もぼちぼちのマーチンプレイスの地下道。
コインがパラパラと5ドル紙幣が数枚。

うーん、寂しい。
イクゾウ君の最後の夜だからたくさん稼いで贅沢したいところなんだけどなぁ。




そんな時、向こうからこちらをチラチラ見ている女の子発見。

ん?可愛い子だな。チューしたいなと思っていたらこっちに近づいてきた。

やったエッチするぞ!!!



「金丸さんですか!?うわー!本物だー!!私南米で金丸さんと一緒にいたナオちゃんのワーホリ時代の友達なんですよー!!」


この可愛い女の子はカナちゃん。
もちろん事前に連絡はもらっていましたよ^_^今日歌聞きに行きますって。

どうやら前から俺のブログを読んでくれてたみたいなんだけど、そこに突然友達のナオちゃんが出てきてビックリしてナオちゃんになんで金丸さんと会ってるのー!!ってメールしていたんだそう。

そういえばナオちゃんからもオーストラリアには友達いるからぎゃーって言われてた気がするな。






小柄なんだけどサーフィン好きで日焼けした肌が健康的なカナちゃん。

今日世界で1番危ない旅人とご飯食べに行くんだけど一緒に行く?と誘うと二つ返事でOKしてくれた。

今夜が楽しみ!!




可愛い女の子が聴いてくれてると思うと気合いが入る。
そして気合いが入ると急にお金の入りがよくなる。


今日も3時間ほどで切り上げたけれどあがりは62ドル。

悪くないかな。









photo:03



カナちゃんと夜の賑やかな街を歩いてウールワースのイクゾウ君のところに行くと、そこにはイクゾウ君ともう1人知らないお兄さんが。


「あ、どうもはじめましてー。」


なんと世界一周をしているということお兄さん。
まさかこのシドニーでそんな人に会えるなんて!!


エイジさんという俺と同い年の方で、イクゾウ君が歌ってるところに話しかけてくれたみたい。


「え?金丸さんなんですか?うわー、ケータ君から話は聞いてます。アルゼンチンで会いましたよ。」



まさかの繋がり^_^


嬉しくって今夜飲みませんか?と誘うと二つ返事でOK。

また仲間が増えた!!









それからみんなでご飯を食べに。


photo:04



現地の人から美味しくて安いお店を教えてもらったんだけど、ここがマジで大当たり。

セントラル駅の近くにあるサンタイというタイ料理屋さんで、人気店らしくたくさんの人が店の周りに溢れている。





はい、これもん。

photo:05





美味え!!ビビるくらい美味い!!
脂っこくて味の濃いやつを食べたいねとイクゾウ君と話してたんだけどまさに希望通りの味!!

量も多くて、これで7.5ドル。

シドニーで7.5ドルのご飯はかなり安いほうだ。

いつもロクなものを食べていなかった俺とイクゾウ君、感動で言葉もない。

photo:06











「すみませーん!!遅くなりましたー!!」


そこにやってきたのは………





photo:07



アーロン!!


なんだそのデカいバッグは!?



「だっておとといは何もなかったからあそこに泊まれなかったです。今日はこれでパーフェクトです!!」


「いや、この中で1番気合い入ってるバッグパッカーみたいだから。この街住んでるのに。」



おととい俺たちの寝床に来たアーロンだけど、寝袋もなにもなかったので夜中に走って帰って行ったんだよな。
まさかこんなに本気でキャンプの用意をしてくるとは。
よほどこういう旅が大好きなんだろうな。



そんなアーロンが面白いものを見せてくれた。

古びた布をバッグパックに張り付けるとそこには文字が書かれていた。



photo:08




『東京から仙台まで歩き中 ×ました』




これはアーロンがついこの間、日本を本当に歩いた時に使用していた布。
被災地の現状を見て、話を聞き、オーストラリアの人々にキチンと伝えたいと思ったんだそう。

愛と優しさに溢れたこの男が日本でどれほどたくさんの人と関わり、現地の人と密な交流をしたのか、優しさを受けたのか、簡単に想像がつく。

アーロン、嬉しいよ。お前が日本を好きになってくれて。











キッスのアイワナロックンロールオールナイトをマイクを持って全力で歌ってるかなりヤバいおじさんとか色んな変な人がいるシドニーの夜の街を5人で歩く。

photo:09





話していると、いつもは長い道のりもあっという間に寝床までやってきた。




「うわ!すげえなんだここ!?」


「きゃー!!綺麗ー!!」


寝床から見晴らすシドニーの夜景のあまりの綺麗さに驚くカナちゃんとエイジさん。
俺たちの自慢の宿だよな。
多分シドニーのどの宿よりもいいスィートルームだよ。








「いやー、オーストラリアの犬って安心してなでなでできるから嬉しいわー。」


「え?なんでですか?」


「だって南米の犬とか狂犬病が怖くて触れないよ。」


「イクゾウ君は狂犬病ワクチンとか打ってきてないよね?」


「え!?狂犬病ってワクチンとかあるんすか!?」


「期待通りの答えありがとう。」



もちろん予防接種なんてなにひとつ受けてきてないイクゾウ君。

肝炎てなんですか?ってそんなこと言ってる。


「え?じゃあクレジットカードは?」


「クレジットカードに入れる金がないです。」


ここまでハイレベルな旅人見たことねぇ。



「大丈夫です。僕狂犬病の犬より多分狂ってますから。存在自体ウィルスみたいなもんです。」


「ウィルス小林だね。」


「旅してて有名になっていってウィルス小林さんですか?とか言われるようになるかもね。」


「ちょ、それダメでしょ!ウィルスさんですか?とかどんな呼び方ですか。」





photo:10




大笑いの夜はふけ、カナちゃん、そしてエイジさんが帰っていく。

暗い公園の中、ポツリと光る展望小屋。
ギターを弾く。アーロンが実はめちゃくちゃギターが上手いということが発覚。


夜中になっても話は尽きず、俺とイクゾウ君とアーロンの3人、寝転がって語り合った。



「僕はもう大学に行きたくない。まったく意味がありません。すぐにでもフミさんたちみたいな旅がしたい。大学に行くのが辛いです。」



あと半年で大学のカリキュラムを修了するアーロン。
だったらあと半年、嫌でも通って卒業しなきゃもったいないじゃん、っていうのが普通の考え。

でもアーロンはすでに完全に違う方向を見ている。
ひたむきな若者にとってそれがどれほど苦痛で意味のないことと思えていることか。

少しは大人になった今なら理解してやれる。


「半年なんてすぐだよ、その後にやりたいことをやればいいんだから、とかってさ、大人は言うじゃん。分かるよ、俺もよく言われた。でも若い頃ってそんな不確かなものを信じられないよな。今やりたいことは今しかできないって思ってしまう。でも実際さ、俺もこの歳になって思う。半年ってすぐだよ。」


どうかこの純粋で賢いアーロンが後悔のない選択ができますように。



「金丸さん、俺今日の稼ぎ18ドルでした。今俺のギター1弦が切れてるんです。なのになぜか稼ぎが上がっていってるんです。弦がないほうが稼げてるって不思議です。」


イクゾウ、お前はどこまで面白いんだ。

爆笑しながら夜中まで語り合った。







いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/



イクゾウ、アジアに行くぞう!!

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月2日 水曜日
【オーストラリア】 シドニー






目を覚ますとアーロンが気持ち良さそうに体を伸ばしていた。

いつもなら輝くシドニーの街並みを見晴らせるこの寝床が、今朝は深い霧に覆われて何も見えなくなっていた。

すぐそこの公園の木さえ見えないほど真っ白な霧に閉ざされている。

photo:01







すでに自分のテントや寝袋をたたんで荷物をまとめているアーロン。


「フミさん、イクゾウ、僕は大学があるから先に行きます。時間があったらまた後で会いましょう。」


そう言ってアーロンは俺たちのよりもデカいバッグパックを背負って公園を降りて行った。

photo:02











今日は4月2日。

楽しかったイクゾウ君との日々も今日で終わり。
イクゾウ君は今夜のフライトでマレーシアに行く。

食パンをかじりながらやっとの思いで買った飛行機のチケット。

よく頑張ったよ。



「もう80ドルも持ってますからね。無敵ですよ。50ドル持って行ければいいと思ってたからマジで奇跡です。」



たったの8千円で調子乗りすぎ(´Д` )

ヨーロッパまで行けばなんとかなるだろうけど、果たしてたどり着けるのか。

色んな意味で今1番注目の旅人だな。

photo:03













いつもようにトイレで顔を洗って歯を磨く。

そしてセブンイレブンに行って1ドルコーヒー。
階段に座って温かいコーヒーをすする。


今日はイクゾウ君のフライトなので路上はせずにゆっくりしよう。

駅で見送りをしたら俺もそのまま電車に乗ってシドニーの郊外に出る。

そして高速の乗り口まで行ってヒッチハイクで北へ向かうぞ。

今日中にどこまで進めるかな。





photo:04



3ヶ月オーストラリアに滞在したイクゾウ君。

世界一周最初の国でどん底を味わい、それでも根性でなんとか生き延びてきた。

食パンばっかり食べてた最初の頃からしたらだいぶいい生活してるよな。


きっとこれからどんどん稼げるようになってもっと良いものを食べられるはず。
なんたってまだギターを始めて10ヶ月、路上始めて3ヶ月だもん。伸びしろ無限大だよ。

photo:07




「いやー俺もっとギター練習します。う、うわ!!なんだこれ!?ああ………ガム踏んじゃった………」


階段から立ち上がるとジーパンのお尻にガムがくっついてるイクゾウ君。


切なすぎる………(´Д` )








photo:05



photo:06



図書館でネットをしてからお昼ご飯へ。

昨日食べて感動的に美味しかったタイ料理屋さんにやってきた。

2人とも8.5ドルの美味すぎるプレートを食べる。
いやー、ここ本当美味いわ。


ていうか10ドル以下のご飯を安いと感じるようになってきているのが怖え。

早く稼いでアジアに行ったら美味しいもの100円とかでしこたま食べてやるぞ。



って、おおお………

遠かったファイナルステージのアジアがもうすぐそこまで近づいてきてるんだな。

そうか……日本ももう近いんだよな。












「あれー!!フミさんまだいたんですかー!?」


タイ料理屋さんでくっちゃべっていると、大学の授業を終えたアーロンがやってきた。

本当はご飯を食べたらすぐ出るつもりだったけどもう1回アーロンに会いたかった。

photo:08





「フミさん、イクゾウ、お願いがあります。」


「なに?」


「3人でバスキングしたいです。是非やりましょう!!」




そういうことか^_^


アーロンはギターの腕は申し分なしだし、歌もかなり上手い。
そこらへんのバスカー顔負けのレベルだ。

でもまだ路上演奏はしたことがないという。


路上の腕を磨けばどこにだって行ける。
これで稼げるようになれば夢だという世界一周の役に必ずたつだろう。

よし!やろうぜ!と言うと大喜びするアーロン。



何をやるにも全ては自分の選択。

正解はない。

でも悔いのない選択こそが1番正しい道だ。









photo:09



平日のセントラル駅の地下道は人でごった返していた。

誰もが無表情に、我先にと歩いていく。

iPhoneをいじりながら、ヘッドフォンで外界を遮断しながら。


photo:10



そんな中に3人で歌を響かせた。


そしてすぐにコインが入った。
やったぜとアーロンとハイタッチした。
これでアーロンもバスカーの仲間入りだぜ。






photo:11



photo:12




黒人のおばちゃんが飛び入りしたりしながら1時間弱の演奏。

お金は期待してなかったんだけど、ありがたいことにギターケースの中には15ドル入っていた。


また午後の授業があるからと急いで大学に戻って行ったアーロン。






俺とイクゾウ君はまだフライトまでの時間があるので外の階段に座っておしゃべり。

イクゾウ君との話が面白すぎてただのおしゃべりでもすごく楽しい。


「よし、もうマレーシア行かなくていいんじゃない?今夜も飲もうか。うん、そうしよう。晩ご飯いつものタイ料理屋さんでいい?」


「そうっすね。よし、チケット破り捨てます!ってさすがにそれは出来ないっす………これでチケット破り捨てたらすごいですよね………」


「うん、もしやったら伝説の旅人やね。」


イクゾウ君がオーストラリアで覚えた巻きタバコをクルクルっと巻いてくれる。
お金を出し合ってはいたけどいつも巻くのはイクゾウ君にやってもらっていた。

俺も覚えないとな。



「ところでイクゾウ君ってブログやってたよね。」


「はい、ギターと小銭と世界地図っていうやつです。ちゃんとしっかり書いてますよ。」


「それランキングには登録しないの?」


「ランキングっすか……なんかそういうのに属するの嫌やんですよねぇ……」


「入ったらいいじゃん。イクゾウ君の旅めちゃくちゃ面白いんだし。そして散らかしまくってよ、すごいやつが現れたって感じで。」


「いやー、でも金丸さんのブログのコメントとかマジ無理ですもん……あんなの書かれたら俺ソッコーで帰国して殺しに行きますよ。あ、帰国するお金ない。」




もうボーダーぎりぎりっていうかボーダーぶっちぎりで突破してる彼の旅。

今世界で1番世界一周できなさそうな旅人、小林イクゾウの今後がとても楽しみなので、なんとか説得。



「………分かりました、ランキングやってみます。これが本当の旅だってみんなに教えてやります!!うわ!!何これ!!また!?旅つれええ………」




お尻についたガムを悲しそうにはがすウィルスイクゾウ。


1日に2度ガムの上に座るという旅人としてのポテンシャルが計り知れない彼のブログは現在果てし無く下の方にいると思うので、お時間ある方は探してみてください。









2時間してアーロンが戻ってきた。


「あれぇ!!まだいたのイクゾウ!!早く行けえええ!!!」


イクゾウ君を心配して背中を押すアーロン。


「じゃあ行ってきます!!会えてよかったです!!マジで頑張ってきます!!」


「死ぬなよー!!」


爽やかな笑顔を残して小走りに駅へと去っていったイクゾウ君。

たった8千円しか持ってないのに。

いやー、面白いやつだった。
これから彼がどんな旅をしていくのか楽しみでしょうがないわ。

間違いなく今1番面白い旅人やな。

photo:13











さぁ、俺も行くか。
すっかり遅くなってしまったけど今日で少しでも北上できるといいな。


シドニー。オーストラリア最初の街。
南米から来た俺に世界とはここまで違うってのを見せつけてくれた。

もうこのきらびやかな大都会ともしばらくはおさらば。
ここからオーストラリアの深い部分にどんどん潜って行くぞ。


グッバイシドニー!!














photo:14



あれ?






photo:15



あれ???





ち、違う!!誤解だ!!これは違うんだ!!

ただ美女がいたからビールに誘っただけだからビールうっめええええ!!!!



はい、シドニーもう1泊。








いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

シドニーバイバイ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月3日 木曜日
【オーストラリア】 シドニー






シドニーは朝日の中。

photo:01






イクゾウ君がいなくなった展望小屋で1人荷物をまとめる。

もうこの景色とも本当にさよなら。




これからの予定としてはまずゴールドコースト、その後にヌーサ、そしてケアンズまで登りきってしまいたい。
ずっと海沿いを北上する感じになる。


ゴールドコーストは名前は知ってるけどどんなとこかは全然わからない。
まぁ名前からしてビーチが綺麗なんだろうな。多分すごく有名なところだと思う。

ヌーサはまったくもってなにひとつ知らないんだけど、アメリカで別れてオーストラリアに渡ったカッピーとユージン君が恐ろしいくらい稼げたと言っていたので行くつもり。
なにやらお金持ちの保養地らしい。

そして最終目的地のケアンズまで行き、そこからニュージーランドに飛べたらなぁと考えてるけど、まぁなにも調べてないけど。

photo:08





え?エアーズロックは?


うん、分かってる。
オーストラリアと言えばエアーズロック。
先住民であるアボリジニーの聖地

もちろん行きたい。



でもオーストラリアって想像以上に馬鹿でかい。
そして町があるのは海沿いばかりで、中央部分には広大な荒野や信じられない規模の農地が広がるばかりだという。

エアーズロックに行こうと思ったら車で数日かかるみたいだし、普通は飛行機を使うらしい。
ていうかオーストラリア人でもあんまり行ったことのある人はいない。

あまりにも時間がかかるし、町がないので稼ぐことができない。

西側のパースって街も少し気になるけど果てしなく遠いので、もうこのオーストラリアは東海岸のメイン部分だけを回ることに決めた。

王道ルートだろうけど、それをいかに面白いものにできるか。


とりあえずカンガルーとボクシングします!!嘘です!!

photo:02







ちなみにすでにこれらの町はイクゾウ君がケアンズから南下して来る時に全て回っており、路上事情や野宿事情についていろいろと教えてもらっている。

シドニーでは悲しいくらい稼げていなかったイクゾウ君だけど、他の町では人も暖かく、お金の入りも良く、とても楽しい日々を過ごしていたみたい。


オーストラリアという国を掘り下げていくという意味では最初の街がシドニーという大都会で良かったのかもしれないな。

きっと色んな顔を見せてくれるはず。

楽しみ!!





photo:03



てなわけで今日から移動開始だけど、移動手段はもちヒッチハイク。

ここシドニーからゴールドコーストまでは車で10時間くらいの距離らしいけど、長距離バスの値段、130ドルくらいらしい。

運良くセールのチケットを取れたとしても100ドル。

まぁ無理ですね。


でもここは南米ではない。
向こうでは怖くてヒッチハイク出来ないけど、このオーストラリアならいくらでもやりたい放題だ。

イクゾウ君も、待っても2時間くらいだったと言っていた。



俺の神の右手にかかったらソッコーで止まるはず!!


あ!!オーストラリアって左側通行だから神の左手か。

オーストラリアの車は右ハンドルです。

photo:04



photo:05











よーし!!それじゃあ気合い入れてヒッチハイクぶちかますぞー!!


の前に飯。

photo:06



ゲロ美味い。
8.5ドル。
高い。
でも安い。




「あ!金丸さんですか!?」


ご飯を食べていると1人の男性に声をかけられた。
お仕事の服を着ている日本人の方だ。


実はこのお兄さん。
俺がオーストラリアに飛ぶ前日にFacebookでメッセージをくれていたんだけど、それがメールボックスに反映されていなくて確認できないでいた。

そして昨日になってようやくいただいていたメールを確認できたわけなんだけど………



「金丸さん、シドニーだったら良かったらウチに泊まってください。」


って有り難すぎる内容のものだった。

なんてこったー!!
もうシャワー南米から浴びてないんですけど。
前回浴びたシャワーが南米とかウケる。


まぁこのお兄さんの家にお泊りさせていただいていたらイクゾウ君とのあの楽しすぎる毎日もなかったわけだし、今回はそういうことだったと思おう。

わざわざ誘って下さったお兄さんには本当に申し訳ないです………



「金丸さん、これ良かったらもらってください。いつも栄養のないもの食べてるみたいだから。」

photo:07



お兄さんが袋から出したのは色んな種類のビタミン剤だった。

な、なんて実用的……!!


「いやー、もっとゆっくりお話ししたかったんですけど今仕事中なので戻ります。会えてよかったです!!今度はどこかで飲みましょう!!」


そう言って疾風のごとく人ごみの向こうに走って消えていったお兄さん。

お忙しい中、わざわざ俺の体を心配してビタミン剤を渡しに来てくださったなんて、もうただのマブダチでしかないよ。


兄さん、本当にありがとうございました。
大切に飲ませてもらいます。
お仕事頑張ってください!!







photo:09



最後にそんな温かい気持ちにさせてもらったシドニーともこれでお別れだ。

セントラル駅に行き、高速の乗り口がある郊外まで出る電車のチケットを買おうと窓口へ。


ちなみにオーストラリアはなんでも高いので、シドニーで日常的に通勤してる人でもバスで片道7ドルとか。
通勤や通学に14ドルとか使ってる。


きっと高いだろうなぁ。


一回ダメ元で今夜の目的地であるニューキャッスルまでの値段を聞いてみた。



「8.6ドルだよ。」



はい即購入。

2時間半ほどの距離なのに8.6ドルってめちゃくちゃ安いじゃん!!


「オーストラリアはバスは高いけど電車は安いんだよ。」


ニコリと笑うおじさん。
こりゃオーストラリアは電車を活用しそうだ。










photo:10



photo:11



てなわけでマジで地下鉄以外ならヨーロッパぶりじゃないか?という電車に久しぶりに乗り込む。

とことん綺麗な車内。ゆったりとしたシート。丁寧な車内アナウンス。


ああ、先進国すげぇ………







photo:12



久しぶりに電車に乗ったけど、電車って全然揺れないね。

いつも移動時間に日記を書いてるけどバスの中だとガタガタ揺れて手がぶれまくって、たまにiPhone自体スカして空中タッチとかしながら苦戦してるんだけど、まったく揺れないから日記書きもはかどる。


窓の外にはとりたてて何もない自然の風景が続く。

すでにシドニーのあの大都会は微塵もない。










電車はあっという間にニューキャッスルに到着した。

小さな駅舎が町の規模を表している。
人の姿もほとんどない。

photo:13




別にこの町には用はない。
あくまで目的地はゴールドコースト。
他の町には寄らなくていい。


またここから高速道路のある道沿いまで出たいのですぐにチケット売り場へ向かう。

よーし、今日のウチにヒッチハイク出来たらしたいとこだなー。






と思っていたんだけど、驚くことにチケット売り場が閉まっている。
それどころかキオスクみたいな売店も開いていない。

完全に仕事終わりましたって雰囲気。
おいおい、まだ18時だぞ?
シドニーはあんなに眠らない街だったのに。


電車の時刻表も電光掲示板ではなく色あせた紙だし、チケットの改札口もない。


ニューキャッスルは地図上で見る限りそこそこ大きい町だ。

それなのに駅前の建物はどれも古びて活気がなく、歩いてる人もまったくいない。


ま、マジか………

オーストラリアもまた都市集中型の過疎が進んでるのかな。

photo:14











今夜は郊外での野宿になるだろうから、夜のために何か買っておこうとメインストリートへ。

それなりに綺麗な通りなんだけどマジでまったく人が歩いていない。

お店もほとんど閉まっており、18時の仕事帰りの賑わいなんて皆無。

狂気の賑わいだったシドニーとのギャップが半端じゃない。

photo:15









とりあえずサブウェイはあったので1番安いサンドイッチを購入。
1番安くても7.5ドルだけど。

そして駅の裏にある市バスの発着場へ。

目当てのバスは1時間に1本しかでてないという美々津レベル。

仕方なく寂しいバス停に座って日記を書いた。

photo:16









19時を過ぎてようやくやってきたバスに乗り込む。

4.6ドル。高え。

バスの中で歌ってやるぞこの野郎。

うん、2秒で蹴り出されるだろうな。







バスは夜の中を走っていく。

ゴールドコーストまでの道は1本だけ。
これだけ田舎なので道路沿いまで行けばどこででも野宿できるしヒッチハイク出来る。

どこで降りようかなぁと思っていたら、バスドライバーのおじさんが俺を呼んだ。


「どこまで行きたいんだい?」


「レイモンドテラスってところまで行きたいです。明日ヒッチハイクをしたいので。」


「あー、ヒッチハイクかい。よし、ならもうちょっと座ってな。」



そして少ししてバスはひとつの寂しげなバス停に止まった。

完全に郊外の1本道だ。


「そこの空き地のところがヒッチハイクしやすいよ。バス停で寝れば雨が降っても大丈夫だ。向こうにマクドナルドとコンビニもあるから。じゃあいい旅を。」



か、完璧すぎる。
やっぱりこの国ではヒッチハイクがとても一般的みたいで、みんなどういうものかを理解している。

おじさんの笑顔に見送られながらバスを降りる。
シドニーではほとんど触れることのなかった現地の人の何気ない優しさがじんわりと染み渡る。










何にもない道沿いにドライバー用のマクドナルドとコンビニがポツリとある。

トラックがひっきりなしに轟音をあげて走っていき、ここならヒッチハイクもすぐにつかまりそうだ。



photo:17



今夜はもう暗いので明日やるとして、マクドナルドに行きWi-Fiを繋いだ。


しばらくメールの返事なんかをしてからバス停に戻り、裏の芝生の上に蚊帳を敷いた。

photo:18





バス停の中なら雨の心配はないんだけど、トラックがあまりにもものすごい音をあげながら走っているので怖くて眠れたもんじゃないんだよな。

人も来るだろうし。

多分今夜の空なら雨は降らないだろう。


蚊帳の中に潜り込む。

オーストラリアは野宿したい放題なのでベンチの上で寝袋に入るだけでいいだろうと思っていたんだけど、
この蚊帳があって本当によかった。

オーストラリアは蚊が多い。

蚊帳のおかげで奴らも中には入ってこれない。








外灯の灯りの下、目をつぶる。
芝生のクッションが気持ちいい。


やっぱり野宿はいいな。夜と一体になれる。
こんなどこか分からないような郊外の道沿いだけど、寂しさは全然ない。

もはやあの南米を旅してきたら全てが快適に整備されたオーストラリアなんて楽勝すぎる。




さぁ、明日はどんな出会いがあるかな。






いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

オーストラリアでヒッチハイク開始

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月4日 金曜日
【オーストラリア】 レイモンドテラス ~ バイロンベイ





中西保志の最後の雨って歌あるじゃないですか。

あれをカラオケで歌う人は自分の歌に自信がある人だと思います。

歌い上げる感じですよね。

本人は超気持ちいいですけど、聞いてる側は別に声高いですねくらいのもんです。

女の人だと高橋真梨子のごめんねあたりを歌う人が歌に自信がある人ですね。

日本中のネオン街で流しをしてましたけど、だいたいスナックでは最後の雨とごめんねの攻防が繰り広げられます。


ああ、日本のあのスナックの感じ懐かしい………

ママたち元気かなぁ。

今度僕が好きな日本のネオン街ランキングでも書こうかな。
書くことない日にでも。







で、全然話繋がってないけど雨に叩き起こされる真夜中の芝生の上。


テントだったらある程度我慢できるけど、今はただの蚊帳なので雨が顔にかかって冷たくて目を覚ました。

うぎゃー!!と1人蚊帳から飛び出してバス停の中に逃げこむ。



ああ……やってらんねぇ…………


でもまだ眠いのでそのままバス停のベンチにマットをしいて寝袋に潜り込んだ。










ぺちゃくちゃ………







ぺちゃくちゃ………







次に目を覚ましたらすぐ隣で声が聞こえた。

どうやら俺が寝ているベンチに誰かが座っているよう。

子供とお母さんの声だ。




「ママ、この人何してるの?」


「これはね、キャンプをしてるのよ。」


「キャンピングインザバスストップ。」


お母さんが優しく教えて子供が不思議そうに言っている。
同じベンチなのですぐ真横。



う、うおお、寝袋から出にくい………

でもそろそろ起きないといけないし………





いかにも自然を装って、いやー、おはよう!!いい朝ですね!!と爽やかに寝袋から体を出すと、ブロンドの髪の毛の小さな男の子が驚いた顔で俺を見ている。


「おはようございます。いやー、カンガルー大好きです。」


「おはよう。よく眠れた?」


学校に行く子供をお見送りに来ているお母さんが笑顔で言ってくれる。


「これからはどこまで行くの?」


「ケアンズまで行きます。コアラとかマジやべっす。」



驚きながらも警戒心を解いてくれる子供。

しばらくしてスクールバスがやってきて、乗り込む時に子供は俺に手を振ってくれた。


「ハバグッデイ。」


俺もお母さんと一緒に手を振る。


うん、俺、ハバグッデイ。

photo:01











photo:02



荷物をたたんで道路向かいのマクドナルドで朝マックセットを食べ、メールチェックをしたら、さぁオーストラリア最初のヒッチハイクいってみようか。



目的地はここから車で10時間ほど北上したところにあるゴールドコースト。

なんとか今日中に着いてしまいたいな。
オーストラリアのヒッチハイク具合、どんなもんか。









道路沿いに出てギターケースの裏にガムテープで北へと書く。

photo:03



うん、下手くそ。

まぁいいや、よっしゃ!!いってみよう!!

photo:04












photo:05




はい10分経ってない!!


優しい初老のおじさんがエンジン音のまったくしないピカピカの車で横づけしてくれた。



「どこに行くんだい?」


「北ならどこでもいいです!!」


「よし、50キロくらいだけど乗ってきなさい。」


なんだろう。めちゃくちゃ自然。
ヒッチハイクってやつをすごく理解してくれている。






ピカピカの車内。座り心地のいいシート。振動のないサスペンション。

ああ、先進国の一般車のクオリティ高すぎる。

そして何より会話ができる!!だってこんなおじさんなのに英語がしゃべれるから!!当たり前か。



「おじさん、カンガルー好きですか?」


「ああ、もちろん好きだよ。」


「彼らはボクシングで人を襲ったりしないんですか?」


「しないさ。人間を見たら逃げていくよ。ウチの庭とかたまにやってきて芝生を食べてしまうけどね。」


そんな上品な紳士のおじさんと一緒にスーパーにお買い物に行ったりしながらの快適なドライブ。

photo:06




こうしてオーストラリアの現地の人とキチンとお喋りするのってアーロン以外だと初めてだな。



「子供のカンガルーはとても素早いんだ。彼らはぴょんぴょん飛びながらどこにでも行ってしまうんだよ。」












しばらく高速道路を走り、おじさんは途中のパーキングエリアに止まってくれた。

じゃあオーストラリアを楽しんで、と笑顔を残しておじさんは去って行った。


これパーキングエリア。

photo:07




よし、もうエアーズロック行かなくていい。








さて、早速次いってみようかな。

photo:08



高速道路の脇を歩いていく。

車が止められるスペースはないかなぁー。







photo:09



はい、秘技でた。

ヒッチハイクしてないのに車止まるの術。


「ヘイメーン、調子はどうだいメーン?」


「俺たちブリスベンまで行くところだけど俺らとドライブを楽しまないかいメーン?」


「ブリスベン!!??ゴールドコーストの先じゃん!!?」


「スィ~ト。カモン、ロックをロールしようぜ。」



photo:10



一撃ゴールドコーストゲット。

しかもこんな現地のクールな若者たち。
長いブロンドの髪と身体中のタトゥー。


photo:11



photo:12




さっきのおじさんの快適な車に比べるとボロいバンではあるけど、このサーファーたちのゆるくて自由な空気がたまらなく嬉しい。


窓から吹きこむ暖かい風、割れたスピーカーから流れるオフスプリング、バックシートのギター。

ああ、東海岸のサーフトリップ。
彼らの名前はピーターとジェイムス。

photo:17






「ヘイフミ、ビールは好きかいメーン?」


「もちろんだよ!」


「スウィ~ト。じゃあ楽しもうぜ。」




途中の小さな町に寄って、ショッピングモールへ。


裸足で歩く彼らと後をついていくと、




これの、

photo:13






これの、

photo:14







これもん。

photo:15




ちなみに運転手のピーターは乾杯用だけで飲んでません。





「イエー、最高だぜメーン。楽しもうぜ。」


「最高だー。ところでカンガルーは好き?」


「もちろんだぜメーン。カンガルーはヘルシーで美味しいぜメーン。」


「早く見たいんだよなー。」


「カンガルーなんてこれから北に行ったらいくらでも見られるぜメーン。道路脇でいくらでも死んでるぜメーン。」





photo:16



窓の外はどこまでも森や草原や農地が広がるのみ。

たまに小さな町があるけど、これといったものはない。


車の中でギターを弾き、変なビデオを撮ったりしながら、バンは北へ走る。




「いえーメーン、ちょっと泳ごうぜブロー。」


小さな町の中の海沿いに入っていくバン。

そして桟橋にやってきた。
この辺りはどこにでもこんな綺麗なハーバーがある。


服を脱ぎ捨て、俺にズボンを貸してくれるジェイムス。


裸で桟橋を歩くと海風がとても気持ちいい。

photo:18



沈んでいく太陽が雲を染め上げる。




「イエー、いくぜメーン。」


すると何の前触れもなく桟橋の手すりにのぼるジェイムス。


「イヤッホーメーン!!」


夕暮れの空にジャンプしたジェイムス。

photo:19




10メートルはある海に飛び込んだ。


「カモーン!!フミも飛びなメーン!!最高だぜー!!」

photo:20




お、俺こういうの苦手なんだよな………


いや、この自由な時間をとことん楽しみたい。

イチー、ニー、サーン!!と下からカウントするピーター。


もうどうにでもなれ!!

思い切って手すりを蹴った。






photo:21





ザブン!!と水に潜り、少し鼻から飲み込んでしまいながら海面に顔を出した。


「イエーブロー、ビッグジャンプだぜメーン。」


ぷかぷかと浮かんで空を見上げる。
赤く染まった雲がゆっくりと流れる。


やっと旅らしくなってきたぜ。







いつもランキング投票のクリックありがとうございます。
ここをクリックして、読み込みが終わったら投票完了みたいです。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



旅の動画や日本放浪のブログ、コンタクトはこちら。

http://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/

ハメをはずす街

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。


4月5日 土曜日
【オーストラリア】 バイロンベイ ~ ゴールドコースト






うう………寒い………





ちょっと寒いな…………






暗い中、寝袋をとろうと荷物のほうに手を伸ばすと丸いものに手が当たった。

お、寝袋これだ。



「ヘーイフミ……それは俺のケツだぜメーン………」


「あ、ご、ごめん……俺ゲイじゃないから……」


「わかってるぜメーン………」





ここはピーターとジェイムスの車の中。
どこかわからないけど暗い場所に車を止めて3人で車中泊。

先に寝てしまったからわからなかったけど、ピーターが荷台、ジェイムスが床に寝ていた。

ピーターのケツの横にあった寝袋をとってまたシートに寝転がった。













目が覚めると外はすっかり明るくなっていた。


「フミー、俺たちの車最高だろうメーン。快適すぎるぜメーン。」


ブリスベンに住んでいるこのイカした2人の男前。
実はこのワーゲンのバンは今回シドニーで買ったものらしく、新しい車でノリノリでブリスベンに帰るところだったみたい。

photo:01




45万円のこのボロいバン。
オーストラリアでは破格の値段なんだろうけど、その分あちこちが壊れている。

でもこの爽やかなサーファーたちが乗っているとそのボロさもカッコ良く見える。







公園の裏の空き地からゆっくりと道に出て走って行くと、そこは小さな町の中だった。

朝の静かな通りにささやかにお店が並んでいる。
人の姿はまだほとんどない。

photo:08






そんなメインストリートを進んでいくと、海に突き当たった。

photo:02



ビーチのパーキングに駐車して車を降りると、潮騒と海風が髪をゆらした。

のぼってきた太陽が静かに海を輝かせている。

砂浜を歩く人たちのシルエット。
駆け回る犬。

遠い昔を思い出させるような穏やかな海。

photo:03










photo:05



周りには俺たちのバンと同じような車がたくさん止まっていて、どれも車内をベッドに改造している。

年季の入ったワイルドなサーファーたちがコーヒーを飲みながらのお喋りしている。

なんだかとても自由な空気がするとこだな。


「フミ、ここはバイロンベイっていうんだぜメーン。東海岸で1番ホットなところさ。」


オーストラリアに入ってから、ケアンズまで行くんですと言うと、ほとんどの人がバイロンベイには行くのかい?と尋ねてきた。

話によるとたくさんのヒッピーたちが集まるビーチらしく、大きすぎないメインストリートにはクールなクラブやオシャレなカフェが並んでおり、バッグパッカーなら必ず行くべき場所だと言われてきた。

photo:04






「綺麗だね。」


「ああ、オーストラリアの海は最高だろうメーン。」


朝日が海を染め上げる中、ジェイムスが下手なギターを弾いた。

photo:06



photo:07












朝飯を食べ、それから1時間ほど走るとついに俺たちのボロいワーゲンバンはゴールドコーストに入った。

photo:09



青空にそびえるいくつもの高層ビルが見える。
オフィスビルといった雰囲気ではなく、どれもリゾート地にありそうなデザインの凝ったビルで、高級ホテルやお金持ちたちのマンションみたいだ。

ここがあのゴールドコーストか。








先に俺たちのお気に入りの場所に行こうぜとピーターがハンドルをきって向かったのは、ゴールドコーストの街から少し離れた静かなビーチだった。

photo:10



スピットという隠れたビーチで、木々の向こうに輝く砂浜と海が見えた。

その向こうにゴールドコーストのビルが立ち並んでいる。


バンを止め、昨日の残りのビールを飲む。
木漏れ日が暖かく、俺もまるでいっちょまえのサーファーになったような自由な気分がした。

photo:11








「ヘーイ、調子はどうだい?君がフミかー。」


するとそこにこれまた車中泊用に改造されたイカしたバンに乗った兄さんがやってきた。

ブロンドヘアーをナチュラルドレッドにした男前の彼はロイ。

photo:12



さらにバイクに乗ってやってきた兄さんはリック。

みんなクールな仲間。





車の中からスピーカーを取り出してバンの屋根に置き、爽やかなサーフミュージックを流すロイ。

ギターを弾き、巻きタバコをふかす。

まるで映画の中のようなシチュエーション。

photo:13









photo:14



そんな最高のビーチでみんなで泳いだ。
水が冷たくてそろりそろりと入っているとピーターにつき飛ばれる。


「よし、俺たちがここでやぐらを組むからフミはなんとかよじ登って上まで行くんだ。クールにキメようぜ。」


海の中ジェイムスとピーターが下になり、その肩にロイとリックが立ち上がった。

4人が腕をホールドしてるところを俺がよじ登っていく。

みんなの腕や肩にしがみついて1番上まで。



すでに重くてプルプル震えているピーターとジェイムス。


「頑張って!もう少しだから!」


「ヘーイメーン……早くしてくれ………」



あと少し、というところでバランスが崩れて全員バシャーンと海に潜った。

そしてイェーイとみんなでハイタッチ。

うん、子供じみてるけどそんな無邪気さも心地いい。












「よし、そろそろ行こうか。街まで送って行くぜメーン。」


「フミ、また会えるといな。また遊ぼうぜ。」


「今度は日本にサーフィンに来なよ。俺のホームタウンはサーフィンで有名なんだ。」


「スウィ~ト。その時は頼むぜ。」






photo:15



そして車を走らせること10分。
さっきまで見えていたあの高層ビル群の足元にやってきた。


「フミ、そこが1番賑やかな通りだよ。バスキングはあそこがベストだ。それじゃあ元気でなメーン!!」


「チアーズ!!ピータージェイムス!!」


2人は右手の親指と小指を立て、クルクル揺らしながらクールに去っていった。

最高のやつらだったな。
いつか日本で会おうな。

photo:16











さぁー、来たぞゴールドコーストだこの野郎ー。

そびえ立つドデカいホテルや高級マンションがここがどれほどの高級リゾート地か表してやがる。

photo:17





そうですか、俺みたいなバッグパッカーが来るようなところではないとおっしゃる。

いーや、開放的なビーチリゾートを楽しませてもらうよ。







photo:18



そんなゴールドコーストのビーチ。

まぁどこまでも果てし無く砂浜が続いており、海沿いにデカいホテルがずごんずごん並んでいる。

たくさんの人がビーチに寝転がり、海で遊んでいる。



まぁただの千葉の九十九里浜ですね。



そんなビーチ沿いに、マクドナルドとハングリージャックが向かい合っているメインストリートがある。

photo:19




ホコ天になっており両側には高級そうなレストランやバーがズラリと並び、ショッピングモールがその奥に広がっている。

浮かれた観光地によくあるホラーハウスとかマジックハウスもあったりして、とにかくたくさんの人が歩いている。

ここがあの有名なサーファーズパラダイスか。
名前からしてチャラい。

photo:20










photo:21



ひとまず歌う場所を探して歩き回ってみた。

このサーファーズパラダイス自体そんなに大きくはなく、2ブロックも歩けば人通りはなくなる。

ポツポツと土産物屋さんがあったりしてそれなりの観光地といった感じ。


やはりメインのあのホコ天の通りが1番の路上ポイントであそこでやれれば完璧なんだけど………





ここで信頼と実績のイクゾウ情報。


メインストリートをはじめ、あらゆる場所で歌ったがことごとくレンジャーに止められ、仕方なく少し離れた場所でやったところそこなら何も言われず、さらに夜にはクラブへ行く人たちで溢れてめちゃくちゃ稼げた、とのこと。

僕で毎回50ドルくらい稼げてたから金丸さんならきっとすごいですよ!!と言っていたイクゾウ君。


さらに、日本人の数が半端じゃなく、彼らにだいぶ入れてもらったとも言っていた。



ふーん、日本人多すぎって、まぁ観光客がちらほらいるくらいのもんやろ。


と思っていたんだけどマジで日本人の数異常。

シドニーでは中国人がめちゃくちゃ多かったけど、ここではアジア人といえば日本人。



ジャパニーズレストランなんて当たり前。

長浜ラーメンとかある。


レストランだけでなくお土産物屋さんでも日本人がTシャツいかがっすかーとか声かけをしてるし、普通の洋服屋さんも日本人がやってるし、日本語がセカンドラングエッジくらいの勢いで色んなところで日本語表記を見ることができる。


観光客っぽい人たちもいるし、渋谷のギャルみたいなケバいやつらもいるし、ラッパーみたいなヒップホップスタイルの日本人も多い。



いやー、オーストラリアっていったらワーキングホリデーの聖地というイメージはあったけど、まさかここまで日本人が定着している場所だとは。

そしてそんな日本人にとってゴールドコーストは伝統の観光地なんだなぁ。

九十九里浜で充分だと思うけどなぁ。






ひとまずセブンイレブンでお湯をもらって食パンと一緒に食べて飯をすませ、ホコ天のメインストリートから少し先の一角に荷物を置いた。

街路樹が茂り、向かいにはソフトクリーム屋さんと2階にハードロックカフェがある。

夕方前で人通りは程よい感じ。

よし、ここでやってみるか。

photo:22













演奏開始とともにすぐにお金が入る。

あれあれ?と思っていると、立て続けにコインが。

あれあれあれ?と思っていると5ドル札が。


え?何これ?

わずか30分で20ドルほどのお金が足元にたまる。



こ、これは………


サーファーズパラダイスっていうかバスカーズパラダイス?




そして路上演奏を止められるどころかレンジャーみたいな見回りの人すらいない。

もうノリノリになって、サンダル脱いで裸足になって歌いまくった。









「ヘイメーン?調子はどうだい?ゴキゲンなプレイじゃねぇか。邪魔はしないから俺もジョイントしていいかいメーン?」


辺りが暗くなり、お店に明かりがついたころ1人のギターを持った兄ちゃんが声をかけてきた。

スキンヘッドにサングラスというピットブルのいとこみたいなこの兄ちゃん。

ロシア人のロマンというやつ。

photo:23





「もちろんだよ。ロマンはどっかに泊まってるの?」


「ヘイメーン?ここはゴールドコーストだぜメーン?ビーチで寝てるんだぜメーン。俺も流れ者さメーン。」


なるほどね。彼も旅のバスカーってわけか。








それからは2人で演奏。
と言ってもロマンはそんなに上手ではなくノリだけで演奏を盛り上げてくれる。


ワッツアップメーン!?

イカした夜だぜガーイズ!!


そんな軽い感じで道ゆく人たちにノリで声をかけまくるロマン。

おいおい、そんなに声かけまくって面倒くさがれるんじゃないかと心配になるんだけど、ゴールドコーストに来てるようなチャラい人たちはみんなそれにノリ良く返してくれる。









夜も21時を過ぎてくるとだんだん活気が増してきた。

今夜は土曜の夜。

お店の音楽も大きくなり始め、おめかしした人たちがネオンの光るお店に入っていく。

お酒の入った人たちが笑いながら歩き、あちこちからクラブの爆音が聞こえる。



さっきからやたらと派手なバスやロールスロイスなんかが道路を走ってるなぁと思っていたら、その車の中で若者たちが酒を片手にフォオオオ!!と大騒ぎしていた。

派手に騒ぎたい人たち向けのアトラクションみたいで、驚くことに消防車を改造したものまで走っている。
消防車の中でクラブミュージックかけて酒浴びるて………

photo:25









夜が深まるにつれそんなイカれたお祭り騒ぎはとどまることなくエスカレートし、このサーファーズパラダイスは一大クラブ街へと変貌した。


なるほど、昼はビーチで泳いで夜は踊りまくろうっていうまさにチャラいを絵に描いたような場所ってわけか。

こいつは世界中から遊びたい若者が集まるわけだ。

男たちはスーツやカッコいいジャケット、女の子たちはほぼ全裸みたいなきわどいドレスを着てヒャッホオオオオ!!!と叫びながら歩いている。






そんな大騒ぎの街の中で歌いまくる。

ゴキゲンになった人たちがお金を入れてくれるわけだけど、夜のこの時間帯になってから一切コインが入らなくなった。

最低5ドル紙幣。



あ、10ドル札入った。



あ、20ドル札入った。



や、やべぇ、なんだここ(´Д` )

すげすぎる!!




しかしみんな酔っ払ってバカノリ状態なのでタチも悪い。

ギター弾かせてくれよー!!と言って強引に奪って乱暴に扱ったり、俺のことを遠慮なく笑ってくるビッチとか、ひどい酔っ払いばかり。


とにかくやってて気分は良くない。

でもお金は入る。




そんな酔っ払いたちにも横にいるロマンはワッツアップメーン!?と声をかけまくっている。

休憩して少し離れたところからタバコを吸いながらロマンを見る。
頼むからケンカはしないでくれよとビクビク。



「ヘイガーイズ!!イカした歌を聞きたくないかメーン!?」


「おー!!兄ちゃんなんか歌ってみろやー!!」


「ヘイメーン!?めちゃくちゃいいやつ聞かせてやるぜメーン!?お金の準備はいいかいメーン!?」


「いい歌だったら払ってやるよ!!」


「OK!!いくぜメーン!!」



酔っ払いの団体を引き止め、歌をうたうロマン。

そこまで下手ではない。ある程度は弾けている。
しかし酔っ払いたちを満足させられるものではない。


「ファッキンシット!!てめーの歌はマジでクソだボケ!!」


「ファックユー。ファックユー。」


もはや遠慮のカケラもない罵声を吐きながら去っていく酔っ払いたち。


「ヘイメーン!?お金はどうしたんだいメーン!?」


「死ねボケ!!」


去り際にコインを投げつけられてる。

それでも懲りずにまた次の通行人に俺のアメイジングな歌を聴きたくないかいメーンと声をかけまくっている。


ろ、ロマン、あんたすげぇよ………









まぁそんな感じでどんどん人通りは多くなっていくんだけど、同時にどんどん酔っ払いのちゃかしもエスカレートしていく。

久しぶりに地下道以外で歌ったので喉も枯れてきているし、今日はこの辺にしとくか。


この酔っ払いたちの悪質な絡みに耐えられるのならばおそらく凄まじく稼げるはずだけど、さすがにウンザリだ。



もちろん全員ではなくて上品な人もいるし、目の前のベンチに座って聴いてくれる人もいる。


そこに若者たちがやってきて、ウギャーーー!!!イヤッフオアオオオ!!!!あれ歌ってくれよ!!ああ?!出来ねぇ!?んだつまんねーな!!ホラよめぐんでやるよ、ってな感じでかき混ぜまくって去っていく。


仕方ない。ここはゴールドコーストのサーファーズパラダイス。
世界中のチャラいやつらがとことんハメを外しにくるところ。

俺もそれを覚悟でやらないとな。

photo:27











「ヘイメーン、夜はこれからだぜメーン?」


ギターを片付ける俺を引き止めるロマン。また明日も来るよと言って荷物を担いで歩いた。


こうこうと輝く近代的な高層ビル。
その足元には爆音を流すラグジュアリーなクラブが並び、イマドキの若者たちが楽しそうに群がっている。

23時を過ぎているのに街は活気を増す一方で、たくさんの人々で溢れている。

photo:28



photo:29







ドレスアップした人々の中を荷物を担いで歩く。
キャリーバッグのタイヤの調子が悪くて何度も立ち止まって車輪の角度を直さないといけない。


お腹空いたけど、ケバブとかピザのファストフード店でも全て10ドルくらい。

仕方なくまたさっきのセブンイレブンに行きお湯をもらってカップラーメンを食べた。






ひもじくはない。
安い飯を食べてボロい服を着て野宿をする。

こんなこと今までもずっとやってきた。
別になんてことはない。


でもこの超リッチなオーストラリアという国でこういう旅をしていると、ほんの少しの惨めさは隠しきれない。

俺はバッグパッカーだから、という言い訳は南米では充分通用したけど、ここでは貧乏旅があまりにも場違いに思えてくる。

こんなゴールドコーストみたいな高級リゾートならなおさら肩身が狭い。








お邪魔しましたという気持ちできらびやかな通りに背を向け、ハーバー沿いの静かな公園へ。


ベンチに座ってあがりを数えてみた。


163ドル。




これの中のどれだけがちゃんと歌を聴いて入れてくれたお金だろう。

自分を信じられなくなる時、どれだけ心を強く持てるか。

大丈夫、俺はやれる。
そしてもっともっと、精進しないと。






ここで寝てしまおうかと思ったらすぐ目の前の通りで酔っ払いたちが乱闘を始めた。

もっと繁華街から離れなきゃと、静かなひと気のない場所を求めて歩いた。








キャリーバッグのタイヤが外れて、持ち上げながら歩く。

汗が流れる。

明日は海沿いのシャワーで体を洗おう。

こんな街に負けてたまるか。

photo:30









いつもランキング投票のクリックありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。